NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(8/10)日本馬術連盟、えさも輸送・デリケートな馬の体調考え
 動物を扱う競技の馬術。人馬一体となって初めて好成績が出せるこの競技では、馬の体調管理が勝負のカギとなる。シドニー五輪でも、馬が普段食べているのと同じえさを各国チームが輸送する念の入れようだ。

 日本馬術連盟で代表馬のえさの手配を担当する浅枝里美さんは「デリケートな馬だと、えさの中に普段と違うものがひと切れあるだけで全然食べなかったり、食べてじんましんが出たりする」と話す。

 日本代表の馬は八選手で10頭。いずれも欧州馬で、フランスとオランダから各3頭、英国、ドイツから各2頭の予定だ。

 今回は、英国とフランスの馬がそれぞれの国からえさを持参する。えさは麦やトウモロコシなど穀物の混合だが、国やえさメーカーによって割合や味付けが異なる。口に合わないえさを馬が食べなければ、力が出ないばかりか、病気の心配も生じてくる。

 英国からは同国馬術連盟と連携して輸送。しかし、フランスに関しては、オーストラリアの輸入許可からえさメーカーとの交渉まで、浅枝さんが日本から国際電話やファクスで何度もやりとりしてようやく段取りをつけた。

 えさ以外にも、長時間の移動によるストレス、現地での検疫、新しい環境への適応など馬への注意は片時も怠れない。日本代表の馬の現地入りは8月21日。大会が終わって帰るまで、1カ月以上の長丁場となる。

〔共同〕

[競技別:馬術]その他の記事 --------------------
(10/1)納得がいかない・杉谷
(9/30)独の連勝ストップ・馬場馬術個人、オランダのファンフルンスフェンが金
(9/27)ドイツが5大会連続V・馬場馬術団体
(9/25)林の18位が日本勢最高・障害飛越個人1次予選
(9/20)加藤は16位スタート・馬場馬術
(9/18)日本は2人棄権で失権・総合団体
(9/17)日本は馬術9位・総合馬術団体
(8/10)日本馬術連盟、えさも輸送・デリケートな馬の体調考え
(7/25)白井、杉谷ら8選手が代表に決定
(5/25)金メダルで1000万の報奨金・日本馬術連盟

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.