報道×デザインの可能性を追求し、
日経電子版に新たなビジュアル表現を。

デジタル
デジタル

東京・編集局 メディア戦略部
2015年入社
造形学部卒
※所属部局は取材時点のものです

CAREER STEP

2015年

中途入社 東京・編集局メディア開発部(現・メディア戦略部)

「日経電子版」リニューアルのUI(ユーザーインターフェース)デザインを担当。「日経ビジュアルデータ」の立ち上げに参加し、フロントエンドデザイナーとして、コンテンツのデザインと実装を開始。データ可視化を主軸としたエンジニアリングの勉強が日課に。

2016年

「経済指標ダッシュボード」「アプリランキング」「米大統領選ライブ」などのデザインと実装を担当。Financial Timesの研修でロンドンへ。現地の報道デザイナーの知見を吸収し、研究開発の糧とする。

2017年

平昌五輪の企画としてカーリングを取材し、VR(仮想現実)コンテンツを制作。「都議選ライブ」「衆院選ライブ」などのデザイン・実装のほか、日経電子版リニューアルのUIデザインを再度担当。日経ビジュアルデータがグッドデザイン賞の金賞を受賞。

2018年

日経電子版サッカーワールドカップ特設ページのUIデザインを担当。各デザイナーの視覚設計監修のほか、企画や情報設計、タスク管理などディレクション業務へ段階的にシフト。

2019年

イノベーション指数のデザイン・実装のほか、参院選やラグビーワールドカップ、東京五輪など日経電子版特設ページのUIデザインや情報設計を担当。直近では「ガンプラの裏側」や「Visual Tokyo 2020」 シリーズのディレクションを担当。現在は制作チームのデザイナーをまとめながら、ディレクション業務を主務として邁進中。

なぜ就職先に日経を選んだのですか。

私にとって日経は3社目の就職先です。美大で建築を専攻する傍ら、WEBデザインにも親しんでいたので、大学卒業後の数年間は建築設計、その後はWEBデザイナーとしてキャリアを歩んできました。一見異なる2つの職種ですが、人間基準のインターフェースを設計し、よい体験を創り出す点で共通の土台があります。総合的に培ったUIと体験のデザイン、その技術と経験を今後どう生かしていくかを模索していました。

そんなある時、私が培ったスキルに理解のある友人から「日経を受けてはどうか」と勧められました。思いも寄らない提案でしたが、数あるメディアの中でも日経が中立的に事実を報じていると実感していたこと、社是である「中正公平」が自分の考えるデザインのありたい姿と重なること、企業内デザイナーが見直されている昨今において「報道×デザイナー」の掛け合わせに強い可能性を感じたこと、何よりこの会社なら誠実な仕事ができるのではないかと強く思えたことが決め手となり、入社を希望しました。

現在の仕事内容を教えてください。

「日経ビジュアルデータ」のディレクターとして、チームのデザイナーを取りまとめています。主に制作進行管理に始まり、データ可視化の方向性やデザインエンジニアリングのバランス監修、視覚設計チェック、企画発案など多岐にわたる業務を担当しています。

私の所属するメディア戦略部には専属のデスクや記者、デザイナー、エンジニアが在籍しています。企画ごとにメンバーを組む開発体制を取っており、経済や政治、企業、証券、スポーツ、社会、写真など専門部署との連携も少なくありません。デザイナーやエンジニアが記者と一緒に取材することも多々あります。最近は企画意図の深い掘り下げや写真活用の洗練度向上によって、「ガンプラの裏側」や「Visual Tokyo 2020」シリーズなど、より一歩ビジュアルに踏み込んだコンテンツを実現しています。

新しい表現や今後のベクトルなど幅広く目を配る必要はありますが、速度や操作性といった技術とのバランスを根幹として、日経電子版のビジュアル表現の可能性を絶えず検討・実践しています。

この仕事ならではの難しさと
面白さを教えてください。

いかにわかりやすい記事を読者へ届けられるか、だと思います。これが面白さであり、難しさでもあります。

難解なニュースを扱うとき、原稿やデータだけでは読み解きが難しいことも少なくありません。しかし写真や映像、グラフィック、3Dなどのビジュアル表現を用いれば、短時間で直感的に読み解く助けとなります。記者は情報の重複を省き、より伝えたいことに的を絞った原稿を書けます。言葉の垣根を超えてグローバルに読者へ伝えるビジュアル言語にもなり得ます。

しかし、手当たり次第に可視化すればよいわけではありません。文字が効果的な場合もあり、その時々にふさわしい手段を適切に選ぶことが大切です。試作段階でデータを可視化しても、読者へ伝えたいことが見出せなければ、ボツにする決断も必要です。デザインとは見た目だけではなく機能そのものです。「見た目がいい!」という読者の声も嬉しいですが「すごくわかりやすい!」と言っていただける、そんな読者体験をつくることが何よりも重要だと感じています。

今後のビジョンを教えてください。

直近のビジョンが2つあります。一つは「縦」に見るデザイナー、自分も含めジャーナリズムを根幹に据えたデザイナーを増やし、その造詣を深めていくことです。もう一つは「横」に見るデザイナー。一口にデザインと言っても、コンテンツを軸にUIやユーザー体験、サービス体験、ブランド体験など分野は様々です。日経の価値である「公平さ、確かさ、新しさ、豊かさ」を読者に届けるためには、互いのデザイン領域を行き来し、ベクトルを合わせて推進できるデザイナーの存在が絶対的に必要です。

2017年、日経はデザインビジョンとして3つの視点「Clear, Light, Solid」を掲げました。過度な装飾をやめ、わかりやすさを重視し、より重要なものにフォーカスするという宣言です。堅実で信頼感の高い企業として、日経が存在し続けるためには、このビジョンに沿ったデザインが求められます。これから30年、40年と先を見据えたときに今何をするべきか?こうした自問を続け、実践し、デザイナーとして未来へ布石を打っていきたいと思っています。