NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/30)日本の低落傾向、歯止めかからず
 シドニー五輪のレスリング日本代表は30日に全日程を終え、メダルはグレコローマン69キロ級の永田克彦(警視庁)の銀一つに終わった。「メダル死守」の最低目標は達成できたが、日本レスリング協会の福田富昭専務理事は「日本の伝統は金メダルの奪取。グレコは60点としても、フリーは10点」と手厳しかった。

 予選リーグを突破したのも永田1人だった。フリーは全滅。ロシアなどの旧ソ連勢や米国、キューバといった強豪国の壁を突き破ることができなかった。日本の低落傾向に歯止めはかからず、高田裕司監督は「五輪で活躍しないとレスリングはだれにも相手にしてもらえなくなる」と危機感を強める。

 世界トップクラスとの差は、体力、パワーだった。フリー69キロ級の和田貴広(和歌山県教育庁)のように高い技術があっても、それを生かすパワーがない。猛練習を積んだ韓国勢と比べると、日本全員の基礎体力は見劣りした。

 復活への道は険しい。底辺を拡大しようにも指導者が少なく、優秀な人材は他の競技に流れていく。ジュニア育成とともに、限られた有望選手をどう強化していくのか。

 福田専務理事は「4年後を見据え、代表チームを思い切って若返らせる。海外での合同合宿、試合を増やす。練習で基礎体力、精神力をアップさせる」とし、プロレスとの交流促進にも意欲を示した。

 また次のアテネ五輪から採用される見通しの女子については、金メダル有望種目として「エリート教育」を施す計画が練られている。(共同)

[競技別:レスリング]その他の記事 --------------------
(10/1)移住して夢追う、イガリ攻め続け頂点
(9/30)アブドゥラエフが優勝・フリースタイル54キロ級
(9/30)日本の低落傾向、歯止めかからず
(9/30)和田、川合が予選敗退・フリースタイル
(9/30)けがに泣いたエース・予選リーグ敗退の和田
(9/30)川合、強引な攻めが裏目に
(9/30)日本勢、フリーは惨敗・メダルに届かず
(9/30)高田監督が辞意・後任に富山氏有力
(9/29)フリー予選・和田、川合とも初戦黒星
(9/29)惜敗でメダルの夢遠のく・和田
(9/28)田南部と宮田、決勝トーナメントに進めず
(9/28)田南部、宮田が好発進・フリー予選
(9/28)田南部、フリー54キロ級で快勝スタート
(9/27)カレリン、五輪4連覇ならず・グレコローマン130キロ級
(9/27)13年に及ぶ連勝ストップ・カレリン
(9/27)永田は銀・グレコローマン69キロ級
(9/27)永田、「力の差があった」・初の五輪楽しんだ
(9/27)最高の舞台で満足感・価値ある銀メダルの永田
(9/27)兄でプロレスラーの裕志さんも弟たたえる
(9/27)永田、表彰台で兄と同じポーズ・五輪の夢かなえた弟
(9/27)永田が決勝進出・グレコローマン69キロ級
(9/27)永田、母に誓った快進撃・攻めた、粘った、決勝だ
(9/27)永田、夢のメダル獲得・グレコローマン69キロ級
(9/27)努力の成果、母に見せた・決勝進出の永田
(9/27)カレリンを特別表彰へ・国際レスリング連盟
(9/26)準決勝進出の永田、兄弟の夢へあと一歩
(9/26)意地で8位、笹本に満足感
(9/26)レスリングの勝ち上がり方式 解説
(9/26)永田、準決勝へ進出・グレコローマン69キロ級
(9/25)永田が初戦に判定勝ち・グレコローマン予選69キロ級
(9/25)永田「120%の力出した」・五輪初戦に快勝
(9/25)笹本、初戦は完敗・グレコローマン予選58キロ級
(9/24)片山、元木ともに敗退・グレコローマンスタイル
(9/24)グレコローマンスタイル63キロ級の元木、引退を表明
(9/9)アテネ五輪で女子レスリング実施か
(8/17)小幡、五輪出場ならず・日本の訴えが却下
(8/9)不正資格獲得だと抗議・日本レスリング協会
(6/26)メダル獲得へ強化合宿開始・五輪フリー代表
(6/17)笹本と元木が五輪代表に
(6/9)女子レスリング、2004年に五輪種目入りか・FILA
(5/10)日本代表6人が正式決定
(4/27)レスリングの和田と宮田が五輪出場権獲得

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.