日経TEST

経済知識を測定、昇進昇格試験にも

ビジネスに必要な経済知力=知識+考える力を、“生きた経済”で診断し、スコアで示します。点数は、5つの評価軸(基礎知識、実践知識、視野の広さ、知識を知恵にする力、知恵を活用する力)を測るために作成した100問の解答結果から算出。英語力測定などと同様、項目反応理論(IRT)に基づき、異なる回や問題を受験してもスコアが一定になるように設計しています。企業が団体で受験すれば社員の経済知力と知識の傾向がわかり、定期的に実施すれば社員の能力の伸びが把握できます。

日経TESTの特長

日本経済新聞の取材・報道で蓄積した豊富な事例をもとに、編集委員が時代の変化を見据えながら問題を作成 年2回の全国一斉試験と企業・団体試験(受験日時・会場が指定可能)の2パターン受験前/受験後の学習をサポートする、様々なドリルや公式テキストをご用意 四肢択一のマークシート式全100問。試験時間は80分。試験の媒体は、マークシートかパソコン 最高1000点のスコアは、講評・分析で企業や受験者にフィードバック
日経TESTがご提供するソリューションの一例
  • 昇進・昇格時の資格要件としてお使いの企業様が増えています
  • 内定者・新人・若手研修には「日経TEST研修ドリル&解説講座」で基礎力を測定
  • ご要望で「企業別結果分析シート」をご提供しています
  • 継続的な利用で貴社の組織全体の強みと弱みを分析できます
  • 内定者から管理職まで様々な階層の研修で活用できます
  • 日経TESTの結果を活用するための人事担当者向け講座も開催しています

日経の法人向けソリューションを
もっと詳しく

資料請求はこちら 無料トライアルはこちら