NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/29)重・木下組の奇妙な会見
 競技を終えた選手から、こんなに奇妙な印象を受けた経験はなかった。2大会連続のメダル獲得に失敗したヨットの女子470級、重、木下組のことだ。

 2人一緒の記者会見。艇長の重は「クルー(木下)が仕上がっていなかった。これまではクルーの失敗をカバーしてきたが、今回はできなかった」と強い口調で言った。クルーの木下の方はずっと下を向いたまま。表情を変えずに「迷惑をかけて申し訳ない」とポツリ。

 2人の関係が、責める側と責められる側とに分かれて固まっているようにみえた。それが公に示されるのも変だった。

 約10年前にペアが結成されてからずっと2人の力量の差は埋まらなかった。松山和興コーチも、木下のミスをどう減らすかを課題に挙げ、指摘し続けた。

 そんな状況で、2人の仲が悪化するのは分かる。けんかになり、木下が意地を示す形で踏ん張る場面があってもよかった。だが「責める重、責められる木下」の役割が固定し、独特の暗い雰囲気が生まれた。

 「解散して新しいペアで」。そんな意見は日本セーリング連盟にもずっとあったが、結局、重を超える艇長、木下を超えるクルーが見つからない。木下もやめない。選手層が薄い日本独特の現象だろうか。

 ペアはおそらく解散する。将来、2人が笑ってヨットを語る日の訪れることを願ってやまない。〔共同〕

[競技別:ヨット]その他の記事 --------------------
(9/28)重・木下組、メダルならず・女子470級
(9/29)重・木下組の奇妙な会見
(9/26)佐藤は8回戦まで通算23位・女子ヨーロッパ級
(9/25)重・木下組、メダル絶望的
(9/24)重、木下組が3位に浮上・女子470級
(9/23)中村・佐々木組、49er級で通算16位
(9/22)重、木下組は7位・女子470級
(9/20)重・木下組、2回戦で8位
(9/20)重・木下組、1回戦での失敗響く
(9/18)中村、佐々木組が2位・49er級
(9/13)重・木下組「仕上がり具合よくない」
(8/26)あきらめず頑張りたい・重らヨット代表が会見
(8/7)中村、佐々木組が3位に・49er級
(5/20)重、木下組が日本代表に
(5/19)重、木下組が2位に・ヨット470級世界選手権
(5/16)重、木下組など決勝進出・ヨット470級世界選手権

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.