主要
政治・経済
国際
マーケット
産業・流通
店頭・VB
社会
スポーツ
列島ビジネス
社説・春秋
トップ人事
おくやみ
新製品
自動車
発表資料
経済指標
日経調査
●日経プラス1
●日経産業新聞
●日経流通新聞

きょうのクイズ
ザ・ランキング
出張・旅行予約
競馬
ゴルフ
進学ナビ
転職ナビ
2000年 地球人は
第3部 個の経済

「日本経済新聞 1面企画」


(5)21世紀のロイズ

 しし座流星群が地球に接近し、人工衛星と衝突するかもしれない――。昨年4月、科学者の発した突然の警告が米国の情報通信業界を震えあがらせた。

 ネット上で交渉

 「こんな盲点があったとは……」。衛星放送などを提供する企業は自前の人工衛星に保険をかけていたが、流星群との衝突はまったくの想定外。地球に近づく数カ月後に万が一、人工衛星にぶつかれば数百億円規模の損害も発生しかねない。「大至急求む、人工衛星保険」。焦った企業が駆け込んだのは、インターネット上の保険取引所だった。

 掲示板を見た保険会社の反応は速かった。「こんなケースも想定していましたよ」。ただちにネット上で交渉が始まり、「危機」表面化からほどなく、3件の契約が成立した。

 「カタストロフ・リスク・エクスチェンジ」(CATEX)――。地震、竜巻、台風など、あらゆる災害がもたらす損害のリスクを吸い込む取引所の本部は、米ニュージャージー州プリンストンにあった。「今までに成約した保険はざっと500件にのぼる。我々はたった12人で世界中の『不幸』を背負っている」。最高経営責任者(CEO)のフランシス・フォーチュネート氏(44)は胸を張った。

 1996年に開設した取引所の会員は17カ国の165社。保険会社や銀行だけでなく、米マイクロソフトやゼロックスなどの事業会社も名を連ねる。

 17世紀末、海運業者が集うコーヒー店から出発した英ロイズ保険組合は、多数の個人会員が保険引き受けの責任を負う仕組みをつくり、企業や国の抱えるリスクを個々の投資家に分散する役割を担ってきた。

 だが、巨額のマネーが国境を超えて瞬時に移動するグローバル時代を迎え、膨張するリスクをひとつの組織で処理するのは難しくなった。ネットの力で巨大なリスクをより速く、より広く分散できるCATEXは「21世紀のロイズ」に成長する可能性を秘めている。

 6時間限定保険

 参加者が手軽に情報を交換できるネット市場では日々、ユニークな商品も生まれる。昨年夏、米国の保険会社が引き受けた「ハリケーン保険」。大西洋上で発生し、上陸まであと数日に迫ったハリケーンに備え、米フロリダ地域を6時間だけカバーする異例の超短期商品だった。

 「今日も新しい衛星保険の取引希望があった。今度はソーラーストーム(太陽風による磁気あらし)がらみかな」。パソコン画面を指さしてフォーチュネート氏は笑った。原子(アトム)のようにリスクを細かく分割し、世界中に分散させるネット市場。その魔術に魅せられたのは彼だけではない。

 米クレディテックスと英クレジット・トレード――。欧米で昨年、ネットを使った信用リスク取引所が競うように誕生した。企業や国の信用リスクを分解し、第三者に移転するクレジットデリバティブをネット上で売買する市場だ。

 「信用リスクの取引はネットの威力でさらに進化していく」。クレジット・トレードのCEO、ポール・エリス氏(42)は熱っぽく語る。エリス氏の市場では世界12カ国、75の金融機関が商品の銘柄や金額を提示し合い、1日とかからず成約にこぎつける。

 第三者取り込む

 限られた企業に頼るのではなく、世界中に散らばる「個」の力を集め、巨大化するリスクをできるだけ多数の投資家で支えようとするネット市場。欧米で続々と生まれる「不幸の取引所」には仕掛け人がいた。

 かつて米大手銀行JPモルガンのプライベートバンキング業務を指揮したアーサー・スカリー氏(55)。実兄で米アップルコンピュータの会長兼CEOを務めていたジョン氏(60)とともに、ベンチャー企業などへの投資会社「スカリー・ブラザーズ」を立ち上げた人物だ。

 スカリー氏はCATEXやクレジット・トレードの発足に深くかかわり、主要な投資家として出資した。「リスク管理では、相対で見つけにくい第三者をどれだけ市場に取り込めるかが勝負。ネットはその重要な武器となる」

 ネットが「個」の力と役割を強化するグローバル時代。その流れを見抜いたスカリー氏は早くも、次の投資先の想を練っている。

「2000年 地球人は」トップページへ戻る

NIKKEI NETの最新情報は画面を更新してご利用ください。
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。
このホームページに対するご意見・ご感想は webmaster@nikkei.co.jpまでお願いします。
NIKKEI NETはインターネットエクスプローラー4.0、Netscape4.0以上でご覧いただけます。

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.