NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/14)中田英、絶妙パスで決勝点
 アトランタでの祭典から4年。巡る五輪のサイクルは中田英寿を世界のサッカー界で名の知れた「HIDETOSHI NAKATA」として成長させた。日本選手で最初のイタリア一部リーグ(セリエA)での成功者は今、キャンベラで悠然と二度目の五輪の舞台に現れた。

 後半34分、中田英らしい決勝点の演出だった。予選リーグ初戦の南アフリカ戦。左に流れながら、中央のスペースをついた高原へ絶妙のラストパス。これが苦しい展開を決着させた。

 存在を知られるからこその厳しいマーク。前半からなかなか前を向いたプレーはできなかったが、大事な場面で存在感を発揮した。

 4年前、まだ19歳だった彼は不完全燃焼のままで五輪を終えた。当時の監督の守備的な戦術に反発し、第3戦のハンガリー戦では出場機会を失った。チームは予選リーグで敗れた。

 飽くなき向上心…。この後の成長は言うまでもない。翌1997年に日本代表入りし、ワールドカップ(W杯)フランス大会初出場の原動力となる。

 本大会後にはセリエAのペルージャ入り。各国から実力者が集まり、高レベルのイタリアでも中心選手の地位を得た。ことしの1月、有力クラブのローマへ移籍したことは「NAKATA」の力が認められた証(あかし)だろう。

 シドニーの大会前、中田英は「ここ(キャンベラ)は五輪のイメージとは程遠いところがある。シドニーに戻りたい」と語った。

 思えば4年前、アトランタ五輪に参加しながら、予選リーグで敗退した日本はアトランタには戻ってこなかった。五輪開催都市でのプレー。中田英には「今度こそ」の思いがある。

 日本がシドニーで戦うには少なくとも準決勝進出が必要だ。望みをかなえるための初戦で最良の勝ち点3をものにしたが、中田英はいつもの彼らしく淡々としていた。当然、まだ喜びには浸れない。(キャンベラ共同)

[競技別:サッカー]その他の記事 --------------------
(9/30)目覚めた「不屈のライオン」
(9/30)カメルーン、高い身体能力で伝統国圧倒・夢ではないアフリカの時代
(9/30)個人技の高さ、随所に光る・カメルーンが優勝
(9/30)「浪速の黒ヒョウ」エムボマ、優勝の充実感に浸る
(9/29)銅はチリ、サモラノ2得点・男子
(9/28)女子はノルウェーが初の金
(9/26)スペイン、同じ陣形での技比べを制す
(9/24)GK楢崎は左前頭骨を骨折・米国戦で中沢と激突
(9/24)女子決勝は米国vsノルウェー
(9/23)日本、PK戦で敗れ準決勝進出ならず・ブラジル、Vゴール負け
(9/23)再三の逸機が響く・日本、PK戦で米に敗れる
(9/23)「いい経験、将来につながる」トルシエ監督
(9/22)心強い中田英、森岡の復帰・日本、4強にらんで米国戦
(9/22)韓国監督が辞意・ベスト8進出逃し責任とる
(9/21)日本五輪代表、米国戦会場アデレード入り
(9/21)米国はタフなチーム・自信と同時に警戒の声も
(9/21)米国、欧州出稼ぎ組が守り固める・準々決勝で日本と対戦
(9/21)スロバキア大使館、サポーターからお礼の電話相次ぐ
(9/20)日本、決勝トーナメント進出・南ア敗れる
(9/20)堂々の8強も選手は「納得できない」
(9/20)敗戦から一転、大歓声・快挙に興奮のサポーター
(9/20)敗戦にも自信と手ごたえ・日本五輪代表
(9/20)中村、司令塔としてアピール十分
(9/20)「0−1は悪くない結果」トルシエ監督
(9/20)「日本の強さ認めざるを得ない」ブラジル監督
(9/20)「サッカー不毛の国」米国、予想以上に強敵か
(9/20)<女子サッカー>米・ノルウェーが4強進出
(9/20)「アトランタ再現を」・豪ブリスベーンにサポーター続々
(9/20)我々が失うものはない・トルシエ監督のボルテージ上がる
(9/19)A組は伊、C組は米が首位
(9/20)「勝ちたかった」宮本
(9/19)ブラジルの攻撃力を意識・練習から
(9/19)<女子サッカー>女子ブラジルが4強進出
(9/20)2連敗でもあきらめず南アに勝つ・スロバキア
(9/20)「愚かな2失点」南アフリカ監督
(9/19)負けても、哲学に合う試合・トルシエ監督、ブラジル戦に向け会見
(9/19)華麗な技、秀逸センス・中田不在の新司令塔に中村俊輔
(9/18)日本代表、決戦会場のブリスベーン着
(9/17)日本、スロバキア下し2連勝・8強進出はブラジル戦次第
(9/17)ブラジル戦、引き分け以上が条件に
(9/17)守備的MF全開・稲本、敵ゴールへ迫る
(9/17)中田英をFWに上げ、日本にリズム
(9/17)玄人好みのボランチ・守備固める明神
(9/17)「一生忘れられない日」・誕生日に勝利の贈り物
(9/16)中盤は中田英らの日本優位・スロバキア戦展望
(9/16)女子でドイツ4強一番乗り
(9/14)南ア戦、2−1で日本逆転勝ち
(9/14)高原2ゴールで逆転・対南アフリカ戦
(9/14)中田英、絶妙パスで決勝点
(9/14)トルシエ・ジャパン好発進
(9/14)「息子じゃないみたい」・高原選手の両親感激
(9/14)念願の金へ好スタート・ブラジル、華麗に快勝
(9/14)日本、勝ち点3の意味大きい――サッカー・金田喜稔氏
(9/14)日本−南アフリカ戦の会場にサポーター続々
(9/13)<女子サッカー>ドイツとブラジルが勝つ
(9/13)日本、きょう南アと対戦
(9/13)イタリア男子が白星発進・サッカーで五輪競技開始
(9/13)生きた伝統の鉄壁の守り、イタリアがV候補の片鱗
(9/13)サッカー日本代表、第一目標は予選リーグ突破
(9/13)2トップに柳沢、高原・サッカー代表、最後の調整
(9/13)南アフリカ、打倒トルシエに燃える
(9/13)愛称マチルダ、「運なく」女子オーストラリア代表完敗
(9/13)ヌード効果?で人気は絶大・女子サッカーの地元オーストラリア代表
(9/12)セットプレーの動き確認・日本代表が練習
(9/12)注目は豪州−イタリア・13日の見どころ
(9/12)男子は混戦模様・13日開幕
(9/12)AP通信の「注目5選手」に中田英も
(9/12)あす五輪全競技のトップ切りスタート
(9/11)日本代表が本格始動・フォーメーションを確認
(9/11)13日から競技開始・日本は14日に南アと第一戦
(9/10)サッカー男子代表ら、シドニーに到着
(9/9)会場は予定通り・芝は良好とFIFAが確認
(9/9)日本代表、シドニーへ出発・田中、中村ら競泳主力も

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.