No.485 最新号から

tokushu_photo
東京で深刻だった待機児童の増加が一服した。各自治体が解消に向け、保育所整備を進めたことが実を結んだ。マンション建設が進んだ江東区では2001年4月に51カ所だった保育施設が203カ所に増えた。同区の「みんなのみらいをつくる保育園東雲」では、子どもたちの声が響いていた
ニュース&インサイド
 奈良市、新ゴミ処理施設の議論紛糾
グローカルインタビュー 
 ペガサス・テック・ベンチャーズCEO 
 アニス・ウッザマン氏 
フォーカス
 クルーズ船の寄港がV字回復
フォーカス 注目記事
 幼い犬猫の販売規制、緊急保護が争点
リポート ライドシェアを考える
 住民目線の制度設計 各地で模索続く
特集  保育士の新配置基準、過半数「実施せず」
     本誌市区調査 人材不足響き、確保難しく
政府は2024年度から保育園やこども園で適用してきた保育士の配置基準を76年ぶりに見直した。4~5歳児で、これまでは子ども30人に対して保育士1人を配置してきたが、これを子ども25人に対して保育士1人と改め余裕ある保育に取り組めるようにした。日本経済新聞社が全国815市区(792市と東京23区)を対象に実施した調査によると、24年度に「4~5歳児の保育士の配置上乗せを実施しない・予定がない」とした自治体は過半数に上った。人手不足で保育士の確保が難しいことが背景にある。保育士に奨励金を出すなど様々な支援制度を設けて人材確保を目指す自治体もある。