本文にジャンプします 日経懇話会
懇話会トピックス
懇話会の紹介/入会問い合わせ
例会スケジュール
日経から会員の皆様へ
問い合わせは
日本経済新聞社
日経懇話会連絡会議事務局
〒100-8066
東京都千代田区大手町1-3-7
Tel:03-6256-7118
Fax:03-6256-7950
Mail:nikkei.konwakai@nex.nikkei.co.jp
日経電子版

懇話会の紹介/入会問い合わせ

1.「日経懇話会」とは
  全国の各地域を代表する経済、産業、行政、学術など各界のリーダーの方々が会員制で集い、自己研鑽する場です。定例的に開く講演会では、マクロ経済もの、産業情報もの、時事問題、地域経済、少子・高齢化の問題、社会トレンドの分析など、会員に知的好奇心を刺激するテーマを厳選して、提供しています。講師には、日経社内からは現役の新聞記者、雑誌編集長などを派遣し、紙面に載らない事実やエピソードの一端を紹介します。日経グループ外から招聘する講師は、話題の経営者・エコノミスト、地域経済・政治のキーパーソン、産学連携の仕掛け人などがこれまでに登場しています。
  このほか、シンポジウムの開催、先進施設類の視察会など、地域特性を引き出す多彩な催しが地域別に展開されます。催しのいくつかは、地域発の経済情報として紙面化して広域発信する試みもされます。1年に1回は、周年記念の懇親パーティーを開催し、ビジネスマッチングの場としても活用されています。

  日本経済新聞社の支社、支局、懇話会連絡会議のそれぞれの事務局が運営を基本的に担当していますが、編集局を中心に論説委員会、販売局、広告局、出版局など社内各部門や、マスコミ活動を担う日経グループ各社の積極的な協力を得て、活動が維持されています。
■懇話会のイメージ

▲TOPへ戻る

2.懇話会の入会について
  詳しくは下記の日本経済新聞社の日経懇話会連絡会議事務局もしくは各支社・支局にお尋ねください。入会パンフレットをお送りします。日経懇話会の入会には、会員複数名の推薦など事務局の審査が必要になります。予めご了承ください。

3.懇話会の事業内容は
1) 例会・講演会=編集局、論説委員会、日経グループの専門家、社外講師
2) 周年パーティー=日経幹部、懇話会役員、会員、知事など首長、講師
3) 視察会・見学会、合同例会=先端施設類や産業インフラ、複数懇話会の連携
4) 特別シンポジウム=国、自治体、経済団体、独立行政法人などとの共催
5) 資料配布=日経のビジネス書、文化・スポーツ書籍
6) 日経事業の割安・優先提供=文化・事業局など
7) 書籍の割安提供=日本経済新聞出版社など
▲TOPへ戻る

4.日経懇話会連絡会議事務局
全国の日経懇話会について連絡調整を担当しています。
(電話:03-6256-7118/Fax:03-6256-7950)
日本経済新聞社・経営企画室内
(〒100-8066) 東京都千代田区大手町1-3-7
▲TOPへ戻る

5.お問い合わせは
全国各地の懇話会への問い合わせは、以下をクリックしてください。
九州・沖縄
▲TOPへ戻る
北海道 東北 北陸 甲信越 関東 中部 近畿 中国 四国 九州・沖縄