NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
競技別
解説者の目
(10/1)「マラソン、世界との壁予想以上」・解説 伊藤国光氏
五輪ビジネス
豪SMH紙から
連載・コラム
「主役は選手」流れ加速
from シドニー支局
TOPICS
ピンバッジに取り組むコカ・コーラの戦略
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数

(10/1)新世紀へ聖火リレー・平和への願いアテネへ
 【シドニー1日=中前博之】早春の肌寒い風に揺れる聖火が消え、20世紀最後の「平和の祭典」が1日、幕を閉じた。史上最多の200カ国・地域が参加したシドニー五輪。先住民のアボリジニのキャシー・フリーマン選手がともした聖火の下、朝鮮半島の南北合同行進で幕を開け、締めくくりはオーストラリア特有の陽気さを演出。パーティー会場と化したフィールドでは、選手が肩を組み、歌い、踊り、日本選手もフィナーレを楽しんだ。4年後、近代五輪発祥の地、アテネに五輪旗が帰る。和解と融和の「願い」は、選手の笑顔とともに人々の心に刻まれ、21世紀へと引き継がれた。

 最後を飾った男子マラソンの表彰式の余韻が残る夜のスタジアムに、甲高いファンファーレが鳴り響いた。午後8時(日本時間同6時)、11万人の大歓声に迎えられ、200の参加国・地域の旗が入ってきた。

 日本の旗手は、圧倒的な強さで女子マラソンを制した高橋尚子選手(28)。勝負のプレッシャーから解き放たれた、さわやかな笑顔がこぼれる。「旗を落としたり転んだりしないか不安でしたが、日本を代表して旗手ができ誇りに思う。もう一度マラソンのゴールに戻ってこられてうれしい」とコメント。

 続いてスタジアムの4カ所の入り口から、各国の選手たちが跳ねるように飛び出してきた。「世界は一つ」の五輪精神を反映し、国別の堅苦しい行進はなし。各国の選手たちに混ざって、日本選手たちも、リラックスした様子で登場。レスリングで銀メダルを獲得した永田克彦選手(26)は、陸上の弘山晴美選手(32)に手招きして早速、記念撮影のお願い。永田選手は「あらゆることが新鮮で感動しました」と会心の笑顔をみせた。

 次回アテネ五輪の旗が入場してくると、なごやかムードの会場に厳粛な空気が流れる。サマランチ国際オリンピック委員会会長が「4年後はオリンピック発祥の地、ギリシャで」と宣言。ギリシャ女性の幻想的な舞いと共に、アフリカ、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オセアニアの五大陸の融合を表す五輪旗が、シドニーからアテネへと手渡された。

 風が冷たさを増した午後9時過ぎ、17日間燃えさかった聖火がひっそりと消え、厳かなセレモニーは終了した。その直後、静まり返った会場の上空にジェット機の爆音がとどろくと、花火がはじけ、陽気で華やかな「パーティーナイト」が始まった。

 フィールド中央の特設舞台には、地元の有名アーティストが続々と登場。緑の芝の上の選手たちは、出身国を問わず、アップテンポのロックやポップスに合わせて足を上げ、肩を組んで踊り出し、ユニホームの交換も。日本の選手たちも、陸上の伊東浩司選手(30)がユーモラスな風船を他国の選手たちと一緒に追いかけまわすなど、ラテン系の選手たちにつられるように盛り上がった。

 この日のシドニーは、夜の気温が15,6度。スタジアムには風も舞い、肌寒かったが、スタンドを埋めた11万人は、体を揺らして熱狂した。シドニー在住のジェニー・アベネブリさん(35)は「素晴らしかった。シドニーの歴史の中で1番良かったんじゃないかしら。シドニーがオリンピックをやり遂げられて誇りに思うわ」と興奮した様子で話していた。

[最新ニュース]その他の記事 --------------------
(10/3)スポーツ用品大手、五輪メダリスト用品を発売
(10/3)首相、シドニー五輪金メダリストらを表彰
(10/3)五輪選手団が解団式、高橋ら出席・井上が団旗返還
(10/2)柔道の田村、トヨタ奥田会長に金メダル報告
(10/2)五輪野球の大田垣監督がコミッショナーらにあいさつ
(10/2)女子マラソンの高橋を豪地元紙が再び絶賛
(10/2)高橋尚子「五輪は風のようにすぎた」 日本選手団が帰国
(10/1)20世紀最後の五輪が幕・日本健闘、金5銀8銅5
(10/1)新世紀へ聖火リレー・平和への願いアテネへ
(10/1)シドニー五輪閉会式が終了・会場から橋に向け花火の行列
(10/1)閉会式、豪ポップス歌手が続々登場
(10/1)閉会式は高橋尚子が旗手・日本のメダルは18個
(10/1)実力発揮できない日本選手に欠けているもの
(10/1)<解説者の目>「マラソン、世界との壁予想以上」・解説 伊藤国光氏
(10/1)女性が活躍・スポーツ界も日本社会反映
(10/1)<カヌー>女子はフィッシャー、男子はホルマン
(10/1)<カヌー>フィッシャー、7個目金つかみ引退示唆
(10/1)<ハンドボール>女子はデンマークが金
(10/1)<ハンドボール>金メダルを取れるとは・・・
(10/1)<レスリング>移住して夢追う、イガリ攻め続け頂点
(10/1)<陸上>男子マラソン、優勝はエチオピアのアベラ
(10/1)<陸上>犬伏は38キロ地点通過後「脱水症状」
(10/1)<陸上>勝負どころ絞りアベラ快勝・男子マラソン
(10/1)<陸上>最初に脱落も最先着・川島
(10/1)<陸上>力の差を感じた・佐藤
(10/1)<陸上>これが今の力・川島
(10/1)<陸上>瀬古利彦・エスビー食品監督の話
(10/1)<陸上>中山竹通・大産大陸上部監督の話
(10/1)<陸上>桜井孝次・陸上監督の話
(10/1)<陸上>河野匡コーチの話
(10/1)<近代五種>初の女子競技はクック(英国)が金メダル
(10/1)<近代五種>最終種目、8位から逆転
(10/1)<馬術>障害飛越個人決勝はデュベルダムが金メダル
(10/1)<馬術>納得がいかない・杉谷
(10/1)<水球>24年ぶりに金メダル・古豪ハンガリーが快勝
(10/1)<新体操>個人総合決勝、カバエワが3位の番狂わせ
(10/1)<新体操>新女王のしたたかさ
(10/1)<新体操>フープが場外に転がった・「女王」カバイワ
(10/1)<バスケ>米国がフランスを下し3連覇・男子決勝
(10/1)<バスケ>フランス、52年ぶり銀・バスケットボール
(10/1)<バスケ>リトアニア男子、3大会連続で銅メダル獲得
(10/1)<ボクシング>米国勢は金メダルなし・フライ級はタイのウィチャン
(10/1)<ボクシング>2つ目の金、喜ぶウィチャン
(10/1)<バレー>ユーゴが初優勝
(10/1)<バレー>イタリア男子が銅メダル
(10/1)<カヌー>強風で延期のカヌー、競技を開始
(10/1)<重量挙げ>アルメニアのダニエルヤン選手、薬物違反で「銅」はく奪
(10/1)<レスリング>銀獲得の永田選手、報奨金の分割支給を確約
(10/1)<カヌー>男女計6種目の決勝、強風で開始延期

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.