NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
競技別
解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
連載・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
解説者の目
(10/1)「男子マラソン、世界との壁予想以上」=解説・伊藤国光氏
鐘紡陸上競技部監督・伊藤国光氏
 伊藤国光・鐘紡陸上競技部監督 男子マラソンは考えていた以上に日本と世界との差が大きいことを痛感した。惨敗と言わざるを得ないし、力がない結果だ。世界のいろいろな大会で優勝して来た強豪たちがそろったシドニー五輪だったので、そういう大会で勝てない日本選手はシドニー五輪でもやはり勝てなかった。金メダルのアベラ(エチオピア)は昨年12月、福岡で優勝しており、その時すでに日本選手は歯が立たなかった。それが今回も繰り返された。3人共世界のレベルを肌で感じたはずだし、この経験は次に生かすべきだ。

 実際日本の選手に力がない。世界の選手と比べて過保護な面があって、受け身の戦いをしている。競り合いをしていない弱さが露呈した。負けてもいいからいろいろな競技会に出て、選手の癖や感覚をつかむことが重要だ。

 犬伏孝行(大塚製薬)は脱水症状で棄権したようだが、完走して欲しかった。五輪のレースはこれまで練習してきたことの証(あかし)でもある。理由はどうであれ棄権したことは、これも本人の力ということだ。走るのをやめてしまった、ということがその実力を語る上でのすべて。シドニー五輪のレースは二度と経験できないものだったし、棄権は残念な結果だと思う。五輪代表の陰には出たくても出ることができなかった選手が少なくない。そういう人が代表には期待して応援している。2時間でも3時間でもかかって良いし、歩いてでもいいからゴールして欲しかった。皆が後押ししていることを分かって欲しかったし、棄権はある意味で裏切り行為だったと感じる。

 佐藤信之(旭化成)は見せ場を作ることができなかった。仮に飛び出したとしても、シドニー五輪のレースならすぐに集団に追いつかれていただろう。そうなっていたら佐藤は精根尽き果てていたに違いない。去年の世界選手権はシドニー五輪に出てきた強豪が出場しなかったレースだった。本当の力がないと世界では通用しない、ということを改めて感じた。自分の場合もそうだったのだが、レースの流れを読み間違えたのだろう。風の要因も大きかった。

 川島伸次(旭化成)は21位で日本選手のトップだったが、別にレースで競り勝ったわけでもなく、勝ちに行ったわけでもない。走ったら21位だった、というだけのことだ。例えば女子マラソンの市橋有里のように、途中までは先頭集団についていた、というような次につながる何かが欲しかった。

 惨敗の一因は選手のメンタリティーが変わってきている点が随分大きい。日本という小さい中で戦って評価を受けるだけなので、悪い言い方をすればひ弱。どんどん世界に出て行くべきだ。日本の男子マラソンの現状が変わってしまったのは、予選会が1つにまとまっていない陸上界の現状があるように思う。選考会がばらばらなので、あの競技会は風が弱かった、この時は気温が低かった、などと言って強い選手の基準も分散している。統一した選考会をやれば、代表3人の中でだれが強いのかはっきりするし、それは五輪での活躍にもつながる。選手が自分の課題を克服することに神経を集中させることもできる。

 五輪に出場するまでの選手とコーチ、陸上関係者の関係のあり方にも惨敗の一因があると思う。周囲はどうしても結果について辛くなりがちで、もっと選手にあたたかくなってもいい。例えば弘山晴美(資生堂)は女子1万メートル決勝を受けてマラソンに打ち込む考えを示したが、陸上関係者が「1万メートルは残念だったからマラソンでばん回しよう」と応援してあげる姿勢が大切ではないだろうか。

 1万メートルからマラソンへ転校する背景には、スピード勝負の傾向が強くなっていることが大きい。女子で言えばロルーペ(ケニア)が本気を出せば怖いし、1万メートルのラドクリフ(英国)やワミ(エチオピア)がマラソンに転向してきたらやはりスピードの面で勝てないと感じてしまう。金メダルの高橋尚子(積水化学)だって10キロを30分台で走る練習をしていたという。スピードを高めることが重要になる。3000メートルの競技がなくなってしまったが、1500メートルのタイムを高める練習を取り入れるなど速度を上げていかなければならない。

 今後は日本のエースを育成する必要がある。自分の場合を言えば、どうやったら瀬古利彦や宗猛、宗茂らに勝つことができるのかということを日々一生懸命考えていた。いまはターゲットになる選手すらいない。まず日本できちんと戦う選手を育てることだろう。

 2―3年後を見据えた練習も求められる。自分の場合は2時間10分を切る選手の育成、という目標だったが、世界と戦うには優勝タイムが2時間5分、6分の時代になっているとの考えで練習しなければいけない。そして国際経験を多く積むことも重要だ。日本の中に閉じこもっているのではなく、外国の選手の中に交じっていかに戦っていくか考えていく必要がある。

 シドニー五輪を見て、力のある選手は大会の記録もやはり充実していた。日本の現状の力を思い知らされた気がしている。(シドニーで1日夜、聞き手は遠藤繁)

[解説者の目]その他の記事 --------------------
[陸上=解説・宮川千秋氏/伊藤国光氏/新宅永灯至氏]
(9/30)「高速化に限界を露呈」=女子1万メートル、日本勢入賞ならず
(9/29)「高岡、優勝目指さぬ走りで高順位を」=男子5000Mで高岡寿成が決勝進出
(9/29)「400メートルリレー、3位も8位もあり得る」=男子400Mリレー、日本が決勝進出
(9/28)「マリオン・ジョーンズ、逆境に強さ見た」=女子200M、ジョーンズが金
(9/27)「弘山、吹っ切れた予選」=女子1万メートル、日本勢3人が決勝進出
(9/27)「伊東・末続、お互いが触発」=男子200メートル、伊東浩司と末続慎吾が準決勝進出
(9/25)「高岡、入賞で目標達成」=男子1万メートル、高岡寿成が7位
(9/25)「フリーマンの金は先住民族の誇り」=女子400メートルでフリーマンが優勝
(9/24)「室伏、初回のファールが影響」=男子ハンマー投げ、室伏広治は9位
(9/24)「得意の形で勝負した高橋」=女子マラソン、高橋尚子が金メダル
(9/22)「伊東、調整に成功」=男子100メートルで伊東浩司が準決勝進出
[サッカー=解説・金田喜稔氏]
(9/30)「大会通じてレベル上げたカメルーンに神様が味方」=決勝、カメルーンがPK勝ち
(9/27)「説明し難いカメルーンの底力」=準決勝はカメルーンとスペインが勝利
(9/24)「日本、守備システムの柔軟な変更が課題」=準々決勝、日本は米国に敗戦
(9/20)「日本、攻撃面の共通理解必要」=日本、ブラジルに敗れるも準々決勝進出
(9/18)「ブラジル、攻守バランス良いが精神面にもろさ」=ブラジル、南アにまさかの敗戦
(9/14)「勝ち点3の意味大きい」=日本、初戦で南アに逆転勝ち
[野球=解説・太田誠氏]
(9/27)「松坂に打線や守備のカバーがあれば」=日本、3位決定戦で韓国に敗れる
(9/25)「すばらしい豪州の観客」=日本、予選リーグを4位で突破
(9/23)「松坂、初回の四球が痛かった」=日本、韓国に延長で敗戦
(9/19)「黒木、緊張の中で冷静な投球」=日本、豪州に逆転勝ち
(9/18)「攻守に日本らしさ発揮」=日本、オランダに勝ち初白星
(9/17)「松坂、いいピッチングだった」=日本、米国にサヨナラ負け
[ソフトボール=解説・鈴木征氏]
(9/26)「日本、世界一米国と力は互角」=決勝で日本は米に敗れ銀メダル
(9/25)「チームのまとまりが良い」=日本、準決勝で豪州下し決勝へ
(9/23)「日本、守備が素晴らしい」=日本、NZに勝ち予選全勝
(9/20)「明日勝てばメダル見える」=日本、豪州に勝ち4連勝
(9/19)「快挙の殊勲は石川と監督」=日本、強豪・米国を延長で下す
[競泳=解説・野口智博氏]
(9/23)「日本チーム、よくやった」=女子400メートルメドレーリレーで銅メダル
(9/22)「中尾、粘りで勝った」=200メートル背泳ぎで中尾美樹が銅メダル
(9/22)「源、決勝進出のチャンス」=女子50メートル自由形で源純夏が準決勝進出
(9/21)「田中、やるべきことはやった」=女子200メートル平泳ぎで田中雅美が7位
(9/21)「山田、決勝で勝負挑むか」=女子800メートル自由形で山田沙知子が史上初の決勝進出
(9/20)「目標の泳ぎ達成、自信を」=女子200メートル平泳ぎで田中雅美が決勝進出
(9/19)「中西・三田、自分でレース仕掛けよ」=女子200メートルバタフライ、中西悠子と三田真希が予選突破
(9/19)「萩原、瞬発力が低下」=女子200メートル個人メドレー決勝、萩原智子は8位
(9/18)「モカヌが強すぎた」=女子100メートル背泳ぎ、中村真衣が銀メダル
(9/18)「山本は好調、荻原は自己更新を」=男子200メートルバタフライ、山本貴司が予選突破
(9/17)「中村、決勝はマイペースで逃げろ」=女子100メートル背泳ぎ、中村真衣が決勝進出
(9/17)「中村に金のチャンス」=女子背泳ぎ100メートル、中村真衣が予選突破
(9/16)「田島の銀は”大健闘”」=女子400メートル個人メドレーで田島寧子が銀メダル
(9/16)「田島、金狙いで勝負か注目」=女子400メートル個人メドレー、田島寧子が予選突破
[柔道=解説・上村春樹氏]
(9/22)「審判のまずい判定が金阻止」=男子100キロ超級、篠原信一は銀メダル
(9/21)「井上、パーフェクトで末恐ろしい」=男子100キロ級で井上康生が金メダル
(9/20)「吉田、勝たせたかった」=90キロ級、吉田秀彦が3回戦で負傷
(9/19)「心の成長でつかんだ金」=男子81キロ級で滝本誠が金メダル
(9/18)「日下部、金目指せる選手に」=女子57キロ級で日下部基栄が銅メダル
(9/17)「楢崎、ほんの一瞬で金が銀に」=女子52キロ級、楢崎教子は銀メダル
(9/16)「田村、集中力と経験の金」=女子48キロ級と男子60キロ級で田村亮子と野村忠宏がダブル金
[体操=解説・具志堅幸司氏]
(9/25)「塚原の失敗、精神面の問題」=男子種目別鉄棒、塚原直也は最下位
(9/24)「岩井、着地の乱れと表現不足」=男子種目別つり輪、岩井則賢は7位
(9/21)「塚原、気持ち整理つかず」=男子個人総合、塚原直也は18位
(9/18)「着地のライン越え多すぎ」=男子団体総合、日本は4位
[ビーチバレー=解説・相楽幸子さん]
(9/25)「高橋・佐伯、功績大きい」=高橋有紀子・佐伯美香組、3位決定戦に敗れ4位
(9/23)「準決勝の敗因はミス」=高橋・佐伯組、ブラジル組に敗れ3位決定戦へ
[自転車=解説・鈴木孝幸氏]
(9/22)「日本勢、苦戦も世界レベルに一歩」=ケイリン、太田・神山は決勝進出ならず
Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.