NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
競技別
(6/26)必死の形相でタイムトライアル・日本代表
 北海道士別市で合宿中のトライアスロンのシドニー五輪日本代表が合宿終了前日の26日、練習を公開した。

 午後には士別市営陸上競技場で5000メートル、3000メートル、2000メートル、1000メートル、400メートルのタイムトライアル。ランの強化を重点にした今合宿最大のヤマ場に、選手は必死の形相で取り組んだ。陸上女子長距離の強豪、ダイハツ出身の平尾明子(NTT東日本・NTT西日本)ですら「締めの練習だし、今までで一番きつかった」。

 飯島健二郎監督は「シドニーはラン勝負。最後1キロでどう粘れるかが表彰台へのカギ」とみている。〔共同〕

[競技別:トライアスロン]その他の記事 --------------------
(9/16)スイスが金・銅
(9/16)新競技トライアスロンにファンずらり「オージー」の大合唱
(9/16)日本勢は振るわず14位が最高
(9/16)マクマホン、終盤快走し金メダル
(9/16)転倒した細谷が病院へ
(9/14)金なら1000万円・日本選手報奨金
(9/13)状態上げメダルに挑む・日本勢が会見
(6/26)必死の形相でタイムトライアル・日本代表
(5/13)日本代表、細谷・小原ら5人発表
(5/1)五輪選考会で距離ミス・女子のラン2キロ短く
(4/27)五輪トライアスロン、日本の出場枠女子3、男子2

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.