NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/19)石川ら選手の粘りが勝因・メダル獲得へ大きな1勝
 石川の粘りが、無敵の不沈艦を沈めた。1998年以来、112連勝を続けていた米国を延長11回の末に倒した。

 宇津木監督は「いままで練習してきたことが、勝利につながったんだな」。殊勲の勝利をさらりと振り返る。それは、これまで培ってきた自信の表れでもあった。

 打線は先発ウィリアムズの速球に沈黙。五回まで10三振を奪われた。守っても一回から一死満塁のピンチを迎えるなど、米国に押され通しだった。

 相手に傾きそうな流れを食い止めたのは、石川の頭脳的な投球。毎回のように走者を許しながら、要所では新しい球種のライジングボール、ドロップが効果的だった。

 「最初から新しいボールを全部使っていくつもりだった。自分に自信を持って、集中して投げた」。一打サヨナラの危機でも、投球は切れを失わなかった。

 イニングの最初から走者を二塁に置くタイブレークルールでの延長11回、米国が先にしびれを切らす。内野の乱れから、日本が待望の2点をつかんだ。

 幸運な2点を呼び込んだのは、やはり最後まで普段通りのプレーを見失わなかった選手たちの粘り。宇津木監督も「普段通りに、平常心を失わなかったことが勝因」と言い切った。

 メダル獲得に向け、本当に大きな1勝。「まだ、予選リーグ。かえって気を引き締めないと」と宇津木監督。だが、表情には確かな自信と手ごたえが見え隠れした。(共同)

[競技別:ソフトボール]その他の記事 --------------------
(9/26)日本は銀にとどまる・米がサヨナラ勝ち
(9/26)雨の中、肩落とす日本選手・女子ソフトボール銀メダル
(9/26)やっとつかんだ銀メダル・宇津木
(9/26)無情にもこぼれた白球、悲願の金ならず
(9/26)決勝、延長戦に・7回終え1−1
(9/26)日本、高山が救援登板・決勝6回裏、1―1続く
(9/26)決勝、5回終わり1対1に
(9/26)宇津木が先制本塁打・日本1―0米国・4回表
(9/26)ソフト決勝、2回表までで無得点・日本の先発は増渕
(9/25)米国が決勝進出・26日に日本と対戦
<ソフトボール予選リーグ勝敗表>(9月23日終了時点)
(9/25)<解説者の目>日本、チームのまとまりが良い――ソフトボール鈴木征氏
(9/25)日本が1対0で豪下し決勝進出
(9/25)破竹・日本「心は一つ」・銀以上が確定
(9/25)米国が中国下し3位決定戦へ
(9/25)フルメンバーで臨みたい・決勝に意気込む
(9/25)増淵の快投で1点守り抜く・準決勝
(9/25)増淵はすごい投手・オーストラリア監督
(9/23)日本、7戦全勝で予選リーグ終了
(9/23)豪州は6勝1敗に・準決勝で日本と対戦
(9/22)日本、予選1位に・伊下し6戦全勝
(9/22)豪州が中国破る・準決勝で日本と対戦
(9/21)日本のメダル確定・4―3でカナダ下す
(9/21)日本、アトランタの無念晴らす
(9/21)日本、延長10回の接戦制す
(9/21)豪州が米国破る
(9/21)予選リーグでイタリアが勝つ
(9/20)日本、延長戦を制し4連勝・豪を1−0で下す
(9/20)メダル獲得へ最短距離
(9/19)日本が3連勝・延長11回、米国を破る
(9/19)日本高々とガッツポーズ
(9/19)タイブレークとは
(9/19)石川ら選手の粘りが勝因・メダル獲得へ大きな1勝
(9/19)大金星は周到な準備の結果
(9/18)日本、中国を破り2連勝・ソフトボール
(9/18)相手は母国・宇津木麗頼もしく
(9/18)日本、第一関門を突破・投打かみ合い中国に快勝
(9/18)予選2位でメダルが確定
(9/17)日本、キューバに快勝・予選
(9/10)「何が何でもメダル取る」監督が会見で抱負
(8/28)日本女子、キューバに快勝・親善試合第1戦
(8/1)ボールが良く飛ぶバット・女子ソフトに新兵器
(7/30)日本が2連勝・五輪壮行試合
(7/29)日本、第1戦に快勝・五輪壮行試合
(7/28)女子日本代表、新ユニホームとバット発表
(6/23)高山、五輪予選リーグ開幕投手に
(5/17)ソフトボール代表に安藤、高山ら15人
(5/17)前回の悔しさばねに活躍を・ソフトボール代表の宇津木
(1/17)ソフトで日本はキューバと初戦・五輪

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.