NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
競技別
(9/19)南北、さわやかに初対決・女子個人
 【シドニー19日=共同】初の南北対決は、シドニーの春風のようにさわやかに幕――。19日、シドニー五輪のアーチェリー女子個人で、韓国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が対決。お互い気負いも見せず、競技が終わると笑顔で一礼し合い、健闘をたたえあった。

 韓国3人、北朝鮮1人がベスト4を独占、「コリア」の強さを見せつけた準決勝。第一試合で韓国の金南順選手と北朝鮮のチェ・オクシル選手が対戦、観客席では統一旗を手にした韓国からの応援団が、両選手に惜しみない声援を送った。試合は地力に勝る金選手が勝ち、弓を納めた2人を韓国のコーチが引き寄せて一緒に写真におさまった。

 記者会見で南北対決への感想を問われた金選手は「特別な思いはなく、ただ同じチームの選手と会って競技をしたようだった」と一言。決勝で金選手に勝って金メダルを獲得した尹美進選手は「次の五輪には(南北が統一されて)一緒のチームで出場できたらと思う」と期待を込めた。

 一方、3位決定戦にも敗れてメダルを逸したチェ選手は控室に引き揚げる途中、無言のまま涙をぬぐった。

[競技別:アーチェリー]その他の記事 --------------------
(9/21)韓国が4連覇
(9/21)金水寧がチームの柱・若手2人と団体で金
(9/20)フェアウエザーが初の金
(9/20)牧山は15位
(9/19)南北、さわやかに初対決・女子個人
(9/19)川内、準々決勝で敗れる
(9/19)健闘の川内、準々決勝敗退も晴れやかな顔
(9/19)川内が初のベスト8入り
(9/19)冷静さ光る川内
(9/18)牧山が3回戦進出・男子個人
(9/18)松下が1回戦敗退
(9/16)川内紗代子、日本新記録をマーク
(9/16)女子団体で韓国が世界新
(8/7)男子団体で日本は7位に
(8/4)松下ら決勝ラウンド進出・デンマーク大会
(5/24)男子は松下が5度目の代表に・五輪選考会
(5/23)男子は松下がトップ・五輪選考会
(5/22)山本、松下らマッチ戦へ進出

競技別トップへ

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.