RECRUIT

キャリア採用

MID-CAREER RECRUITMENT

日経は通年でキャリア採用(中途採用)の応募を受け付けています。デジタルITにご応募いただいた方には書類選考を通過された方にのみご連絡します。記者、高度な専門記者、グローバル、インデックス事業、営業・企画の職種は書類選考を通過された方にのみ、書類到着後2カ月以内にご連絡します。

応募資格

社会人として勤務経験がある方が対象です。募集職種の欄もご参照ください。

※以前に当社を受験したことがある方も応募できます。

募集職種

記者、写真映像記者、校閲記者

<記者>

日々のニュースを取材し、議論し、執筆し、価値判断して送り出すのが新聞記者です。日経の報道の中心は経済分野ですが、カバー範囲は経済にとどまりません。政治、社会、科学技術、文化、スポーツ、生活情報……。読者を取り巻くすべてが私たちのフィールドです。「日本経済新聞」「日経産業新聞」「日経MJ」「日経ヴェリタス」といった紙媒体だけでなく、世界有数の電子新聞である「日本経済新聞 電子版」向けの取材・執筆も担当します。

<写真映像記者>

紙の媒体や電子版などに掲載する写真や映像の取材が主業務となります。独自の視点で企画を立て、撮影だけでなく原稿を執筆することもあります。

<校閲記者>

正しい日本語かどうかのチェック、表記の統一のほか、固有名詞、事実関係なども調べ、誤りを水際で防ぐのが役割です。日経の「最初の読者」として目を光らせます。

高度な専門記者

経済、財政、マーケット、企業経営、外交・安全保障、IT、エネルギーなどの分野に関して、専門的視点から深い解説記事などを書ける人材を求めています。博士号または同等の専門知識をお持ちの方や、シンクタンク、大学、企業、研究機関、官庁などで実務・研究経験を積んだ専門的な分析力を持つ方を歓迎します。

デジタルIT(IT-A、デジタル事業・サービスの企画・開発)

当社は創刊140年以上の歴史を持つ新聞事業に加え、日経電子版や各種データベース事業など多彩なデジタル情報サービスを提供する「複合メディア」戦略を進めています。また、900万会員を超える「日経ID」を基盤に新規ビジネスを幅広く展開しています。その事業推進の要となるのがデジタルIT職です。「IT-A」では、最先端のテクノロジーを取り入れたユーザー志向のサービス開発に一緒に取り組んでいただける、以下のような業務を担う方を募集します。

<スマートフォンアプリ開発>

スマートフォン向けアプリのUI/UX設計からSwift/Kotlinによる実装。事業会社での実装で複数年以上の経験。API設計も含めて、知識のある方を歓迎。

<フロントエンドエンジニア>

JavaScript/NodeJSによるウェブサイトの開発。アプリケーションからHTML/CSSによるフロントエンドのコーディング。複数年以上のフロントエンドエンジニアとしての経験。

<サーバーサイドエンジニア>

日経電子版で使うAPIやバックエンドシステムの設計・開発をします。Python/DjangoでのREST API開発、AWS等のクラウド活用、Elasticsearch 等のミドルウエア運用、機械学習やデータ分析を用いたレコメンドエンジン開発などに関わります。

<機械学習・人工知能>

機械学習や深層学習、人工知能等の知識を活用したAPI開発。主にPythonを使って、大量のデータを解析し、ユーザー向けにカスタマイズしたデータを提供するAPIを開発。

<データサイエンティスト>

1日350GB以上、約1億レコードに及ぶ日経電子版等のデータを分析して仮説構築、予測モデルを作成。Python, Rによる統計解析、機械学習の実データへの応用経験のある方を歓迎します。

<データテクノロジスト>

データ処理ニーズに則した基盤運用や整備を担当。node.js(ES6)、Python等によるコーディング、JavaScript、HTML5といったウェブのフロントエンド技術、RedshiftとPostgreSQL、MemSQLとMySQL、Kinesis、Elasticsearchへの理解と技術力のある方を歓迎します。

デジタルIT (IT-B、情報システムの設計・構築)

社内の情報インフラの整備・開発が主な業務です。セキュリティ確保が重要な新聞社の社内ネットワークの管理・運用を担っています。

グローバル
・グローバル事業 (NARの販売・マーケティング)

英文媒体「Nikkei Asian Review」を創刊したり、英フィナンシャル・タイムズ(FT)を傘下に収めるなど、日経はグローバル事業に力を入れています。一緒に挑戦していただける、以下のような業務を担う方を募集します。グローバルに活躍したい方、大歓迎です。

<NARの販売・マーケティング>

英文媒体「Nikkei Asian Review」の販売・マーケティング。デジタルサービスのオンライン販売、海外でのビジネス実務の経験。TOEIC860点以上

インデックス事業 (株価指数などの企画・開発)

日経平均株価などマーケットの動向を示す指数を企画・開発する人材を求めています。日経が開発した指数は相場の動きを測る指標として抜群の知名度があり、ETF(上場投資信託)などの連動金融商品にも世界中で活用されています。金融マーケットやデータベースの知識、SQLの操作経験があり、英語も堪能な方を歓迎します。

営業・企画

<販売>

新たな読者の獲得や日経ファンを増やすために宣伝、イベントなどの販促プロモーションを企画立案しています。担当するエリアの販売店と販促活動を展開するほか、日経グループの営業会社と連携した企業対策にも取り組んでいます。 購読者のライフスタイルや嗜好の変化に対応し、新たなターゲットのニーズをつかむため、マーケティング活動やセールスプロモーションの経験がある方を求めています。

<メディアビジネス(新聞を主体にした広告営業)>

新聞広告はもちろん、イベント・FT・英文媒体・電子版など日経のあらゆる商品をセールスするワンストップの窓口として企業の宣伝・広報、事業部まで幅広くカバーしています。最新のデジタル技術を活用した日経ARアプリを開発して紙とデジタルの複合的な広告表現を可能にするなど、広告主と読者に向けた新しい価値提供を積極的に展開しています。総合営業の最前線、新しいプロジェクトの立案/実行に携わりたい方を歓迎します。

<デジタルビジネス(電子媒体関連の営業・マーケティング)>

「日経電子版」に関連する広告営業と販売プロモーションを担当しています。
(デジタル・マーケティング・プランナー)アドテクノロジーを活用した広告提案や商品開発実務、デジタル領域でのマーケティングやブランディング活動の経験のある方。TOEIC800点以上あれば尚可。
(電子版の法人営業・マーケティング)顧客数と売上のKGI達成のため、データ分析、販促企画・運営、社内外のステークホルダーとの調整。ITまたはウェブ系商材の法人営業の経験

<人材教育事業>

法人向けに人材育成プログラムを立案します。企業の担当者に的確にヒアリングし課題を浮き彫りにし、様々な教育プログラムを組み合わせ、ソリューションを提案していきます。人材育成、能力開発の実務経験があり、コンサルティング・スキルを持つ方を求めています。

<ビジネス法務>

全社のビジネスのサポートを行うビジネス・コンサルティング室において、リスク分析、対外交渉アドバイス、契約書・サービス規約作成支援などをお任せします。
国内外の事業の企画段階からローンチに至るまでに発生する法的課題の検討・対応や、英文を含む契約書(業務提携、業務委託、システム開発等)の作成や、相手先から示された契約書のレビュー、新しい法規則への対応などをおこないます。法科大学院卒または予備試験合格、英語も堪能な方を歓迎します。

<総務・経理>

総務・経理は会社の屋台骨を支える存在。特に経理は、企業の経理・会計部門で実務経験のある方や公認会計士、税理士、日商簿記1級などの有資格者の方を求めています。TOEIC800点以上あれば尚可。

選考方法

エントリーシートによる書類選考を実施します。書類選考を通過された方は面接や筆記試験等を受けていただきます。

応募方法

以下のマイページからエントリーに必要な項目を入力して会員登録をしてください。
応募職種ごとに表示されるエントリーシートを記入し、指示に従って顔写真データ、職務経歴書を添付して送信してください。

※記者として勤務経験がある方は、過去に執筆し、掲載された記事などを3点程度、エントリーシートの設問にデータでアップロードしてください。
※高度な専門記者にエントリーする方は、ご自身の専門分野の中で、過去1カ月間に日本経済新聞紙上で大きく取り上げたテーマについて独自の視点で論文を作成してください。論文は1000~1500字以内で記述し、WordやPDF等で作成してアップロードしてください。

入社時期

個別にご相談しますが、なるべく早く入社していただくことを希望します。

給与

当社規定によります。

お問い合わせ

日本経済新聞社人事・労務部採用グループ
Tel≫03-6256-7285[受付時間 平日9:00~17:30]
E-mail≫saiyo@nex.nikkei.co.jp