NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
みどころ・コラム
カレリン(レスリング、ロシア)・出番待つ世界のスーパースター(3)
 「史上最強のレスラー」の称号に、異論を差し挟む余地はない。32歳のアレキサンダー・カレリン(ロシア)は、グレコローマン130キロ級で五輪3連覇中。シドニーでは円盤投げのアルフレッド・オーター(米国)、走り幅跳びのカール・ルイス(同)に並ぶ個人の同一種目4連覇に挑戦する。

 数々の記録に加え、その豪快な勝ちっぷりがカリスマ性を高めてきた。腕のたぐり合いからバックを奪い、持ち上げて投げる「カレリンズリフト」。そのダイナミックな技はレスリング古来のスタイル、グレコローマンの魅力を余すところなく伝えている。

 シベリアの中央、ノボシビルスクという極寒の地に生まれた。人間離れした肉体の背景には故郷の自然がある。冬は腰の高さまで積もる雪をかき分けて走り、夏は近くの湖でボートを漕(こ)いだ。その一方で、作家ツルゲーネフの作品をこよなく愛し、自ら詩を書くロマンチストとしても知られる。

 プロレスからの再三の誘いを断り、アマチュアとしてマットに上がり続けるのは、祖国への愛情のあかしか。3大会連続で五輪開会式の旗手を務めたが、ソウルはソ連、バルセロナは旧ソ連独立国家共同体(EUN)、アトランタはロシアとそれぞれ旗が違った。

 今や活動の場はスポーツの世界にとどまらない。昨年の下院議員選挙に立候補して大量得票で当選した。その忙しさに右足、首などの故障も加わり、今年4月の欧州選手権は大苦戦の末の優勝。圧倒的な実力にも陰りが出てきたという声もある。

 シドニーで再び大技が披露されるのか。そして、4連覇の偉業を達成したとき去就をどう語るのか。格闘家カレリンの節目の大会になるかもしれない。(岩本一典)

アレキサンダー・カレリン  1967年9月19日、ロシア・ノボシビルスク生まれ。81年からレスリングを始める。87年の国内大会で当時の世界王者イゴール・ロストロスキーに負けて以来、国内外で無敗。この間に五輪3度、世界選手権9度、欧州選手権12度の優勝を遂げている。191センチ。

〔日本経済新聞 朝刊8月18日〕

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.