NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/21)日本生まれの「ケイリン」が五輪デビュー
本番会場のベロドロームでバンクの感触を確かめる自転車のトラック代表チーム〔共同〕
 日本生まれの自転車競技「ケイリン」が21日、五輪の舞台に初登場する。1980年の世界選手権で採用されてから20年。柔道に次ぐ、2つ目の“国技”のデビューに、努力を続けてきた関係者は感激を新たにしている。

 48年の福岡県小倉市(現北九州市)。戦後の焼け跡を復興するため地方財政を豊かにしようと、戦前からあった競馬をまねて競輪が誕生した。一獲千金を狙う当時の人々の心に火をつけて、2-3年の間に60ほどの競輪場が日本各地に誕生した。

 動物が相手の競馬と違って、選手たちの人間関係が勝負を左右するなど、よりギャンブル性の高い競技に、当初から批判もあった。

 72年には美濃部亮吉・東京都知事(当時)が後楽園競輪を廃止。「海外に普及させれば、暗いイメージを消し、明るいプロ競技として認められるのでは」と、日本自転車振興会が中心となって活動が始まった。

 世界選手権に日本の競輪選手を送り込む一方で、日本の競輪にも海外選手を招待。各国のコーチを招いたセミナーなども続けた。

 しかし世界で「ケイリン」の人気が高まったのには、もう一つ理由がある。「タイムスケジュール通りにきっちり終わり、しかも見栄えがする」とテレビ局に歓迎されたことだ。2-3分に凝縮された選手同士の駆け引きが、自転車競技好きの欧州人たちの心をとらえた。

 シドニー五輪での正式採用が決まった裏には、欧州からの支持に加え、実力の高いオーストラリアが「自分たちのメダルが増える」と計算したことも事実だ。

 複数の選手で「ライン」をつくらず、個人同士が点と点になって戦うなど「日本の競輪とは全く別の競技」(太田真一選手)。必ずしも日本に勝算があるわけではない。

 それでも「サシ」「マクリ」などの日本語が、そのまま英語として通用するニッポン生まれのスポーツ。太田選手は「初代金メダルは、やはり日本人で取りたい」と意欲をみせる。

 五輪採用まで努力を続けてきた日本自転車競技連盟の花岡宗助名誉会長は、シドニーのバンクで「本当にうれしい。たとえ日本が優勝できなくても五輪をきっかけに、さらに多くの国に普及してほしい」と競技の開催を心待ちにしている。〔共同〕

[競技別:自転車]その他の記事 --------------------
(9/30)12年ぶりの五輪優勝・34歳のエキモフ
(9/30)ゼイラートファンモールセルが金・女子個人ロードタイムトライアル
(9/30)2週間で金3、銀1・ゼイラートファンモールセル
(9/26)沖、個人ロードレースで41位
(9/24)鈴木は34位・マウンテンバイク男子
(9/23)南部は26位・女子マウンテンバイク
(9/21)ケイリンで日本勢完敗
(9/21)五輪デビューは無残な結果・日本勢、完敗
(9/21)太田、決勝進出ならず
(9/21)太田が準決勝進出・神山は失格
(9/21)世界のナカノが先導・五輪初登場のケイリン
(9/21)日本生まれの「ケイリン」が五輪デビュー
(9/18)太田と長塚は落選・男子スプリント
(9/17)日本新でもメダル逃す・自転車男子OSで日本5位
(9/12)“4億円軍団”が初練習・トラック日本チーム
(9/11)競輪の神山らシドニー到着
(8/9)五輪自転車代表、豪州で強化合宿・骨折の太田「不安ない」
(7/26)五輪代表に飯島を追加・日本自転車連盟
(7/16)長塚、神山の連係にめど・シドニー合宿終了
(7/14)課題克服に懸命、競輪界のエース神山・シドニー合宿で汗流す
(7/13)神山、長塚ら代表チームが強化合宿
(7/10)骨折の太田、11日に手術・メダルの有力候補
(7/9)太田が右鎖骨骨折
(6/18)神山、太田、長塚ら8人が代表
(6/17)稲村、五輪代表ほぼ確実に
(6/11)阿部と沖が五輪代表へ

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.