Case Study 導入企業の実例紹介

お役立ち情報を全て見る

シューカツHANGOUT!
就活生応援番組
人事・採用担当者も必聴!

ラジオNIKKEI

「シューカツHANGOUT!」は就活生応援番組。学生に寄り添いつつキャリアを考え、就活仲間を作れるようなコミュニティを目指す。HANGOUTはたまり場という意味。「就活生の気持ちがわからない」「本音を知りたい」という人事・採用担当者には必聴の内容だ。就活だけにとどまらない大きな視点でキャリアを考えようとしている。

ラジオNIKKEI1(短波・全国放送)で毎週月・木曜日の20時から放送し、radiko(ライブ・タイムフリー・全国放送)でも聴ける。

P3 2.jpg

様々な経歴を持つパーソナリティーやゲストが登場する。メインパーソナリティーを務めるのは東京大学出身でマッキンゼーでの勤務経験があるお笑いタレント、石井てる美さん。アイドルグループ「フィロソフィーのダンス」のメンバーで就職後アイドルに転身した十束おとはさんや、公認会計士と元リクルート人事の2人のお笑いコンビ「Gパンパンダ」なども登場する。紆余曲折を経験しながらも活躍中の人が多く「みな、悩みに寄り添える人ばかり」(報道制作局の今泉将太特任プロデューサー)。

人事コンサルティング会社・モザイクワーク社長の杉浦二郎さんがコメンテーターとして登場。人事採用のプロとしてアドバイスし、就職にかかわる最新ニュースや統計について解説する。

P2.jpg

「自分にあった企業の探し方」「オンライン就活」「隠れ優良企業の見つけ方」「採用担当者に聞いてみよう」といったテーマをこれまで取り上げた。また「就活お悩み相談室」「人事のウラバナ」「就活うわさの真相」「自己PR見直し隊」といったコーナーを展開。就活生の想いが聞けるだけではなく、ゲストとして企業の人事・採用担当者が登場し、一人の人間としての悩みを吐露することもある。採用担当者と就活生の本音がクロスする場ともなっている。

メインパーソナリティーの石井さんは「それまでの人生で拒否される場面がなかった人が、不合格通知を受け取るとどうしても沈む」「動いたほうがよいと分かっていても行動に移せないことがある」と就活生の気持ちを代弁。番組では「説教せず、正論で励まさないようにしている」。孤立感を感じている人にとって「たまり場、止まり木、居場所のような存在になれたら」とも。実際、「この番組に支えられて社会人になることができました」という手紙も届いた。

P1.jpg

就活の番組だが、新卒のみならず転職を考えている人や30代や40代の社会人の支持も得ており、幅広く受け入れられている。

※radiko

※番組へのご質問やお問い合わせはこちら

日経の法人向けソリューションを
もっと詳しく

資料請求はこちら 無料トライアルはこちら