NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
競技別
解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
連載・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
解説者の目
(9/20)「吉田、勝たせたかった」=90キロ級、吉田秀彦が3回戦で負傷
全日本柔道連盟強化副委員長・上村春樹氏
 上村春樹・全日本柔道連盟強化副委員長 20日は大変だった。90キロ級の吉田秀彦が3回戦で負傷。腕の形が反対の方向を向いてしまうほどの完全脱きゅうだった。相手がすくい投げをかけてくるのを予測しながら様子を見て技をかけようとしてとどまった、そのすきを突いてたまたまかけた技が100パーセント決まって投げられてしまった。吉田が悪いのではないし、決して失敗ではない。

 3回戦では普通の吉田ならかける技のタイミングでも、確実に勝ちたい気持ちから慎重になっていた。これが五輪だ。その瞬間、相手は確実につかんできた。この相手はバーミンガムで一本勝ちしている。手ごわい相手ではなかった。偶発的にかかった技に軍配が上がったのであり、何1000分の1の確率の結果が今回の試合だ。

 吉田は初戦が左の相手だったので力は吉田が上でもスタミナを消耗するので苦戦になり不安材料であることは指摘していた。試合後はかなり元気だったが、次の2回戦では技が出なかった。吉田が世界チャンピオンであり、出場選手は皆、王者の技を研究してくる。相手もよく研究してきたし、反則勝ちだったので吹っ切れた気持ちでの勝利だったとは言い難い。自分のリズムを出しにくい感じの中で迎えた3回戦、そして負傷だっただけに悔しいはず。ぜひ勝たせたかった。この大会では世界チャンピオンの金メダルは田村亮子とキューバの選手を除き、男子ではだれもいない。吉田なら、と思っていた。

 年齢が30歳を超えているので試合の組み立ては自分で決める。最高のリズムに持っていくため、勝つためのことは確実にやって、その最高潮で世界の頂点に立てる。運を呼び込むリズムを作ることも必要だ。これが分かっていて、3回戦ではっとする技に出会ってしまったというのがシドニー五輪の吉田だった。

 私は吉田が金メダルを取ったら一区切りをつけさせたかった。ただ本人はケガしたばかりで進退は何とも言えない。自分の中で決着が付けられなかったら辞める気にはならないもの。自分の心の中で、負けたことに対する悔いが残るし悩むはず。もしかしたら選手生活を辞めてしまうかもしれない。あるいはアテネ五輪ではなく全日本選手権に照準を定めるかもしれない。本人が決断を言ってくるまでこちらは待つ。心で決着をつけないと良い指導者にもなれない。ただ指導者は正直言って裏方の仕事だ。相当の覚悟が必要で、やるならば目標がいる。選手生活は十分だ、という気持ちならそれはそれでいいと思う。

 心のかっとうは自分で乗り越えないといけない。勝負に対する執念を持ち五輪でその集大成をして結論をつけたかった吉田だから、まだ中途半端に終わっている気分だと思う。自分で目指してきた五輪がこの形で阻まれたわけだが、現役復帰か完全に指導者に専念するかは本人次第だ。

 女子70キロ級の上野雅恵(住友海上)は正直言ってよくやったと思う。攻めて攻めて攻めまくるということを目指していたが、五輪で自分の気持ちに焦りが出た。先に主導権を取ろうとしていたのだが自分に適したリズムはあるもので、2回戦は後半で疲れていた。攻めすぎはスタミナを消耗する。オーバーペースになると必ず自分に跳ね返ってくる。ただ喜ばしいのは攻める気持ちを持ってくれたことだ。成長の余地はある。体力をつけ攻めのパターンを多く持つこと。攻め投げなどにとどまらず多くのパターンの勉強が欠かせない。

 技をかけるというのは危険を伴うしこわいもの。普通の選手は攻撃パターンを作って気持ちを追いつかせる。ただ上野は心から始まった。まだ21歳、この気持ちを持ち続けられるならアテネ五輪では金を狙える。まだまだ時間のかかる距離にいるが努力は決して無駄ではない。

 21日はいよいよ井上康生(東海大)が男子100キロ級で登場する。彼は調子が良い。この階級は体の大きい選手が多いので油断できない。それから吉田のようなアクシデントには気を付けることだ。男子100キロ超級の篠原信一(旭化成)と並んで大黒柱なので是非勝って欲しい。阿武教子(警視庁)は女子78キロ級に出場するが右手首をケガしており調子はそんなに良くない。調整はどうにかやっている。オリンピックのチャンピオンになりたいという勝ちに対する執念がどこまで出るか。これは試合でしか分からない。だれでも勝ちたい気持ちは持てるが持続できない。最後の1秒まで持てるかが見どころだ。(シドニーで21日未明、聞き手は遠藤繁)

[解説者の目]その他の記事 --------------------
[陸上=解説・宮川千秋氏/伊藤国光氏/新宅永灯至氏]
(9/30)「高速化に限界を露呈」=女子1万メートル、日本勢入賞ならず
(9/29)「高岡、優勝目指さぬ走りで高順位を」=男子5000Mで高岡寿成が決勝進出
(9/29)「400メートルリレー、3位も8位もあり得る」=男子400Mリレー、日本が決勝進出
(9/28)「マリオン・ジョーンズ、逆境に強さ見た」=女子200M、ジョーンズが金
(9/27)「弘山、吹っ切れた予選」=女子1万メートル、日本勢3人が決勝進出
(9/27)「伊東・末続、お互いが触発」=男子200メートル、伊東浩司と末続慎吾が準決勝進出
(9/25)「高岡、入賞で目標達成」=男子1万メートル、高岡寿成が7位
(9/25)「フリーマンの金は先住民族の誇り」=女子400メートルでフリーマンが優勝
(9/24)「室伏、初回のファールが影響」=男子ハンマー投げ、室伏広治は9位
(9/24)「得意の形で勝負した高橋」=女子マラソン、高橋尚子が金メダル
(9/22)「伊東、調整に成功」=男子100メートルで伊東浩司が準決勝進出
[サッカー=解説・金田喜稔氏]
(9/30)「大会通じてレベル上げたカメルーンに神様が味方」=決勝、カメルーンがPK勝ち
(9/27)「説明し難いカメルーンの底力」=準決勝はカメルーンとスペインが勝利
(9/24)「日本、守備システムの柔軟な変更が課題」=準々決勝、日本は米国に敗戦
(9/20)「日本、攻撃面の共通理解必要」=日本、ブラジルに敗れるも準々決勝進出
(9/18)「ブラジル、攻守バランス良いが精神面にもろさ」=ブラジル、南アにまさかの敗戦
(9/14)「勝ち点3の意味大きい」=日本、初戦で南アに逆転勝ち
[野球=解説・太田誠氏]
(9/27)「松坂に打線や守備のカバーがあれば」=日本、3位決定戦で韓国に敗れる
(9/25)「すばらしい豪州の観客」=日本、予選リーグを4位で突破
(9/23)「松坂、初回の四球が痛かった」=日本、韓国に延長で敗戦
(9/19)「黒木、緊張の中で冷静な投球」=日本、豪州に逆転勝ち
(9/18)「攻守に日本らしさ発揮」=日本、オランダに勝ち初白星
(9/17)「松坂、いいピッチングだった」=日本、米国にサヨナラ負け
[ソフトボール=解説・鈴木征氏]
(9/26)「日本、世界一米国と力は互角」=決勝で日本は米に敗れ銀メダル
(9/25)「チームのまとまりが良い」=日本、準決勝で豪州下し決勝へ
(9/23)「日本、守備が素晴らしい」=日本、NZに勝ち予選全勝
(9/20)「明日勝てばメダル見える」=日本、豪州に勝ち4連勝
(9/19)「快挙の殊勲は石川と監督」=日本、強豪・米国を延長で下す
[競泳=解説・野口智博氏]
(9/23)「日本チーム、よくやった」=女子400メートルメドレーリレーで銅メダル
(9/22)「中尾、粘りで勝った」=200メートル背泳ぎで中尾美樹が銅メダル
(9/22)「源、決勝進出のチャンス」=女子50メートル自由形で源純夏が準決勝進出
(9/21)「田中、やるべきことはやった」=女子200メートル平泳ぎで田中雅美が7位
(9/21)「山田、決勝で勝負挑むか」=女子800メートル自由形で山田沙知子が史上初の決勝進出
(9/20)「目標の泳ぎ達成、自信を」=女子200メートル平泳ぎで田中雅美が決勝進出
(9/19)「中西・三田、自分でレース仕掛けよ」=女子200メートルバタフライ、中西悠子と三田真希が予選突破
(9/19)「萩原、瞬発力が低下」=女子200メートル個人メドレー決勝、萩原智子は8位
(9/18)「モカヌが強すぎた」=女子100メートル背泳ぎ、中村真衣が銀メダル
(9/18)「山本は好調、荻原は自己更新を」=男子200メートルバタフライ、山本貴司が予選突破
(9/17)「中村、決勝はマイペースで逃げろ」=女子100メートル背泳ぎ、中村真衣が決勝進出
(9/17)「中村に金のチャンス」=女子背泳ぎ100メートル、中村真衣が予選突破
(9/16)「田島の銀は”大健闘”」=女子400メートル個人メドレーで田島寧子が銀メダル
(9/16)「田島、金狙いで勝負か注目」=女子400メートル個人メドレー、田島寧子が予選突破
[柔道=解説・上村春樹氏]
(9/22)「審判のまずい判定が金阻止」=男子100キロ超級、篠原信一は銀メダル
(9/21)「井上、パーフェクトで末恐ろしい」=男子100キロ級で井上康生が金メダル
(9/20)「吉田、勝たせたかった」=90キロ級、吉田秀彦が3回戦で負傷
(9/19)「心の成長でつかんだ金」=男子81キロ級で滝本誠が金メダル
(9/18)「日下部、金目指せる選手に」=女子57キロ級で日下部基栄が銅メダル
(9/17)「楢崎、ほんの一瞬で金が銀に」=女子52キロ級、楢崎教子は銀メダル
(9/16)「田村、集中力と経験の金」=女子48キロ級と男子60キロ級で田村亮子と野村忠宏がダブル金
[体操=解説・具志堅幸司氏]
(9/25)「塚原の失敗、精神面の問題」=男子種目別鉄棒、塚原直也は最下位
(9/24)「岩井、着地の乱れと表現不足」=男子種目別つり輪、岩井則賢は7位
(9/21)「塚原、気持ち整理つかず」=男子個人総合、塚原直也は18位
(9/18)「着地のライン越え多すぎ」=男子団体総合、日本は4位
[ビーチバレー=解説・相楽幸子さん]
(9/25)「高橋・佐伯、功績大きい」=高橋有紀子・佐伯美香組、3位決定戦に敗れ4位
(9/23)「準決勝の敗因はミス」=高橋・佐伯組、ブラジル組に敗れ3位決定戦へ
[自転車=解説・鈴木孝幸氏]
(9/22)「日本勢、苦戦も世界レベルに一歩」=ケイリン、太田・神山は決勝進出ならず
Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.