世界情報通信サミット2000
トップページ会議日程ネット会議スピーカーフォーラム企業意見投稿ENGLISH
開催概要

世界情報通信サミット2000 〜デジタル・デバイド時代のネット戦略〜
会  期2000年3月3日(金)
会  場日経ホール(日本経済新聞社8階 東京・大手町)
主  催日本経済新聞社
後  援世界情報基盤委員会フォーラム(GIIC)
特別協賛世界情報通信サミット推進フォーラム
協  力米国大使館、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター、アジアネットワーク研究所(予定)

3月3日(金)コンファレンスプログラム
10:00−10:05 主催者
あいさつ
鶴田 卓彦 日本経済新聞社 代表取締役社長
10:05−10:10 後援
ごあいさつ
鳴戸 道郎
世界情報基盤委員会フォーラム(GIIC)アジア共同議長
富士通取締役副会長
10:15−11:00 キーノート
スピーチ1
ヨルマ・オリラ ノキア会長兼CEO
「モバイル情報社会への進化」
11:05−11:50 キーノート
スピーチ2
森下 洋一 松下電器産業代表取締役社長
「ネット家電が拓(ひら)く新たな世界」
13:05−13:15 スピーチ ダイアナ・ドゥーガン
 米国際戦略問題研究所シニア・アドバイザー、GIIC創設者
13:15−15:15 セッション1「モバイルとデジタル家電が拓く新ビジネス」
  • 「モバイル・インターネット」は日本発世界標準となりうるか
  • デジタル家電は消費者向けECの主役となるか
  • モバイルとデジタル家電登場でビジネス戦略はどう変わるか
  • (パネリスト)
    ヨルマ・オリラ ノキア会長兼CEO
    小野寺正 第二電電代表取締役副社長
    ブライアン・ドワティー 米ウィンク・コミュニケーションズ社会長
    チャック・パリッシュ 米フォンドットコム社執行副社長
    古川 享 マイクロソフト代表取締役会長
    アンディ・グリーン BT戦略・事業開発担当グループ・ディレクター

    (コーディネーター)
    関口 和一 日本経済新聞社編集局産業部編集委員兼論説委員

    15:30−17:30 セッション2
    「デジタル・デバイド時代のエレクトロニック・コマース」
  • 日本のECビジネスモデルはどう進むのか
  • デジタル・デバイド時代に企業に求められる戦略
  • 情報格差は日本でも進むのか
  • (パネリスト)
    エリオット・マックスウェル
    米国商務長官特別顧問、「エマージング・デジタルエコノミー」リポートの責任者
    青木 利晴
    NTTデータ代表取締役社長
    エリック・ブルーワー
    米インクトゥミ社チーフ・サイエンティスト/共同創業者
    ジョン・ライアン
    米エントラスト・テクノロジーズ社社長兼CEO
    ロバート・コーン
    米eミュージック・ドットコム社会長
    (コーディネーター)
    前川 徹 早稲田大学国際情報通信研究センター客員教授
    ※講師名、演題は予定です。変更になる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
       お問い合わせは「世界情報通信サミット事務局」gis@nikkei.co.jpまで

    Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.