NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/17)楢崎、ほんの一瞬で金が銀に・上村春樹氏
決勝で敗れ呆然とする楢崎(左)
 上村春樹・全日本柔道連盟強化副委員長 柔道の女子52キロ級で銀メダルになった楢崎教子(ダイコロ)の敗因は「ほんの一瞬」にある。平常心を失った時に、普段なら余裕でかわしている技をかけられてしまった。審判がベルデシア(キューバ)の「かけ逃げ」を指摘せず、むしろ楢崎に指導を与えたことは「これで審判はそう取るのか」という不安を呼び起こし本人の気持ちに影響を及ぼしてしまう。いつもと違う気持ちが出て、日ごろ自分で組み立てた取り組みの手順を間違え、そしてそれが動揺につながってしまった。その一瞬で決まってしまったのが今日の決勝だった。これが五輪、という感じだ。見えていたメダルは確実に金色だったが、一瞬の出来事で銀色になってしまった。個人的には決勝戦の最初、楢崎がかけた技の方がいい内容だった。楢崎を投げたベルデシアも驚いたのではないか。この選手も転んだかと思えば必死に技を決めてきたあたり、ただ者ではない。

 終了後、声をかけたが楢崎は泣きじゃくっていた。もう一回やるか、と聞くと「はい」と答えていた。日本選手団の中でも楢崎は一番安定しており、練習の組み立ても全部自分で決めることができるしっかりとした選手として、柔道関係者の信頼も厚い。それだけに金メダルを期待できたし、本人も取るつもりで決勝戦に臨んだと思う。

 一方、66キロ級の中村行成(旭化成)は減量も調整もうまくいっていたが、今日の試合はすべて集中力に欠けていた。いつもなら技をかけていくところを、場外に出て反則を取られるなど悪いパターンの試合運びだった。初戦、2回戦などは自分よりも実力が劣る選手だが、そこですでに面食らった部分があった。意外に対戦相手が前に出てくるのであわてたら場外に出てしまった、というのは自分の思うような柔道ができていないということ。1つの動揺が悪い方へ、悪い方へ向かっていった。指のテーピングははげただけだったが今回は心の問題の方が大きい。

 柔道は短期間の勝負で、気持ちを高めて気力を持たなければなかなかつかめない。中村は2回戦でもう息が上がってしまっていて、その後の休憩も気持ちが切り替わらないまま進んでしまった。技の切れはあるのだが、気迫や体の底からわき出てくるものというのが薄らいできた。決しておろそかな練習をしていたわけではないが、自分の思いとは違う方向に試合が流れていき元に戻していけない精神的な負担があったのだろう。迷えば難しい方へ物事を考えてしまうものだ。

 18日は女子57キロ級に日下部基栄(福岡県警)、73キロ級に中村兼三(旭化成)が登場する。中村はアトランタ五輪金メダルで。パリ世界選手権も制したが、五輪出場権を取るまでの道は険しくはい上がってきた。今、ちょっと迷いはあるようだがこの種目では世界1、2位の力がある。相手と組み技を出せるか期待したい。日下部は21歳の新鋭で最近ぐんぐん伸びている。思い切って攻めていけばいい。練習でこなしたことを使いこなせば面白い試合をしてくれそうだし、表彰台に立てる。メダルも近い。いかに自分に自信を持たせる練習をしたのか、いかに勝つための試合を積み重ね経験してきたか、その中から自分がどういう意味を見いだしてくるのか、ということが大事だ。それで初めて自信を持つことが出来る。(シドニーで、聞き手は遠藤繁)

[競技別:柔道]その他の記事 --------------------
(9/23)100キロ超級金メダルのドイエが引退へ・今後は後進を育成
(9/23)判定が覆らないことを確認・篠原の決勝で国際柔道連盟
(9/23)篠原の判定、明らかなミスジャッジ・佐藤総監督が見解
(9/22)篠原、銀も悔し涙で笑顔なし・男子100キロ超級、判定に疑問
(9/22)「判定まさか」篠原無念
(9/22)抗議にもジャッジは覆らず・日本、きょうにも正式抗議
(9/22)篠原、銀にとどまる・男子100キロ超級
(9/22)「そんな……」と判定に絶句・篠原選手の母校
(9/22)男子100キロ超級決勝、判定巡り紛糾
(9/22)山下、終了直前の一本で銅・女子78キロ超級
(9/22)山下、「先に先に」貫く
(9/22)山下選手銅メダルで勤務先の大阪府警、喜びに包まれる
(9/22)篠原、一本勝ちで決勝進出・男子100キロ超級
(9/22)篠原、優勢勝ちで準決勝進出・男子100キロ超級
(9/22)山下、一本勝ちで準決勝進出・女子78キロ超級
(9/22)篠原、ベスト8へ・男子100キロ超級
(9/22)山下が3回戦進出・女子78キロ超級
(9/22)篠原が3回戦進出・男子100キロ超級
(9/21)井上、すべて一本勝ちで金メダル・男子100キロ級
(9/21)井上、パーフェクトで末恐ろしい――柔道・上村春樹氏
(9/21)井上、重圧はねのけ次々一本
(9/21)井上、気迫の金・泣き母への誓い果たす
(9/21)人間的に成長、大人の柔道家に・金メダルの井上
(9/21)柔道・井上金メダルに東海大「バンザイ」の声
(9/21)井上、日本に4個目の金
(9/21)受け継いだ山下流柔道・井上、教え生かして金
(9/21)「康生、上を向いて歩け」・亡き母の思いかなった
(9/21)阿武、初戦敗退・女子78キロ級、男子100キロ級の井上は4回戦へ
(9/21)五輪の重圧に負けた・阿武、また初戦で敗退
(9/21)「集中できなかった」・阿武、悔しい初戦負け
(9/20)吉田痛恨・31歳の挑戦、負傷で幕
(9/20)吉田、完全脱きゅう・関係者「骨に異常なし」
(9/20)吉田、担架で病院へ・投げ技こらえようと畳に右腕
(9/20)吉田、右ひじ傷め敗者復活戦を棄権・男子90キロ級
(9/20)上野、メダルならず・女子70キロ級、敗者復活戦で敗れる
(9/19)滝本、終始攻めて「金」・男子81キロ級
(9/19)滝本、守りの弱さを技でカバー
(9/19)「滝本はたくましくなった」中高時代の恩師
(9/19)天才肌の柔道で頂点・滝本、持ち味発揮で金
(9/19)前田、初戦でまさかの敗退・柔道女子63キロ級
(9/19)まさかの初戦敗退・五輪にのまれた前田
(9/18)女子57キロ級で日下部が銅・中村兼はメダルに届かず
(9/18)日下部、金目指せる選手に・上村春樹氏
(9/17)楢崎、銀メダル獲得・女子52キロ級
(9/17)楢崎、ほんの一瞬で金が銀に・上村春樹氏
(9/17)技出せず、楢崎に厚い金の壁
(9/18)日本に厳しい判定?アベックVで逆風か
(9/18)英アラン選手、髪切っても体重超過・女子柔道代表出場できず
(9/17)男子66キロ級の中村行、敗者復活戦4回戦で敗退
(9/17)キヨシ・ウエマツ(スペイン)、メダル届かず
(9/17)「金メダルと一緒に寝た」・田村、野村が一夜明け会見
(9/16)田村、集中力と経験の金――柔道・上村春樹氏
(9/16)野村、開始14秒で「金」つかむ・男子60キロ級
(9/16)野村V2、軽量級初
(9/16)「初恋メダルです」・田村選手、手に取りキス
(9/16)田村、一本で「金」決めた・女子48キロ級決勝
(9/16)女王田村、3度目ついに
(9/16)「柔ちゃん」金メダルへの道
(9/16)緊張隠せない田村
(9/7)日本の「金」は田村ら7個・米誌がメダル予想
(8/28)アトランタ上回る金を・柔道チームが五輪壮行会
(8/26)長嶋監督が柔道の田村、井上を激励
(8/1)旗手に柔道の井上、主将に野球の杉浦を起用・JOC

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.