NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
競技別
(9/16)日本勢は振るわず14位が最高
日本勢最高の14位でフィニッシュする庭田清美(代表撮影)
 トライアスロン日本女子の淡いメダル獲得の期待は、最初のスイム、まだ冬の冷たさの残るシドニー湾で、一気にしぼんでしまった。得意のランでの追い上げが不発で17位にとどまった平尾は「水泳がすべて。出遅れて波に乗れなかった」と顔をしかめた。

 日本はスイム、バイクで第1集団で粘り、ランで勝負をかける狙いだった。だがバイクに入った時点で、ベテランの庭田がトップと44秒差の14位。平尾、細谷は1分半前後も遅れた。これでは苦しかった。

 庭田は14位。細谷はバイクで転倒に巻き込まれる不運もあってゴールできず、トライアスロンの五輪デビュー戦で、力を示せなかった。

 優勝したマクマホンは世界ランキング21位。ランキングでは日本勢とそう差があったわけではない。平尾は「トライアスロンは何が起きるか分からない。うまくリズムに乗れれば、こうなる」と滑り出しの大切さを口にした。(共同)

[競技別:トライアスロン]その他の記事 --------------------
(9/16)スイスが金・銅
(9/16)新競技トライアスロンにファンずらり「オージー」の大合唱
(9/16)日本勢は振るわず14位が最高
(9/16)マクマホン、終盤快走し金メダル
(9/16)転倒した細谷が病院へ
(9/14)金なら1000万円・日本選手報奨金
(9/13)状態上げメダルに挑む・日本勢が会見
(6/26)必死の形相でタイムトライアル・日本代表
(5/13)日本代表、細谷・小原ら5人発表
(5/1)五輪選考会で距離ミス・女子のラン2キロ短く
(4/27)五輪トライアスロン、日本の出場枠女子3、男子2

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.