NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/27)メダル逃し、プロ選手も涙・初のプロ参加で屈辱の4位
 【シドニー27日共同】歓喜する韓国ナインを、一塁ベンチで日本選手たちがぼうぜんと見つめる。シーズン中でも見せない涙が一流プロのほおを伝い、落ちた。黒木知宏投手(ロッテ)田口壮外野手(オリックス)中村紀洋内野手(近鉄)そして松坂大輔投手(西武)も…。野球の日本チームは史上初のプロ、アマ合同チームで臨みながら三大会連続のメダルを逃し、屈辱的な史上最低の4位に終わった。

 メダルのかかった大1番にはやはり、松坂の姿があった。先発の決定は3日前。大田垣耕造監督は「体は大丈夫ということだったので」と打ち明けた。20歳になったばかりの右腕が日本の命運を握ることになった。

 161球を投げた23日の韓国戦から、わずか4日後。七回まで毎回の10奪三振で無失点の松坂に「0点で抑えている投手を途中で代えるわけにはいかなかった」と大田垣監督は、すべてを託した。その直後の八回、致命的な3点を失う。松坂投手は「チームの役に立てなくて悔しい」と責任を受け止めた。

 松坂が非凡な才能の持ち主であるがための起用だったが、プロ8人、アマ16人の24選手で挑んだ結果にしては4位はあまりに物足りない。

 キューバは国情の違いでプロこそ存在しないが、国内での練習環境はプロそのもの。米国は大リーガーではないが全員プロ。韓国に至っては、ほぼオールスターチームを編成した。

 しかし、日本は協力態勢でセ、パ両リーグの足並みがそろっていなかった。派遣に協力的だったパは松坂、黒木、中村ら主力級を送り込んだ。ペナントレースを重視したセは鈴木郁洋(中日)、河野昌人(広島)の2人。日本のプロ選手は、リーグによって質、量とも違いがあった。

 しかも、ライバル各国が大会開幕10日前にはオーストラリア入りし、練習試合を重ねる間、日本はほぼアマ選手だけで基本練習の反復。実質的にはプロとの合同練習のないまま本番を迎えた。

 プロとアマの力量差は数字に表れている。今大会9試合の日本のチーム打率は2割8分2厘。プロの打者5人平均が3割7分4厘なのに対し、アマはわずか2割2分6厘。大田垣監督は「アマに4割は要求はしない。守る方さえしっかりしてくれれば」と言った。しかし、肝心な場面で失策を重ねたのは皮肉にもアマ選手だった。

 決してアマ選手を責めているわけではない。プロが参加する大会は、中途半端な強化では勝てないことが明確になっただけ。プロ選手に遠慮の目立った首脳陣、プロ選手を選出した日本球界全体にはもっと大きな責任がある。松坂投手は3試合で合計428球の力投。この球数を決して無駄にしてはならない。

〔共同〕

[競技別:野球]その他の記事 --------------------
(9/27)日本、3大会連続のメダルはならず
(9/27)松坂力投も日本メダルなし・ファンから拍手とため息
(9/27)メダル以上に何か得た・涙ぬぐう杉浦投手
(9/27)メダル逃し、プロ選手も涙・初のプロ参加で屈辱の4位
(9/27)悔い残るゲームだけだった・松坂
(9/27)力を出し切れてない感じ・中村
(9/27)わずかの差で届かなかった・大田垣監督
(9/27)日本戦勝利は特別の意義・韓国監督
(9/27)打力を上げないと・ダイエー王監督
(9/27)古田に悔しさにじむ
(9/26)松坂、3位決定戦で先発
(9/26)日本は韓国と「銅」争い
(9/26)日本、キューバに0−3で完敗・準決勝、アマ打者打てず
(9/26)日本、攻守両面にミスして完敗
(9/26)大田垣監督「チャンスものにできず」
(9/26)日本、拙攻が響く
(9/26)キューバのリード、3点に広がる・6回裏
(9/26)キューバが1点先制・4回裏
(9/26)日本対キューバ、0―0続く・3回裏
(9/26)五輪野球準決勝、試合を再開
(9/26)五輪野球準決勝、雨で中断・1回裏
(9/24)日本は4勝3敗で4位・準決勝はキューバと
<野球予選リーグ勝敗表>(予選リーグ全日程終了)
(9/23)準決勝進出チーム出そろう
(9/23)日本、3大会連続で準決勝進出
(9/23)日本、延長戦の末韓国に競り負け
(9/23)日本、10回に守備の乱れ
(9/22)日本、南アを8―0で下す・4勝1敗に
(9/22)杉浦が初登板・五輪通算5勝目
(9/22)キューバが4勝目・予選リーグ
(9/21)松坂ら晴れやかな表情・日本代表が軽い練習
(9/20)日本、イタリアに6―1で快勝・3勝1敗に
(9/20)ここまで打たれるとは・先発の山田
(9/20)田中・中村、嫌なムード吹き飛ばす活躍
(9/20)豪州は南アを下し、2勝目
(9/20)キューバがオランダに敗れる
(9/19)日本、豪州破り2勝1敗に・黒木が力投
(9/19)アマの存在感と意地示す・沖原4安打4打点の活躍
(9/19)黒木、日の丸胸に快投・夢のマウンド「しびれました」
(9/19)米紙が松坂投手を絶賛・五輪の対米国戦で「日本の鉄人」と
(9/18)日本、オランダに快勝
(9/18)オーストラリアがプロ軍団の韓国破る
(9/17)米国サヨナラ本塁打、日本初戦敗れる・延長13回
(9/17)松坂投手、いいピッチングだった――野球・太田誠氏
(9/17)夢のマウンドで先発の大役
(9/17)痛恨のサヨナラ弾
(9/17)「これからですよ」と古田
(9/16)松坂らがナイターで調整
(9/14)シドニー入り、軽く練習・日本チーム
(9/14)豪州野球監督、世界制覇に意欲
(9/13)西武・松坂が金メダル宣言「一生に一度と思って」
(9/5)米国野球、合宿スタート・松坂攻略へ危機感も
(9/4)マツザカを打ち崩す・金へ自信の豪ニルソン
(9/4)豪野球選手、また代表を辞退・3選手目
(9/4)「金メダルを持ち帰りたい」・米代表が豪州入り
(9/3)日本が台湾にコールド勝ち・五輪壮行国際大会
(9/2)日本、キューバにサヨナラ勝ち・五輪壮行大会
(8/31)豪州エースが五輪断念
(8/17)キューバチームが来日・五輪への調整で
(8/10)中日・鈴木郁、21日から五輪代表に合流
(8/14)壮行試合で日本代表が快勝
(8/14)韓国の野球代表発表、本塁打王のイ・スンヨプらプロが主力
(8/11)古田不在の穴埋めなるか・注目される正捕手争い
(8/4)中日の鈴木捕手が日本代表に合流
(8/4)中日退団のディンゴ、地元五輪に集中・豪野球連盟が歓迎
(7/24)日本代表24選手を発表

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.