NIKKEI NET
シドニー五輪2000
最新ニュース
競技別
解説者の目
(10/1)「マラソン、世界との壁予想以上」・解説 伊藤国光氏
五輪ビジネス
豪SMH紙から
連載・コラム
「主役は選手」流れ加速
from シドニー支局
TOPICS
ピンバッジに取り組むコカ・コーラの戦略
競技日程
選手紹介
競技会場
フォトギャラリー
国別メダル数

(10/1)実力発揮できない日本選手に欠けているもの
 17日間の熱戦を繰り広げシドニー五輪が1日夜、すべての日程を終了した。日本は金5銀8銅5の合計18個のメダルを獲得。選手団長を務める日本オリンピック委員会(JOC)の八木祐四郎会長は「合格点は十分にいった」と評価しながらも「(金メダルの)取りこぼしがあった」とも指摘する。各種目の元現役選手から見れば、現在の五輪代表の精神力に歯がゆさを感じる一面も少なくないようだ。

 日本水泳連盟競泳委員で、90年に北京で開かれたアジア大会の400メートル自由形金メダリスト、野口智博氏は、決勝進出を決めたレースを終えても泣き出す日本選手について「(外国の選手に比べて)水泳に対する根本的な考え方が違っている」と指摘する。すでに日本が技術や体力で世界に並ぶレベルを持った、と見ているだけに一度の細かい失敗に動揺する弱さが歯がゆいようだ。「人前では涙を見せない強さを持って欲しい」と苦言を呈する。

 水泳だけではない。陸上でも基本的なミスや故障に涙を見せる場面が見られた。前評判の高い選手が確実にメダルを獲得する海外と調子が安定しない日本の選手。鐘紡陸上競技部の伊藤国光監督は選手が失敗を過剰に意識する現状について「本当は『優勝を狙います』と言って自分を追い込んでいくくらいでなければならない」と注文を付ける。

 全日本柔道連盟の上村春樹強化副委員長は勝負において「気迫や体の底から沸き起こってくるもの」の重要性を指摘する。男子100キロ級で金メダルを獲得した井上康生は攻め通す柔道を貫いた。こうした気迫が重要であることは柔道だけでなく、すべての種目に言えそうだ。

 普段は注目されない種目でも「オリンピックだから」という理由で国民の期待はそれぞれに対し瞬間風速的に盛り上がる。マラソンなら体調の持続、柔道なら背負い投げられる恐怖といった具合に選手には不安が常に付きまとう。それを克服するのは練習に裏打ちされた自信だ。上村氏は「いかに自分に自信を持たせる練習をしたのか、いかに勝つための試合を積み重ね経験してきたか、その中から自分がどういう意味を見い出してくるかが重要。それで初めて自信が持てる」と言う。

 凋落(ちょうらく)ぶりが顕著になった男子マラソン、練習が好調でも本番で失敗してしまった男子体操、世界ランク1位でも入賞にとどまった競泳の一部種目、そして五輪の予選にも出られない一部の球技種目――。田村亮子、高橋尚子らの金メダル獲得、という明るい輝きの裏面で、スポーツに向かう選手の精神力に変調が起きていることを感じさせる五輪だった。(シドニー=遠藤繁)〔10月1日〕

[最新ニュース]その他の記事 --------------------
(10/3)スポーツ用品大手、五輪メダリスト用品を発売
(10/3)首相、シドニー五輪金メダリストらを表彰
(10/3)五輪選手団が解団式、高橋ら出席・井上が団旗返還
(10/2)柔道の田村、トヨタ奥田会長に金メダル報告
(10/2)五輪野球の大田垣監督がコミッショナーらにあいさつ
(10/2)女子マラソンの高橋を豪地元紙が再び絶賛
(10/2)高橋尚子「五輪は風のようにすぎた」 日本選手団が帰国
(10/1)20世紀最後の五輪が幕・日本健闘、金5銀8銅5
(10/1)新世紀へ聖火リレー・平和への願いアテネへ
(10/1)シドニー五輪閉会式が終了・会場から橋に向け花火の行列
(10/1)閉会式、豪ポップス歌手が続々登場
(10/1)閉会式は高橋尚子が旗手・日本のメダルは18個
(10/1)実力発揮できない日本選手に欠けているもの
(10/1)<解説者の目>「マラソン、世界との壁予想以上」・解説 伊藤国光氏
(10/1)女性が活躍・スポーツ界も日本社会反映
(10/1)<カヌー>女子はフィッシャー、男子はホルマン
(10/1)<カヌー>フィッシャー、7個目金つかみ引退示唆
(10/1)<ハンドボール>女子はデンマークが金
(10/1)<ハンドボール>金メダルを取れるとは・・・
(10/1)<レスリング>移住して夢追う、イガリ攻め続け頂点
(10/1)<陸上>男子マラソン、優勝はエチオピアのアベラ
(10/1)<陸上>犬伏は38キロ地点通過後「脱水症状」
(10/1)<陸上>勝負どころ絞りアベラ快勝・男子マラソン
(10/1)<陸上>最初に脱落も最先着・川島
(10/1)<陸上>力の差を感じた・佐藤
(10/1)<陸上>これが今の力・川島
(10/1)<陸上>瀬古利彦・エスビー食品監督の話
(10/1)<陸上>中山竹通・大産大陸上部監督の話
(10/1)<陸上>桜井孝次・陸上監督の話
(10/1)<陸上>河野匡コーチの話
(10/1)<近代五種>初の女子競技はクック(英国)が金メダル
(10/1)<近代五種>最終種目、8位から逆転
(10/1)<馬術>障害飛越個人決勝はデュベルダムが金メダル
(10/1)<馬術>納得がいかない・杉谷
(10/1)<水球>24年ぶりに金メダル・古豪ハンガリーが快勝
(10/1)<新体操>個人総合決勝、カバエワが3位の番狂わせ
(10/1)<新体操>新女王のしたたかさ
(10/1)<新体操>フープが場外に転がった・「女王」カバイワ
(10/1)<バスケ>米国がフランスを下し3連覇・男子決勝
(10/1)<バスケ>フランス、52年ぶり銀・バスケットボール
(10/1)<バスケ>リトアニア男子、3大会連続で銅メダル獲得
(10/1)<ボクシング>米国勢は金メダルなし・フライ級はタイのウィチャン
(10/1)<ボクシング>2つ目の金、喜ぶウィチャン
(10/1)<バレー>ユーゴが初優勝
(10/1)<バレー>イタリア男子が銅メダル
(10/1)<カヌー>強風で延期のカヌー、競技を開始
(10/1)<重量挙げ>アルメニアのダニエルヤン選手、薬物違反で「銅」はく奪
(10/1)<レスリング>銀獲得の永田選手、報奨金の分割支給を確約
(10/1)<カヌー>男女計6種目の決勝、強風で開始延期

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.