NIKKEI NET    
世界情報通信サミット2003
プログラム 開催趣旨 ネット会議 特別協賛企業 お問い合わせ ENGLISH

総括提言
 「世界情報通信サミット2003」は、2日間の本会議と、約3週間のネット会議の議論を終え、坪田知己・日経デジタルコア事務局代表幹事が「総括提言」を発表した。

 第一のキーワードは「想像」
 インターネットの普及が第2段階に突入しようとしている。その柱が、「メッシュ」でありユビキタスネットワークだ。無線ICチップを始め様々な技術が登場しつつあり、これらを上手に利用しビジネスにつなげるには、なによりも想像力が大切だ。供給者、利用者が想像力を働かせて、用途開発を進めたい。

 第二は「ルール作りと防衛」
 ユビキタスネットワークの時代は、ITによって様々な利便性が提供される。しかし情報が盗み見られたりして、個人のプライバシーが侵される危険も増大する。また知的財産権を守ることで質の高いコンテンツを流通させ、ネット全体の収益を向上させることも必要だ。こうした問題でのルールの整備が急務だ。一方で、1月末に韓国を中心に発生した事件の教訓として、サイバー攻撃に対する防衛、セキュリティー確保は重大な問題。国際的な連携で対処すべきだ。

 第三は「協調」
 巨大な市場である中国、ブロードバンドで世界最先端の韓国、多くの技術資源を持ち、携帯電話の先進国である日本――この三国の協調が、経済の活性化につながる。具体的なテーマをあげて、成果を生んでいきたい。
戻る

世界情報通信サミット Digital Core
1998 1999 2000 2001 2002
 NIKKEI NET ▲ 上へ 
日本経済新聞社案内採用日経グループご意見・ご感想
/ NIKKEI NETについて / 著作権について / プライバシーポリシー / セキュリティーポリシー / リンクポリシー /
 NIKKEI NET 広告ガイド新聞広告ガイドNIKKEI4946.com (新聞購読のご案内) 
(C) 2003 Nihon Keizai Shimbun, Inc. All rights reserved.