Case Study 導入企業の実例紹介

お役立ち情報を全て見る

グローバル人材育成
プログラム「エクセド」
短期集中コース開始

日本経済新聞社

日本経済新聞社はグローバル人材を育成する最新のラーニングプログラム「Excedo(エクセド)」で、短期間の集中プログラムを導入しました。

日経がFinancial Timesと共同で開発した最新のラーニングプログラム「エクセド」は20193月にリリースしました。グローバル業務で必要な10 のスキルを、実践的な「ケーススタディ」「ロールプレイ」を通して1年間で学べます。グローバル業務の英語コミュニケーションに不安・ストレスを感じている方にお勧めです。

このたび、導入企業の皆様からの強いご要望にお応えし、10週間の集中トレーニングプログラムを導入いたしました。 新コース「エクセド・インテンシブプログラム」では3通りの対象者を想定しています。

1)海外赴任候補者、2)シニアマネージャー、3)次世代若手リーダー候補者――です。実際に起こり得るケーススタディで学びながら、ビジネスにインパクトを与える力を身につけることができる、お薦めのプログラムです。

タイトル2.png

・短期集中型で社員のグローバルビジネスコミュニケーションをさらに改善したい。

・海外赴任候補者をすぐに現地に派遣できないため、国内で海外経験を積ませたい。

・若手育成の一環として海外経験をオンライントレーニングで実施したい。

・外国人社員とのコミュニケーションスキルを早急に獲得する必要がある。

上記に1つでも当てはまる場合は、お勧めです。

エクセドはリリースから約2年が経過し、導入企業累計200社以上にご利用いただき、約90%の学習者が「業務に役立った!」と実感されています。

URLをクリックすると簡易資料がダウンロードできます。

1週間のお試し受講も提供可能です。

★資料ダウンロード・1週間お試し受講はこちらから

 https://www1.entryform.jp/nsol00091/

日経の法人向けソリューションを
もっと詳しく

資料請求はこちら 無料トライアルはこちら