NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/30)旧東独のフィッシャー、7個目の金狙う
カヤックフォア500メートルで優勝しスタンドの声援に手を上げてこたえるドイツチーム・飛騨氏は氏がフィッシャー〔共同〕
 カヌーの女子レーシング種目は、旧ソ連、東欧勢がいまだに圧倒的な強さを誇る。その象徴的存在がカヤックフォアを制したドイツのメンバー、ビルギット・フィッシャー。旧東ドイツ出身で38歳になった今も、卓越した技術でドイツを引っ張る。

 カヌー史に残した実績は、もうだれも超えることはできない、といわれる。五輪では、1980年モスクワ大会カヤックシングルでの勝利を皮切りに、88年ソウル、92年バルセロナ、96年アトランタ、そして今大会と計五大会で手にした金メダル数は6個。世界選手権など国際大会でのメダル数は40個を超える。

 「メダルの数は問題ではない。重要なのは勝ち続けることで、わたしはそれを実現している」。チームメート3人がはしゃぐ中、ほとんど笑うこともなく、あっさり言った。パドルを手にしているときの表情は厳しく、近寄りがたいものがある。

 二児の母親。離婚しており、今はコーチを兼任しながらの生活を送る。「2人の子どもと自然の中で過ごすのが今は1番の楽しみ」と、帰国後は湖畔でのキャンプを楽しみにしているという。「子どもといる時間を充実させるためにも勝ち続けることが大切」。最終日の1日にはカヤックペアで、7個目の五輪金メダル取りに挑む。(共同)

[競技別:カヌー]その他の記事 --------------------
(10/1)フィッシャー、7個目金つかみ引退示唆
(10/1)強風で延期のカヌー、競技を開始
(10/1)男女計6種目の決勝、強風で開始延期
(9/30)ホルマンが連覇・男子カヤックシングル1000メートル
(9/30)旧東独のフィッシャー、7個目の金狙う
(9/28)ドーピング問題で2カヤック選手処分・豪国営放送が報道
(9/28)ホルマン、男子カヤックシングル決勝に進出
(9/27)ペース配分誤る・丸山、女子カヤックシングル、準決勝進出ならず
(9/26)ホルマンらが準決勝へ進出・男子カヤックシングル1000M
(9/20)シュミットが優勝
(9/19)安藤は落選
(9/18)ヒルゲルトバが2連覇・女子カヤックシングル
(5/10)カヌー代表に安藤と丸山が内定

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.