NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/16)野村V2、軽量級初
 田村の優勝が決まると、日の丸がはためく会場は異様な盛り上がり。ざわつきが消えない中で決勝を迎え、集中しにくい状況に思えたが、腹の据わった万能柔道家に動揺は全くない。

 「アトランタは同じ日に決勝で向こうが負けて、僕が優勝。逆にならんように、気を引き締めた」とあっけらかんと言い放った。

 開始から10秒あまり。鄭富競(韓国)の内またを返すと、押しつぶすように投げて一本勝ちした。どういう技で勝ったのかもわからず、「あー勝ったんや、みたいな感じ」。アトランタに続く連覇の瞬間だった。

 日本選手では、1984年のロサンゼルス、88年のソウルで95キロ超級を制した斉藤仁(全日本男子コーチ)以来、史上2人目となる五輪連覇。軽量級では国内外を通じ、正式競技に採用された64年の東京以来、初の快挙である。

 「軽量級はスピードとスタミナが要求される。だからピークも早いし、選手寿命も短いんです」と野村は言う。叔父の豊和氏、母校天理大の先輩、細川伸2.全日本担当コーチは、ともに軽量級の五輪金メダリスト。その2人に立ちはだかった二大会目の壁を、乗り越えた。

 アトランタで頂点に立ち、97年パリの世界選手権で初優勝すると、目標を失い、無気力な状態に陥った。練習に身が入らず、国内の大会でも勝てなくなった。「1番苦しかった」という時期。だが、昨秋の英国・バーミンガムでの世界選手権で代表を逃すと、挑戦心が再燃した。

 世界的にはまだ無名に近かったアトランタとは違って、本命視される重圧がかかる中での金メダル。だから「今回の方が喜びは大きいです」。大会前は最後の五輪と言っていたが、試合後は「4年後、三連覇できるかなと、頭にちょっとよぎってきている」。そのくらい、野村の柔道は完成度が高い。(岩本一典)

[競技別:柔道]その他の記事 --------------------
(9/23)100キロ超級金メダルのドイエが引退へ・今後は後進を育成
(9/23)判定が覆らないことを確認・篠原の決勝で国際柔道連盟
(9/23)篠原の判定、明らかなミスジャッジ・佐藤総監督が見解
(9/22)篠原、銀も悔し涙で笑顔なし・男子100キロ超級、判定に疑問
(9/22)「判定まさか」篠原無念
(9/22)抗議にもジャッジは覆らず・日本、きょうにも正式抗議
(9/22)篠原、銀にとどまる・男子100キロ超級
(9/22)「そんな……」と判定に絶句・篠原選手の母校
(9/22)男子100キロ超級決勝、判定巡り紛糾
(9/22)山下、終了直前の一本で銅・女子78キロ超級
(9/22)山下、「先に先に」貫く
(9/22)山下選手銅メダルで勤務先の大阪府警、喜びに包まれる
(9/22)篠原、一本勝ちで決勝進出・男子100キロ超級
(9/22)篠原、優勢勝ちで準決勝進出・男子100キロ超級
(9/22)山下、一本勝ちで準決勝進出・女子78キロ超級
(9/22)篠原、ベスト8へ・男子100キロ超級
(9/22)山下が3回戦進出・女子78キロ超級
(9/22)篠原が3回戦進出・男子100キロ超級
(9/21)井上、すべて一本勝ちで金メダル・男子100キロ級
(9/21)井上、パーフェクトで末恐ろしい――柔道・上村春樹氏
(9/21)井上、重圧はねのけ次々一本
(9/21)井上、気迫の金・泣き母への誓い果たす
(9/21)人間的に成長、大人の柔道家に・金メダルの井上
(9/21)柔道・井上金メダルに東海大「バンザイ」の声
(9/21)井上、日本に4個目の金
(9/21)受け継いだ山下流柔道・井上、教え生かして金
(9/21)「康生、上を向いて歩け」・亡き母の思いかなった
(9/21)阿武、初戦敗退・女子78キロ級、男子100キロ級の井上は4回戦へ
(9/21)五輪の重圧に負けた・阿武、また初戦で敗退
(9/21)「集中できなかった」・阿武、悔しい初戦負け
(9/20)吉田痛恨・31歳の挑戦、負傷で幕
(9/20)吉田、完全脱きゅう・関係者「骨に異常なし」
(9/20)吉田、担架で病院へ・投げ技こらえようと畳に右腕
(9/20)吉田、右ひじ傷め敗者復活戦を棄権・男子90キロ級
(9/20)上野、メダルならず・女子70キロ級、敗者復活戦で敗れる
(9/19)滝本、終始攻めて「金」・男子81キロ級
(9/19)滝本、守りの弱さを技でカバー
(9/19)「滝本はたくましくなった」中高時代の恩師
(9/19)天才肌の柔道で頂点・滝本、持ち味発揮で金
(9/19)前田、初戦でまさかの敗退・柔道女子63キロ級
(9/19)まさかの初戦敗退・五輪にのまれた前田
(9/18)女子57キロ級で日下部が銅・中村兼はメダルに届かず
(9/18)日下部、金目指せる選手に・上村春樹氏
(9/17)楢崎、銀メダル獲得・女子52キロ級
(9/17)楢崎、ほんの一瞬で金が銀に・上村春樹氏
(9/17)技出せず、楢崎に厚い金の壁
(9/18)日本に厳しい判定?アベックVで逆風か
(9/18)英アラン選手、髪切っても体重超過・女子柔道代表出場できず
(9/17)男子66キロ級の中村行、敗者復活戦4回戦で敗退
(9/17)キヨシ・ウエマツ(スペイン)、メダル届かず
(9/17)「金メダルと一緒に寝た」・田村、野村が一夜明け会見
(9/16)田村、集中力と経験の金――柔道・上村春樹氏
(9/16)野村、開始14秒で「金」つかむ・男子60キロ級
(9/16)野村V2、軽量級初
(9/16)「初恋メダルです」・田村選手、手に取りキス
(9/16)田村、一本で「金」決めた・女子48キロ級決勝
(9/16)女王田村、3度目ついに
(9/16)「柔ちゃん」金メダルへの道
(9/16)緊張隠せない田村
(9/7)日本の「金」は田村ら7個・米誌がメダル予想
(8/28)アトランタ上回る金を・柔道チームが五輪壮行会
(8/26)長嶋監督が柔道の田村、井上を激励
(8/1)旗手に柔道の井上、主将に野球の杉浦を起用・JOC

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.