NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/21)五輪デビューは無残な結果・日本勢、完敗
 「最強の選手を送り込み、ケイリンの初代王者を!」―。こんな意気込みで、シドニーに臨んだ日本競輪界に、何とも無残な結果が待っていた。完敗だ。

 最初の衝撃は神山。敗者復活戦「3組」。4人で走ったレースの残り1周、ペダルを踏み込んで前に出た際、接触したスロバキアのイエラーベクが転倒、「走路妨害」と判定された。

 1着でゴールした神山に最下位への降格が知らされたのはレースの十数分後。「日本生まれの種目。金メダルを狙う」と言い続けてきた男は、しばらく泣きながらローラー上でペダルを踏み、顔を隠すように頭からタオルをかぶった。

 「先行のオオタ」を世界にアピールすると張り切っていた太田も準決勝で敗退。残り2周半で先に仕掛け、前に出たが、続いたしのぎ合いに持ちこたえられなかった。猛烈なダッシュをかけてきた他の選手に、はじき飛ばされるように最後尾に追いやられた。

 「ケイリンと競輪は別物」。「ライン」がなく、1人ひとりが「点」となって争うケイリンでは、いち早く仕掛けて先行するのが得策というのは2人とも十分承知していた。しかしこの日の2人はそれが早過ぎた。考え過ぎが気負いにつながった。

 元競輪選手の中野浩一氏は「これほど運が左右する競技はない。神山もちょっとしたアクシデントがああなった」と指摘した。

 シドニーでのケイリンを目標に、競輪選手中心のナショナルチームを結成して2年半。費やしてきたものの大きさを考えると、あまりにもやり切れない五輪デビューとなってしまった。(共同)

[競技別:自転車]その他の記事 --------------------
(9/30)12年ぶりの五輪優勝・34歳のエキモフ
(9/30)ゼイラートファンモールセルが金・女子個人ロードタイムトライアル
(9/30)2週間で金3、銀1・ゼイラートファンモールセル
(9/26)沖、個人ロードレースで41位
(9/24)鈴木は34位・マウンテンバイク男子
(9/23)南部は26位・女子マウンテンバイク
(9/21)ケイリンで日本勢完敗
(9/21)五輪デビューは無残な結果・日本勢、完敗
(9/21)太田、決勝進出ならず
(9/21)太田が準決勝進出・神山は失格
(9/21)世界のナカノが先導・五輪初登場のケイリン
(9/21)日本生まれの「ケイリン」が五輪デビュー
(9/18)太田と長塚は落選・男子スプリント
(9/17)日本新でもメダル逃す・自転車男子OSで日本5位
(9/12)“4億円軍団”が初練習・トラック日本チーム
(9/11)競輪の神山らシドニー到着
(8/9)五輪自転車代表、豪州で強化合宿・骨折の太田「不安ない」
(7/26)五輪代表に飯島を追加・日本自転車連盟
(7/16)長塚、神山の連係にめど・シドニー合宿終了
(7/14)課題克服に懸命、競輪界のエース神山・シドニー合宿で汗流す
(7/13)神山、長塚ら代表チームが強化合宿
(7/10)骨折の太田、11日に手術・メダルの有力候補
(7/9)太田が右鎖骨骨折
(6/18)神山、太田、長塚ら8人が代表
(6/17)稲村、五輪代表ほぼ確実に
(6/11)阿部と沖が五輪代表へ

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.