RECRUIT

募集要項

REQUIREMENTS

2021年入社 第2回定期採用試験

エントリーを締め切りました。
ご応募ありがとうございました。

日本経済新聞社は2021年4月入社の社員を募集します。報道機関の一員として様々な形で情報を発信していくやりがいのある仕事です。デジタルの仕事に関心を持ち、国際舞台で活躍したい方のご応募をお待ちしています。

当社は障がい者の採用に積極的に取り組んでいます。障がい者の定期採用試験は、正社員だけでなく、勤務地などを限定して働くことができる専門社員でも応募できます。詳しくはこちらをご確認ください。

応募資格

1992年4月2日以降に生まれた方で、次に該当する方が対象です。

①日本の四年制大学・大学院を2021年3月までに卒業・修了見込みまたは既卒の方
②海外の大学・大学院に在籍している方(交換留学は除く)は日本の四年制大学・大学院と同等の学位で、2021年3月までに卒業・修了見込みまたは既卒の方。

学部・学科は問いません。

募集する職種(記者、デジタル、営業・企画、情報インフラ)

※配属先は希望、適性などをもとに決定します。

記者

「日本経済新聞」などの紙媒体、「日経電子版」、英文の「Nikkei Asian Review(NAR)」に記事を掲載します。 経済や企業の動きだけでなく、政治や社会など読者を取り巻くすべての分野が日経記者のフィールドです。グローバル報道を強化しており、海外取材のチャンスも多く、国内外の記事を英文で世界に発信しています。

仕事 内容 想定される主な配属先
記者 日々のニュースを追いかけるほか、じっくり分析した記事を執筆します。所属部署の担当分野だけでなく、ときにはチームを組んで連載企画の取材・執筆も担います。
想定される主な配属先 : 編集局
編集局

デジタル

新聞やインターネット産業の変化に対応し、新たな事業を創り出していきます。コンテンツ制作、システム開発、サービス企画、マーケティング、データ分析など様々な仕事があります。既存事業としては「日経電子版」「Nikkei Asian Review(NAR)」や法人向け情報サービス「日経テレコン」「NEEDS」などを展開しています。

仕事 内容 想定される主な配属先
Webデザイナー、デジタル編集者 「ビジュアルデータ」などデジタルならではの表現を駆使した電子版コンテンツの企画・デザイン・制作を手掛ける仕事です。CSS/JavaScriptによるコーディングやD3.js等のチャートライブラリを使ったビジュアライゼーションのほか、VRなど最新技術の可能性を探るコンテンツにチャレンジできます。
想定される主な配属先 : デジタル部局 編集局
デジタル部局
編集局
デジタルマーケティング、プロデューサー デジタルサービスの推進役として、事業全体をリードする役割を担います。データを活用して顧客理解を深め、マーケティング思考で日々の改善活動を推進したり、ビジネスパーソンを支援するさまざまなデジタル新事業をプロデュースしたりします。意思決定や戦略立案にも深く関わるプロジェクトの舵取りが仕事です。データサイエンスで現場の課題を解決に導く仕事や、メディアの発信力を活かした広告事業に携わる仕事もあります。
想定される主な配属先 : デジタル部局 グローバル事業局
デジタル部局
グローバル事業局
ソフトウェアエンジニア スマートフォンのネイティブアプリや、ウェブアプリケーションの開発、機械学習を用いたAPI、また検索エンジンを利用したコンテンツ基盤の開発、クラウドを活用したインフラの構築など、既存サービスの新機能開発や運用、新規事業立ち上げなど企画やデザインなどの組織や担当者と連携しながら行う多岐にわたる業務があり、様々な専門知識を活かした開発に携わっていただきます。
想定される主な配属先 : デジタル部局 グローバル事業局
デジタル部局
グローバル事業局
金融エンジニア、アナリスト 日経平均株価などマーケットの動向を示す指数の企画・開発をはじめ、データを駆使してビジネスユーザーに信頼性の高い情報サービスを新規創出する仕事です。開発した指数は相場の動きを測る指標として世界中で活用されます。また、企業活動や経済動向の調査・予測を行うアナリスト業務や、ビジネスデータベースと最新のAI技術を組み合わせた分析レポート自動作成など様々な仕事に挑戦できます。
想定される主な配属先 : デジタル部局 インデックス事業室
デジタル部局
インデックス事業室

営業・企画

日経のビジネスの最前線で活躍します。多彩なフィールドで創意工夫を生かせます。

仕事 内容 想定される主な配属先
営業・企画

<販売営業>

毎日読者に新聞を届ける販売網の維持、整備と、新たな読者の獲得に向けた宣伝やイベントなどの販促プロモーションを企画実行していきます。

<広告営業>

新聞や電子版の広告を獲得し、掲載を通じて広告主のマーケティング課題を解決する仕事です。新聞・電子版の広告やイベント、セミナーの企画立案・提案営業を行います。

<グローバル事業>

アジアのニュースを伝える英文媒体「Nikkei Asian Review」や、フィナンシャル・タイムズ社と共同開発したアジア企業・経済に関する英文情報サービス「scoutAsia」などの事業開発や企画・運営のほか、販売・広告営業、マーケティングを担います。国際会議などの企画や営業の仕事もあります。

<人材教育事業>

日経の総合力を生かし、ビジネスパーソン向けのセミナーや企業研修を企画します。さらにマーケティングや法人営業活動を行います。国内外のトップビジネススクールと連携したプログラム、経営者育成研修、e-learningなどのコンテンツを国内外で展開します。

想定される主な配属先 : グローバル事業局、人材教育事業局、販売局、メディアビジネス クロスメディアユニットなど
グローバル事業局、人材教育事業局、販売局、メディアビジネス クロスメディアユニットなど

情報インフラ

日経の編集、営業、管理など各部門を支えるシステム基盤を構築するのが主な仕事です。最先端のITの知見を生かせます。

仕事 内容 想定される主な配属先
情報インフラ 新聞と電子版の発行を支えるシステム基盤、内外ネットワークの構築・運用を担います。日経とグループのデジタル・トランスフォーメーションを加速させるためのシステム導入・構築にも取り組んでいます。世界中からのサイバー攻撃に備え、高度なセキュリティ技術を研究・導入開発することも重要な任務です。
想定される主な配属先 : 情報技術本部
情報技術本部

併願

職種内の併願は可。職種をまたがる併願はできません。
(併願可能な例) 第1志望=ソフトウェアエンジニア、第2志望=金融エンジニア、アナリスト
(併願不可の例) 第1志望=記者、第2志望=ソフトウェアエンジニア

※1次面接は第1志望の職種で行います。どの職種を第1志望とするかはよく考えて提出してください。

応募方法

ウェブエントリーシートをマイページから送信してください。
テストセンターでのSPI(英語を含む)の受検が必須となります。
SPIはウェブエントリーシートを提出した方だけが受検できます。早めにエントリーシートを提出してください。

応募方法の詳細はマイページをご覧ください。

過去の採用者数

2019年入社人数 男性33名、女性20人
2018年入社人数 男性42名、女性18人
2017年入社人数 男性49名、女性25人

ID、パスワードについてのお問い合わせ

ディスコ 新卒採用システム担当
Email:nikkei.saiyo@disc.co.jp
TEL:03-6361-2264(事務局、平日10:00~17:30)

お問い合わせ

日本経済新聞社人事・労務部採用グループ
Tel≫03-6256-7285
[受付時間 平日午前9:00~17:30]
E-mail≫saiyo@nex.nikkei.co.jp