NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(8/1)ボールが良く飛ぶバット・女子ソフトに新兵器
 シドニー五輪でメダルを狙う女子ソフトボールの日本代表に新兵器が加わった。

 「飛ぶバット」である。カーボン繊維などを埋め込んだ複合素材の繊維強化プラスチック(FRP)を使った新型バットは、反発力を示す数値が従来より15%も高く、実打テストで平均10メートルの飛距離アップを記録した。ホームベースから外野フェンスまでの距離は、女子は200フィート(60.96メートル)以上と定められている。10メートルの伸びは大きい。

 飛距離の理由は、航空機やゴルフクラブなどに使われる軽量で柔軟なFRPでアルミニウム合金を挟んだ三層構造にある。インパクトの瞬間、厚さ2ミリの各層にしなりが生じ、その復元力が強い反発力を生む。主砲の宇津木麗華(日立高崎)は「ソフトな感覚」と打った感触を表現した。

 国際ソフトボール連盟は、チタン素材の禁止以外は原則として材質を規制していない。反発力制限の国際規定もないという。米国、オーストラリアなどはアルミ素材で二層構造のバットを使う予定で、メダル争いの裏でバットの市場競争も激しい。

 今回の開発に一昨年から取り組んできたM社の北川徹氏は「変形しやすい材質なので耐久性の問題に苦心した」。新型バットへの関心は高い。早くもイタリアなどが五輪での使用を要望しているという。

 アトランタ五輪用にアルミ素材のバットが開発されて4年。今回の「10メートルアップ」が本塁打量産に直結するのか。アトランタ五輪で4本塁打の斎藤春香(日立ソフトウェア)は「しんに当たれば軽くホームラン」と豪快なアーチ合戦を予告した。

〔共同〕

[競技別:ソフトボール]その他の記事 --------------------
(9/26)日本は銀にとどまる・米がサヨナラ勝ち
(9/26)雨の中、肩落とす日本選手・女子ソフトボール銀メダル
(9/26)やっとつかんだ銀メダル・宇津木
(9/26)無情にもこぼれた白球、悲願の金ならず
(9/26)決勝、延長戦に・7回終え1−1
(9/26)日本、高山が救援登板・決勝6回裏、1―1続く
(9/26)決勝、5回終わり1対1に
(9/26)宇津木が先制本塁打・日本1―0米国・4回表
(9/26)ソフト決勝、2回表までで無得点・日本の先発は増渕
(9/25)米国が決勝進出・26日に日本と対戦
<ソフトボール予選リーグ勝敗表>(9月23日終了時点)
(9/25)<解説者の目>日本、チームのまとまりが良い――ソフトボール鈴木征氏
(9/25)日本が1対0で豪下し決勝進出
(9/25)破竹・日本「心は一つ」・銀以上が確定
(9/25)米国が中国下し3位決定戦へ
(9/25)フルメンバーで臨みたい・決勝に意気込む
(9/25)増淵の快投で1点守り抜く・準決勝
(9/25)増淵はすごい投手・オーストラリア監督
(9/23)日本、7戦全勝で予選リーグ終了
(9/23)豪州は6勝1敗に・準決勝で日本と対戦
(9/22)日本、予選1位に・伊下し6戦全勝
(9/22)豪州が中国破る・準決勝で日本と対戦
(9/21)日本のメダル確定・4―3でカナダ下す
(9/21)日本、アトランタの無念晴らす
(9/21)日本、延長10回の接戦制す
(9/21)豪州が米国破る
(9/21)予選リーグでイタリアが勝つ
(9/20)日本、延長戦を制し4連勝・豪を1−0で下す
(9/20)メダル獲得へ最短距離
(9/19)日本が3連勝・延長11回、米国を破る
(9/19)日本高々とガッツポーズ
(9/19)タイブレークとは
(9/19)石川ら選手の粘りが勝因・メダル獲得へ大きな1勝
(9/19)大金星は周到な準備の結果
(9/18)日本、中国を破り2連勝・ソフトボール
(9/18)相手は母国・宇津木麗頼もしく
(9/18)日本、第一関門を突破・投打かみ合い中国に快勝
(9/18)予選2位でメダルが確定
(9/17)日本、キューバに快勝・予選
(9/10)「何が何でもメダル取る」監督が会見で抱負
(8/28)日本女子、キューバに快勝・親善試合第1戦
(8/1)ボールが良く飛ぶバット・女子ソフトに新兵器
(7/30)日本が2連勝・五輪壮行試合
(7/29)日本、第1戦に快勝・五輪壮行試合
(7/28)女子日本代表、新ユニホームとバット発表
(6/23)高山、五輪予選リーグ開幕投手に
(5/17)ソフトボール代表に安藤、高山ら15人
(5/17)前回の悔しさばねに活躍を・ソフトボール代表の宇津木
(1/17)ソフトで日本はキューバと初戦・五輪

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.