信頼の新聞

shinrai_onpage.jpg

日本を代表するクオリティーペーパーの日本経済新聞と専門情報を鋭く追求した専門紙を発行、言論報道機関としての日経の基盤になっています。内外33ヵ所で新聞を印刷し、世界の読者に最新のニュースを届けています。

日本経済新聞


nikkei_logo.jpg

国内外の景気動向や企業業績、設備投資、経営戦略などマクロ・ミクロの経済情報をいち早く、分かりやすく冷静に報道し、読者の信頼を得ています。20103月には新聞の高い信頼性とデジタル技術の利便性を併せ持つ「日本経済新聞電子版」を創刊。情報をより早く、より詳しく届ける仕組みをスタートさせました。朝刊紙面では内外のビジネスニュースを拡充、とくに躍動するアジアの最前線からの情報発信を強化しており、2014年春の紙面刷新からは、「アジアBiz」面を週5回掲載しています。また生活者の視点で役立つ消費財やサービスなどのビジネス情報を伝える「消費Biz」面を火~土曜日付で掲載しているほか、初心者にもやさしい投資情報なども充実しています。夕刊紙面では2面で実用情報紙面「ニュースぷらす」を始めました。世界の話題や最新トレンド、時事英語の学習などテーマは日替わりで、やさしいニュース解説も含め、楽しく読めてビジネスや暮らしの役に立つ情報を提供しています。

日経産業新聞


nikkei_sangyo_logo.jpg

毎日、数多くのビジネスニュースを掲載。最先端技術の開発や新製品・サービス、人事戦略などビジネスの最前線に立つ人々の日々の仕事の質を高めるミクロニュースに定評があります。2014年春に紙面を大幅に見直し、次の技術、次の市場、次の成長企業など「NEXTが見える」をコンセプトに、深掘り・先読みの発信に力を入れています。1面は注目企業の戦略や話題のテーマを掘り下げる大型の特集記事を毎日掲載。「総合」面には日経BP社の専門雑誌から関心の高かった記事のダイジェストを載せています。また「ラーニング」面で、日々の仕事にすぐ役立つスキルや専門知識を毎日3ページにわたって紹介。著名な経営者が語る「管理職講座」、法務や財務の専門家が答える「ビジネスQ&A」など、わかりやすくためになる情報が満載です。海外情報も強化し、見開き2面の「アジア・グローバル」面を毎日掲載し、企業ニュースをさらに増やしました。

日経MJ(流通新聞)

MJ題字_20140310.jpg

MJはマーケティングジャーナルの略。GDPの6割を占める消費経済にフォーカスし、生活・消費・サービス産業をカバーしています。素材と技術、技術と製品、製品と消費者をつなぐことがマーケティングであると考え、その視点からビジネスの動向、消費トレンドを切り取り、紹介しています。フロント面ではその日の紙面が一目で分かるようインデックスを大幅に拡充して見やすくしたほか、中面は「衣・食・住・ライフスタイル」といった生活シーンごとに紙面を構成し、川上から川下までの記事を網羅することで一覧性を高めました。このほか、今更聞けない消費関連の疑問をベテラン記者がやさしく解説する「教えて 消費のギモン」面、企業が最も注目するシニア世代向けのビジネスを検証する「シニアBiz」面、進展するネット販売やオムニチャネルなどの記事を集約した「ネットライフ」面、アジア消費市場の最新情報を届ける「アジア・グローバル」面などがあります。

日経ヴェリタス


ヴェリタス.jpg

毎週日曜日に発行。世界の金融最前線を取材している専門記者による生きのいいニュースと深く掘り下げた分析記事をお届けする週刊の投資金融情報紙です。最新の投資テーマを徹底分析するほか、企業や金融機関などの動きをさまざまな角度から評価する記事を掲載しています。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。一般の新聞より一回り小さいタブロイド判で、持ち運びやすいサイズなので、電車の中や外出先で投資情報をチェックしたいという方にも便利です。