NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/4)初の決勝目指し調整・ペンリス湖の日本チーム
決勝進出を目指し本番会場で調整する軽量級ダブルスカルの武田・長谷組(4日午後)〔共同〕
 シドニー五輪のボート会場は、市内中心部から西へ約50キロのペンリス湖。静かで美しい湖で、日本のボート陣が「五輪史上初の決勝進出」の快挙を目指して調整に励んでいる。

 五輪の花形エイトで、審判艇に抜かれる悪夢も経験した日本のボートは、体重制限を設けた軽量級に活路を見いだした。五輪での軽量級採用2回目の今回は、男子ダブルスカルの武田大作(ダイキ)長谷等(中部電力)のペアが、7月のワールドカップ(W杯)で7位に入るなど、決勝(6艇進出)を視界に入れてシドニー入りした。

 「アトランタは選手村から会場が遠くて苦労した。今回は宿舎、食事も文句なしで最高の環境」と武田。チーム一行15人で、コース近くの家を3軒借りる特別態勢を組んだ。「風の様子を見ながら練習時間を設定できるのも便利」(鈴木壮治監督)という。

 「日本のボートが、本気で五輪の決勝を狙うのは初めて。目標達成は、これからの調整次第」とは大林邦彦コーチ。「決勝進出は最低の目標なんですよ」と武田は、上位進出にも意欲を示した。

〔共同〕

[競技別:ボート]その他の記事 --------------------
(9/23)男子かじなしフォアは英国
(9/23)英国の英雄レッドグルーブ、5大会連続の金
(9/22)武田、長谷が初の決勝進出・男子軽量級ダブルスカル
(9/20)武田、長谷組が準決勝へ
(9/19)米国、5種目で勝ち上がる
(9/18)日本勢、敗者復活戦へ
(9/4)初の決勝目指し調整・ペンリス湖の日本チーム
(7/19)武田、長谷など8選手が五輪代表に
(6/19)五輪代表、7月のW杯で最終決定・武田ら派遣

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.