NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/17)父と婚約者に支えられ・孤独な戦い終えた池畑
 重量挙げ男子62キロ級の池畑大(池畑モータース)の長く、孤独な戦いが終わった。スナッチ135キロ、トータル300キロの日本新。ジャークは165キロの日本タイ。試合が終わると「これでバーベルを触るのも最後。14年間やってきて…。寂しいなあと思って…」。必死に涙をこらえながら、途切れ途切れに言葉をつないだ。

 4年前のアトランタ五輪で4位になった後、約半年間競技を離れた。復帰を決めた時、「面倒を見てくれる企業チームがなかったわけではない」と言う。しかし、池畑が選んだのは、1人前の社会人として仕事もした上で競技をする道だ。

 最初は東京で、昨年からは郷里の鹿児島で父鉄造さん経営の自動車整備工場に勤める。「朝6時から夜7時まで油にまみれ、その後1人で練習」。場所は自宅横の自家製の練習場。

 鉄造さんは「銭にならんことばっかりしおって」が口癖。しかし、池畑は言う。「自分は一代で会社を築いた父の背中を見て育った。その生き方を拒否できない」と。アマチュアとは言いながら実際はスポーツ中心の生活をしている選手にはない、しんの強さが彼の生き方にはある。

 家族も池畑の挑戦を支えた。武骨なタイプの鉄造さんは口では何も言わないが、冬場はそっと練習場のストーブに給油してくれる。さらに池畑にとって心強かったのは婚約者の今岡益美さんの存在だろう。

 今回、惜しくも代表入りを逃した女子選手の彼女が池畑がシドニーに来る前に渡した手紙には「アトランタとは違う自分を見せてください」と書いてあった。

 練習で当時の世界記録を上回り本気で金メダルを狙ったアトランタと、7位の今回。戦いの意味は同じでなかっただろう。池畑は「だいぶ違う結果だけど、五輪はやっぱりよかった。とりあえず酒でも飲みたい」と言った。

[競技別:重量挙げ]その他の記事 --------------------
(9/26)レザーデ、男子105キロ以上級で優勝
(9/26)吉本、ひざ痛め無念の棄権
(9/26)吉本、左ひざ負傷でジャーク棄権・105キロ以上級
(9/25)タバコリが優勝・男子105キロ級
(9/25)ブルガリア選手の出場容認・CASが裁定
(9/24)カキャシビリスが優勝・男子94キロ級
(9/23)85キロ級でディマスが優勝
(9/22)男子77キロ級は占旭剛
(9/22)薬物違反のブルガリア選手、金・銅メダルはく奪
(9/21)男子56キロ、2回目の表彰式・ドーピングでメダルはく奪
(9/20)ドーピングで追放処分のルーマニア選手、帰国を拒否
(9/20)ドーピングで重量挙げ銀メダルはく奪
(9/18)女子53キロで仲嘉真理が7位入賞
(9/17)池畑、日本新で引退へ
(9/17)父と婚約者に支えられ・孤独な戦い終えた池畑
(9/17)女子48キロ級、二柳かおりが7位
(9/17)「むちゃくちゃ緊張した」・二柳、メダルに届かず
(9/17)ルーマニアを追放・抜き打ち薬物検査で陽性
(9/16)小さな菊妻が大きな記録
(9/9)二柳に金メダルの可能性も・中国選手の不出場で
(7/6)池畑、吉本、二柳らが重量挙げ代表に
(7/6)重量挙げ代表8人決まる・105キロ超級に吉本久也
(7/6)池畑、吉本、二柳ら8人が代表に
(6/24)女子58キロ級で高橋優勝・全日本選手権
(6/23)菊妻と斎藤が大会新で優勝・全日本選手権第1日
(5/3)2種目で世界新・アジア重量挙げ第2日
(5/2)アジア重量挙げ、二柳が日本タイで優勝・女子48キロ級

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.