NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/26)沖、個人ロードレースで41位
 女子個人ロードレースを行い、トラック種目の3000メートル個人追い抜きで優勝したゼイラートファンモールセル(オランダ)が3時間6分31秒で勝った。沖美穂(チェブロ・アートネイチャー)は、41位で完走した。

 雨中の女子個人ロードレースを41位で完走した沖は、満足感でいっぱいだった。

 同種目は17.1キロの周回コースを7周して競う。「このメンバーならいつもは1周目でちぎられるのに、頑張れた」。ぬれた路面でスリップし、5周目の半ばで転倒したという。だが、それまでは先頭集団に食らいつき「2周目の途中には少しだけどトップにも出た」と胸を張った。

 スピードスケート選手としてワールドカップ(W杯)出場経験もある。冬、夏両五輪に出場した橋本聖子の影響で自転車を始めた26歳は「もうやめようかと思っていたが、これだけ走れれば、まだ可能性がある。4年後までやろうかと思う」と話した。

〔共同〕

[競技別:自転車]その他の記事 --------------------
(9/30)12年ぶりの五輪優勝・34歳のエキモフ
(9/30)ゼイラートファンモールセルが金・女子個人ロードタイムトライアル
(9/30)2週間で金3、銀1・ゼイラートファンモールセル
(9/26)沖、個人ロードレースで41位
(9/24)鈴木は34位・マウンテンバイク男子
(9/23)南部は26位・女子マウンテンバイク
(9/21)ケイリンで日本勢完敗
(9/21)五輪デビューは無残な結果・日本勢、完敗
(9/21)太田、決勝進出ならず
(9/21)太田が準決勝進出・神山は失格
(9/21)世界のナカノが先導・五輪初登場のケイリン
(9/21)日本生まれの「ケイリン」が五輪デビュー
(9/18)太田と長塚は落選・男子スプリント
(9/17)日本新でもメダル逃す・自転車男子OSで日本5位
(9/12)“4億円軍団”が初練習・トラック日本チーム
(9/11)競輪の神山らシドニー到着
(8/9)五輪自転車代表、豪州で強化合宿・骨折の太田「不安ない」
(7/26)五輪代表に飯島を追加・日本自転車連盟
(7/16)長塚、神山の連係にめど・シドニー合宿終了
(7/14)課題克服に懸命、競輪界のエース神山・シドニー合宿で汗流す
(7/13)神山、長塚ら代表チームが強化合宿
(7/10)骨折の太田、11日に手術・メダルの有力候補
(7/9)太田が右鎖骨骨折
(6/18)神山、太田、長塚ら8人が代表
(6/17)稲村、五輪代表ほぼ確実に
(6/11)阿部と沖が五輪代表へ

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.