情報力で
組織を強化する

情報・データサービスを活用して課題をクリア

ニュースやデータ活用が
組織力底上げのカギ

経営に携わる人はもちろん、営業や生産の現場でも「今、業界で何が起きているか」「取引先の課題は何か」といった情報を常に共有しておくことが強い組織であるために極めて重要です。
日本経済新聞社が提供するニュースやデータを様々な場面で活用し、貴社の組織の力を強化できます。

営業力強化

役立つ商品・サービス

一人ひとりの強い営業力構築のために、業界情報を細部まで把握し、組織として共有することで、優位性を発揮できます。

  • 営業人材の育成 → 毎日の経済ニュースをチェックするとともに、重要な記事はスクラップ&保存。ニュースの背景や課題を理解する営業人材を育てます。
  • 業界情報の把握 → 記事をチーム内で共有したり、情報を社員に配信するサービスを提供しています。人事情報も業界単位で動きを把握でき、人事異動で広がるビジネスチャンスを逃さない態勢を築けます。
  • 海外の現地情報を常にチェック → アジア各国発の最新ニュースをネットで毎日確認。部署全員が見られるサービスでニュースを逃しません。

マーケティング戦略の向上

役立つ商品・サービス

市場の最新の動きを分析し、営業・商品戦略に生かすことが従来以上に求められています。日経は様々なデータサービスを用意しています。

  • 売れ筋商品の動向 → 全国約1500店舗のスーパーやコンビニなどの販売データを利用できるサービスを展開。顧客の購買行動を緻密に検証し、自社商品のマーケティング精度を向上できます。

経営戦略の広がり

役立つ商品・サービス

これからの経営の方向や手法を見きわめるために役立つ情報を収集・提供しています。コンプライアンス(法令遵守)やIR(情報開示)関連サービスも充実です。

  • コンプライアンス向上 → 新規取引先のコンプライアンス情報を各種データベースでチェックできます。
  • 与信管理 → 取引先の決算状況など定期的な与信管理は、データベースサービスでまとめて処理可能です。
  • IRの充実 → 安定株主を増やすためにはIR活動の一層の充実が欠かせません。他社や業界情報を含めた情報開示には効率的な情報収集が必要。資本コスト計算や競合他社との比較もできるサービスを手がけています。

働き方改革

役立つ商品・サービス

長時間労働を是正し、労働生産性を向上させるための支援サービスもそろっています。手間暇かけるだけで良かった時代は遠くなりつつあります。

  • 海外へのレポートを時短 → 海外支社などへ日本のニュースを知らせるには、毎日英訳作業が欠かせません。日経には記事を英文に自動翻訳するサービスがあります。
  • 大量のコンプライアンスチェックを簡単に → コンプライアンスについて大量にチェックするときは、日経の専用サービスを。効率化で生まれた時間は他の業務に使えます。

情報収集ソリューションの
商品・サービス

日経の法人向けソリューションを
もっと詳しく

資料請求はこちら 無料トライアルはこちら