NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/22)小山に高い世界の壁
 笑顔で、さばさばと。だが言葉は激しかった。卓球女子シングルスの小山は準々決勝で、昨年の世界チャンピオン王楠に完敗した。35歳でここまで勝ち残った。かつての力が出せないもどかしさ。日本の強化策への不満。複雑な感情が、なかなか言葉で表現できないようだった。

 「相手のボールに合ったり合わなかったり。1セット目が取れなかったのが…」。第1セットは3ポイント連取のいい滑り出しだったが、12―13と逆転されると、そこまで。19―21でこのセットを落とし、勝負は決まった。

 王楠とはこれまで国際大会で七度対戦して1勝6敗と分が悪い。全盛期の小山を手本に育てられたといわれる後輩の現王者との対戦を「結構、何か、やりづらい。若さなどは感じなかったけど…」と振り返った。

 中国から日本国籍を取得して戦い続けてきた。国内ではいまだに追随を許さない。だが世界の壁が高く感じられるようになったのも事実だ。「中途半端なら出ない方がいい。これから国際大会に出るのは難しいかもしれない。国内の大会は楽しく頑張りますけど」。世界の舞台から退くこともほのめかした。〔共同〕

[競技別:卓球]その他の記事 --------------------
(9/22)小山、準々決勝で敗退・女子シングルス
(9/22)小山に高い世界の壁
(9/22)松下、田崎とも2回戦敗退・男子シングルス
(9/21)田崎、小山ら勝ち進む
(9/21)殊勲に興奮気味の田崎・大舞台で確かな自信
(9/21)小山が8強へ・松下も勝つ
(9/21)小山ちれ、苦しみながら8強入り・女子シングルス
(9/20)小西・小山がベスト16入り
(9/20)小山、危なげない試合運び
(9/18)偉関・田崎組が決勝トーナメントへ
(9/18)偉関と坂田が決勝トーナメントへ
(9/12)やっぱりうれしい五輪・偉関らが初練習
(6/14)五輪初、卓球台にカーテン・「美観向上」が目的
(6/9)五輪代表らがジャパンオープンに出場・15日から
(3/4)ダブルス4組が五輪出場権獲得
(3/3)男子シングルス、田崎が五輪出場権
(3/2)女子シングルス、坂田が出場権

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.