NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/25)ブルガリア選手の出場容認・CASが裁定
 【シドニー25日共同】重量挙げ男子のアラン・ザガエフ(ブルガリア)が薬物違反を犯していないのに、シドニー五輪出場の機会が奪われるのは納得できないと、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に訴えた問題で、CASは25日、同選手の105キロ級への出場を認める裁定を下した。ザガエフは同日の試合に出場した。

 ブルガリアの重量挙げはこのほど、3選手がドーピング(薬物使用)検査で陽性反応を示したため、年間3件以上の違反が出た国内連盟を資格停止にするとの規定に基づき、国際重量挙げ連盟(IWF)理事会から22日に資格停止処分を受けた。

 ザガエフは同僚の犯した違反によって、結果的に連帯責任を問われ、五輪に出場できない状況に直面していた。

 CASは、IWFが国内連盟を処分できるのは、国内連盟が罰金5万ドル(約545万円)を支払わなかった場合に限られるとしている。3選手の薬物違反が発生したことだけを理由に国内連盟を処分するとしたIWF理事会の決定は誤りとする裁定を出した。

[競技別:重量挙げ]その他の記事 --------------------
(9/26)レザーデ、男子105キロ以上級で優勝
(9/26)吉本、ひざ痛め無念の棄権
(9/26)吉本、左ひざ負傷でジャーク棄権・105キロ以上級
(9/25)タバコリが優勝・男子105キロ級
(9/25)ブルガリア選手の出場容認・CASが裁定
(9/24)カキャシビリスが優勝・男子94キロ級
(9/23)85キロ級でディマスが優勝
(9/22)男子77キロ級は占旭剛
(9/22)薬物違反のブルガリア選手、金・銅メダルはく奪
(9/21)男子56キロ、2回目の表彰式・ドーピングでメダルはく奪
(9/20)ドーピングで追放処分のルーマニア選手、帰国を拒否
(9/20)ドーピングで重量挙げ銀メダルはく奪
(9/18)女子53キロで仲嘉真理が7位入賞
(9/17)池畑、日本新で引退へ
(9/17)父と婚約者に支えられ・孤独な戦い終えた池畑
(9/17)女子48キロ級、二柳かおりが7位
(9/17)「むちゃくちゃ緊張した」・二柳、メダルに届かず
(9/17)ルーマニアを追放・抜き打ち薬物検査で陽性
(9/16)小さな菊妻が大きな記録
(9/9)二柳に金メダルの可能性も・中国選手の不出場で
(7/6)池畑、吉本、二柳らが重量挙げ代表に
(7/6)重量挙げ代表8人決まる・105キロ超級に吉本久也
(7/6)池畑、吉本、二柳ら8人が代表に
(6/24)女子58キロ級で高橋優勝・全日本選手権
(6/23)菊妻と斎藤が大会新で優勝・全日本選手権第1日
(5/3)2種目で世界新・アジア重量挙げ第2日
(5/2)アジア重量挙げ、二柳が日本タイで優勝・女子48キロ級

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.