日本経済新聞

ビジネスに役立つ、暮らしに役立つ

日本経済新聞は「経済」を軸に、ニュースを幅広く伝える総合紙です。様々な分野の出来事を「経済との関わり」という視点で編集しているのが特徴。北海道から沖縄まで、国内61本支社・支局を拠点に、約1300人の記者が取材をしています。海外にも37の海外拠点を持ち、24時間体制で世界の情報を迅速に届けています。経済記者の人数は日本一。日経の朝刊は1日のべ200~300社の企業情報を掲載。情報の量と質は読者の信頼が厚く、ビジネスパーソン必読の内容です。※拠点や人数のデータは2018年12月時点のものです。

日本経済新聞の特長

仕事や就活、投資に役立つ充実した企業情報を掲載 資産運用に生かせるマネー情報、商品・マーケティング情報が充実 日経の独自調査や経済・ビジネス動向の分析記事から経済の行方が見えてくる 文化・スポーツなどの経済・社会への影響も詳しく報道 2019年6月の朝刊販売部数と7月1日時点の「電子版」有料会員数との合計は298万8124
日本経済新聞がご提供するソリューションの一例
  • 内定者の研修に講師を派遣して「日経読み方講座」をご提供します
  • 新入・若手社員向け研修には「日経プレビジネスパック(PBP)」
  • 自社に関連する掲載記事をリプリントで2次利用できます
  • 新聞、雑誌、TV、ラジオ等、日経グループの広告をニーズにあわせて提案します
  • ブランディングから採用広告、折り込み広告までワンストップで相談できます

日経の法人向けソリューションを
もっと詳しく

資料請求はこちら 無料トライアルはこちら