NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
競技別
(9/16)新競技トライアスロンにファンずらり「オージー」の大合唱
 【シドニー16日=中前博之】開会式から一夜明けたシドニー市内は16日午前、トライアスロンや競泳、柔道など各会場で熱戦の火ぶたが切られ、五輪ムード一色に染まった。

 今大会から正式競技に採用されたトライアスロンの選手が走る沿道には、地元選手の金メダルを期待する観衆がどっと繰り出し、「オージー、オージー」の大合唱。観光名所のオペラハウスやシドニー中心街を通る周回コースの沿道には、少しでもいい場所を取ろうと、ベンチや花壇の上にも応援のファンが鈴なり。大音量の実況中継が流れる市内の植物公園内の一角では、地元選手が走り抜けるたびに大歓声がわき起こった。

 水泳、自転車、マラソンの3種目の合計タイムを争うトライアスロンは、オーストラリアのお家芸。メルボルンから応援に来たという男性会社員、コーリー・ローソンさん(22)は「水泳や自転車はオーストラリアの得意種目。地域にトライアスロンクラブもあるし、十代から始める人も多いんだ」と興奮気味に話した。

 日本選手を応援する人の姿もみられ、地元在住の浅井真理さん(49)は「日本の女子選手が3人も頑張っているので応援に来ました」と声援を送っていた。

[競技別:トライアスロン]その他の記事 --------------------
(9/16)スイスが金・銅
(9/16)新競技トライアスロンにファンずらり「オージー」の大合唱
(9/16)日本勢は振るわず14位が最高
(9/16)マクマホン、終盤快走し金メダル
(9/16)転倒した細谷が病院へ
(9/14)金なら1000万円・日本選手報奨金
(9/13)状態上げメダルに挑む・日本勢が会見
(6/26)必死の形相でタイムトライアル・日本代表
(5/13)日本代表、細谷・小原ら5人発表
(5/1)五輪選考会で距離ミス・女子のラン2キロ短く
(4/27)五輪トライアスロン、日本の出場枠女子3、男子2

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.