主要
政治・経済
国際
マーケット
産業・流通
店頭・VB
社会
スポーツ
列島ビジネス
社説・春秋
トップ人事
おくやみ
新製品
自動車
発表資料
経済指標
日経調査
●日経プラス1
●日経産業新聞
●日経流通新聞

きょうのクイズ
ザ・ランキング
出張・旅行予約
競馬
ゴルフ
進学ナビ
転職ナビ
2000年 地球人は
第3部 個の経済

「日本経済新聞 1面企画」


(9)細胞は200人

 社長と財務担当役員の2人を除いて、社員に一切の肩書がないという企業が米デラウェア州にあった。防水繊維「ゴアテックス」で知られるW・L・ゴア・アンド・アソシエイツだ。

 「従業員? ウチではそんな呼び方はしない。アソシエイツ(仲間)です」。約6000人いるアソシエイツの1人、リサ・キングさん(40)は同社の組織を簡潔に説明してみせた。

 発案者が人集め

 「たとえば、ある工場で働くアソシエイツの1人が新事業を考え出したとしましょう」

 この発案者は社内で自由に人を選び、話を持ちかける。「面白い。一緒にやろう」といって製造や販売を担当する人が集まれば、チームをつくって事業を立ち上げる。

 製造担当者が集まっても、目星をつけた販売担当者に「別のプロジェクトで忙しいから無理」といって断られることもある。それでチームをつくれなければ新事業はお蔵入りだ。

 こうやって生まれた事業はハイテク繊維、医療機器、電子部品など数多く、それぞれ開発から製造、販売までの機能を持つ。すべてプロジェクト方式で、勤続年数などと関係なく発案者がリーダーになる。事業が成功すればメンバーの給与は上がる。事業の1つひとつが自立した細胞であり、それが自発的に分裂して次の事業も生まれる。「そのなかで個人の創造性を最大限に引き出すんです」。キングさんは力をこめていった。

 細胞は強制的に分裂させることもある。「組織は200人以上になるとぎくしゃくし始める」という経験則から工場の人員が200人を超えたら分割する。

 細胞分裂は常に成功するわけではない。アソシエイツのジョージ・ハンセル氏(60)は失敗の経験者だ。「市場環境が激変したからだ。でも2,3年後には自分たちで新製品を発明して盛り返した。工場分割はわれわれに成長の機会を与えてくれる」。いま、ゴア社は世界45カ所に工場・事業所を持つ。

 個人と個人を柔軟かつ有機的につなぐネットワーク型の会社組織。地球規模の情報社会の高速変化に即応しようと、ゴア型の組織が広がっている。

 新銀行立ち上げ

 2月末、米ジョージア州で新婚夫婦専用のインターネット銀行が誕生した。住宅や家具など何かと物いりな新婚夫婦向けにおカネを貸したりするポイントパス・バンク。金融持ち株会社シノバス・フィナンシャルの39番目の銀行だ。

 「ネットを使って新しい銀行を始めたい。何をやるかは君が決めてくれ」。シノバスの顧客サービス部門にいたリサ・ホワイトさん(37)に突然の指名がかかったのは1999年の8月だった。大まかな事業計画すらないうえに、人をつけてくれるわけでもない。独力でチームをつくり、計画を練った。

 「会社はまったく任せっきり。事業を新婚向けに決めたときも、ポイントパスという名前にしたときも何も言われなかった」というホワイトさん。わずか半年で新銀行を立ち上げた。

 新事業を始めるとき、「これは」という個人を組織から隔離して自由にチームをつくらせ仕事をさせる。上への報告はほとんど要らず、決済も一切求めない。会社の長期的なビジョンを踏み外さないよう、助言役としてCPO(チーフ・ピープル・オフィサー=最高人材開発責任者)を置いているだけだ。

 しかも、チームはひとつや2つではない。CPOのエリザベス・ジェイムズさん(37)はいう。「これまでいくつのチームができたのか、とても数えられない」。社内のあちこちで動く独立部隊。シノバスはその活力を引き出すことでこの1年に3つもの新会社をつくった。

 市場原理も働く

 「個」を存分に生かすための新しい組織。従業員にすれば、何重もの階層にくるまれる工業社会型ピラミッド組織より厳しい面もある。ゴア社のキングさんはいう。「だれかが新事業を発案したとき、組織として承認する手続きはない。でも成長力が乏しいと思われればチームに加わる人は出てこない。事業は自然にふるいにかけられる」

 個人は組織内の市場原理でいつも試される。そうしなければ会社は沈滞してしまう。企業組織の進化はまだ続く。

「2000年 地球人は」トップページへ戻る

NIKKEI NETの最新情報は画面を更新してご利用ください。
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は日本経済新聞社またはその情報提供者に帰属します。
このホームページに対するご意見・ご感想は webmaster@nikkei.co.jpまでお願いします。
NIKKEI NETはインターネットエクスプローラー4.0、Netscape4.0以上でご覧いただけます。

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.