NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
new競技別
new解説者の目
五輪ビジネス
豪SMH紙から
みどころ・コラム
from シドニー支局
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数
みどころ・コラム
松坂と両輪の黒木・シドニーへ 野球8人のつわもの(4)完
  • 松坂と両輪の黒木

    ロッテの黒木知宏投手
     プロ選手が選ばれたことで、アマチュア選手の枠が減ってしまったことを気にしている。1月に有力候補として名前が挙がったときから「アマの人たちの気持ちも分かるんでね…」と繰り返してきた。

     昨年のアジア地区最終予選に出ていないこととともに、素直に喜べない理由の一つになっているのが、今季の不振のようだ。16試合に登板して3勝9敗で防御率は6・96。再調整のために7月9日から出場選手登録を外れている。

     後半戦から満を持して戦列に戻ることになっている。「重圧は感じるけど、出るからにはみんなで金メダルを目指していくんでしょうから、少しでもその手助けができれば、と思う」。シドニーへ向けてこれからは、黒木の復活への道ともなる。

  • 打の中軸担う田中幸

    日本ハムの田中幸雄内野手
     宮崎・都城高から日本ハムに入って15年目。「五輪には縁がないと思っていた」田中幸雄内野手にとってシドニー五輪出場は意外だったよう。

     当初、アマ側が日本ハムに希望したのは岩本ツトム投手だった。だが、投手力が弱いチーム事情で日本ハムが派遣を断った。その代わりに、五輪でライバル国が左腕の好投手をそろえていることから、右の強打者を求められたことで、田中幸に白羽の矢が立った。

     まだ、リーグ優勝の可能性がある。リーダーとして「チームに残りたいのが本音」だが、一方で「五輪に出場するのもラストチャンスだろうし、光栄なこと」という思いもある。

     今季は開幕から不本意なシーズンとなっている。左手首痛で1カ月間戦列を離れるなど、納得のいく結果を得られず、表情がさえないことが多い。

     そんな中で日本代表の中軸としての期待を背負わなくてはならない。「現時点では頑張るとしか言いようがない」。通算226本塁打のスラッガーは多くは語らないが、その気持ちは十分に伝わってくる。=成績は28日現在〔共同〕

  • Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.