天気 新製品 Business Web Guide トレンドウォッチ 今日の予定 HOME 主要ニュース 政治・経済 国際 マーケット 産業・流通 店頭・VB 社会 スポーツ ITニュース forビジネス 自動車 発表資料から ニュース解説 社説・春秋 地域情報 経済指標 本社調査





最終更新時刻: 2000/03/05 21:55

(3/1)「大うるう日問題」、米は異常なし
(2/29)うるう日問題、全国で17件・郵貯ATM、部品に欠陥
(2/29)うるう日トラブル、公共部門に混乱集中
(2/29)短期金利、急低下・うるう日問題の市場混乱終息
(2/29)気象庁、対策不備を露呈・システム誤作動
(2/29)数台検査し安全宣言・郵貯ATM
(2/29)気象情報会社、配信に苦慮・手作業で処理
(2/29)郵貯ATM、午後1時10分に全面復旧
(2/29)郵貯ATM、全国で約1200台停止・うるう日問題
(2/29)うるう日問題とは
(2/29)日銀、資金余剰幅を11兆4000億円に・うるう日問題
(2/29)官房長官「うるう日問題、大きな混乱なし」
(2/29)アメダスもデータ異常・うるう日認識できず
(2/29)「うるう日」異常発見されず・NTTグループ、0時10分現在
(2/29)「うるう日問題」、トラブルの連絡なし・政府連絡室、1時現在
(2/28)「うるう日」で金融・通信など警戒
(2/28)「うるう日問題」で短期金利が急上昇
(2/28)「うるう日問題」、債券市場は楽観的見方が大勢
(2/28)気象庁の海上警報に「うるう年問題」
(2/28)うるう日問題で首相官邸に連絡室設置・28日夜から
(2/25)米、コンピューター「うるう日問題」で日欧と協力
(2/25)「大うるう年問題」、政府・大企業は平静ムード
(2/25)日銀、資金余剰幅1兆3000億円に拡大・うるう日対策
(2/22)28日から官邸内にY2K連絡室を再設置・官房長官
(1/20)2月29日を警戒・2000年問題会議
 

(3/1)「大うるう日問題」、米は異常なし

 【ワシントン29日=安藤淳】米政府は29日、400年に一度の大うるう年によるコンピューター・システムの異常発生は、ほとんど皆無だったと発表した。飛行場の荷物のチェックイン・システムやポケベルの日付表示などで誤りが見られたが、電力網や金融システムなどの主要インフラで深刻な問題は起きなかったという。海外からも、日本やブルガリアで問題が発生したほかは、目立った報告はないとしている。

 米大統領2000年問題対策協議会のコスキネン委員長は日本で起きた異常について、「深刻なものではなく、全体として十分な対策ができていた」との見方を示した。「日本で異常の報告が目立つのはきちんと監視していた証拠でもある」と述べ、日本の取り組みを評価した。


(2/29)うるう日問題、全国で17件・郵貯ATM、部品に欠陥

 政府は29日、コンピューターが2000年をうるう年と認識できずに誤作動を起こす「うるう日問題」について、同日午後5時半現在で計17件のトラブルが発生したと発表した。このうち全国の郵便局で1186台の現金自動預け払い機(ATM)が一時停止した事故の原因は、ATM内部に組み込まれた部品の欠陥だったことが明らかになった。青木幹雄官房長官は29日夕の記者会見で「年末年始に問題がなかったので油断し、チェックがぬるかった所もあった。反省すべき点もあると思う」と表明した。

 問題が発生した郵便局のATMは1日も起動しない可能性がある。各郵便局で始業前に手動で起動させるなどの対応をする。郵政省の発表によると、ATM内部に組み込まれた電源起動時間を制御する大規模集積回路(LSI)は、うるう年を自動的に認識できないプログラムの入った不良品だった。同型のATMは全国に7200台あるが、うち約6000台は定期点検などの際、保守員が偶然2000年を入力していたことから今回は誤作動を起こさなかった。


(2/29)うるう日トラブル、公共部門に混乱集中

 400年に1度の大うるう年に関連して、29日、各地でコンピューターの誤作動に伴う様々なトラブルが発生した。いずれも深刻な事態にはいたらなかったものの、特に公共部門のトラブルが目立ち、郵便局で現金自動預け払い機(ATM)が停止するなど国民生活にも一部支障がでた。「西暦2000年問題」を大過なく乗り切った直後だっただけに、不手際を露呈した各官庁は改めてチェック体制の見直しに追われている。

 郵政省は500の民間金融機関と接続している郵貯システムがうるう日のトラブルを起こしたことについて、「日本の決済システムの信頼性にかかわる問題」と深刻に受け止めている。今後はメーカーからATM端末などの納入を受ける際に、細かい部品に至るまで検査を実施する方針。問題が生じた場合に素早く対応できるよう危機管理体制も見直す。

 同省によると、トラブルの原因となった大規模集積回路(LSI)の不具合はプログラムの中身まで詳しく分析しないと見つからない。同省は事前に、手動で日時を2000年2月29日に設定して端末が正常に作動するかどうかを調べる検査を実施していた。しかし、このプログラムは西暦年号の自動認識ができなかったため、昨年中に検査を実施し、その後1999年の日付に戻した分は2000年になっても年号が切り替わらず不具合を起こした。

 この不具合は400年に1度の「大うるう年」に特有の問題ではなく、4年に1度のうるう年に対応していないことが判明。修復しないと、2004年に再び同じ問題が発生する。

 一方、地域気象観測システム(アメダス)や「地方海上警報」でトラブルを起こした気象庁はシステム緊急対策本部を庁内に設置、原因究明と再発防止策を3月中にまとめる方針を示した。滝川雄壮長官は29日、「防災上重要な気象情報に異常が発生し、大変な迷惑をかけた」と謝罪した。

 同庁によると、アメダスのトラブルはデータを読み出し送信するプログラムの修正漏れが原因。同日未明、43地点のデータ送信を停止。修正プログラムを導入し、障害発生から15時間後の午後4時に全面復旧した。


(2/29)短期金利、急低下・うるう日問題の市場混乱終息

 29日の金融市場では「うるう日問題」に伴う混乱が終息し、前日まで急上昇していた短期金利が急低下した。無担保コール翌日物の加重平均金利は前日比0.23%低い0.05%となり、3カ月物金利も平常時の水準に戻った。資金需給の緩和傾向が鮮明になったため、日銀は今後、市場が必要とする額に対する資金余剰幅を圧縮する。

 無担保コール市場では朝方は資金需給のひっ迫感が残り、翌日物は0.1-0.15%程度で取引が始まった。日銀が資金余剰幅を11兆4000億円まで拡大したことで市場に安心感が広がり、その後は事実上の下限である0.02%に低下した。


(2/29)気象庁、対策不備を露呈・システム誤作動

 快晴の鹿児島で950ミリの雨――。400年に一度の「うるう日」となった29日、気象庁のアメダスで異常データが配信されるトラブルが発生した。同庁では、元日に端末の一部で年号が誤表示され、28日にも警報の日付データの誤りが見つかったばかり。いずれも2000年問題に備えたコンピュータープログラムの修正漏れという単純ミスが原因で、事前対策の不徹底ぶりを露呈した。29日にはこのほか、郵便貯金の現金自動預け払い機(ATM)も一時停止し、関係者は復旧作業などに追われた。

 気象庁では、昨年12月31日から今年1月1日に日付が切り替わった際、同庁の端末の一部画面に「00年」と出るべきところが、「100年」と表示された。

 同問題の「うるう日」に関するトラブルでは、28日にも、同庁が船舶向けに発表している「地方海上警報」のうち、東日本の五気象台が出した警報の文中で、対象時間を「29日まで」とすべきところを誤って「1日まで」と24時間長く記載して配信された。

 今回のトラブルが起きたアメダスデータの集配信システムをめぐっては、「うるう日」対応した新システムに切り替わっていた東日本では観測データの異常は見つからなかったが、問題のあった西日本ではシステムの更新が遅れており、プログラムの修正が必要だった。

 同庁は昨年秋までに「うるう日」問題も含めた2000年問題対策を実施。さらに地方海上警報のトラブルの直後にも、全システムを再チェックしたが、今回トラブルがあったプログラムのチェックは抜け落ちていたという。

 同庁は「国民に多大な迷惑をかけて申し訳ない。信頼回復に向け検証作業を行いたい」としている。


(2/29)数台検査し安全宣言・郵貯ATM

 「うるう日問題」でトラブルのあった沖電気工業と富士通製の現金自動預け払い機(ATM)「J」について、郵政省は29日、保有する7200台のうち数台程度のサンプル試験しか実施していなかったことを明らかにした。

 全数調査を実施する時間がなかったためだが、同省は数台のサンプル調査で、2000年問題やうるう日問題に関する「郵貯システムの対応は万全」といっていた。

 試験は1月27-29日にかけて実施。サンプル調査した数台については問題がなかったという。ATMについて全数調査を実施していないことは明らかにしていなかった。


(2/29)気象情報会社、配信に苦慮・手作業で処理

 気象庁のアメダスの数値トラブルで、同庁からデータ提供を受ける民間の気象会社などは29日午前、報道機関や自治体などへのデータ提供ができなくなるなどの影響を受けた。放送局は天気予報の番組からアメダスのデータを外す措置を取った。民間気象会社が取り組む独自の予報サービスは、気象レーダーなどアメダスを除く観測データを使って情報を提供することはできたが、「これだけの規模で影響が出たのは初めて」と困惑している。

 民間の気象情報提供会社、ウェザーニューズ(東京)は、「アメダスのトラブル直後に約1000事業者の顧客には事情を説明し、大きな混乱は出ていない」と説明する。トラブル発生からデータ配信が止まるまでの雨量などのアメダスの数値については、「(同社独自の)予測値を参考に担当者が一つひとつ手作業で確認次第、情報提供をした」と話す。

 日本気象協会でも「アメダスのデータ異常値の出た西日本に、雨の地域がほとんどないのが幸いした。雨の場合は、(全国に観測地点が約1300カ所ある)アメダスの観測データが重要となり、影響は最小限にとどまった」と話す。

 一方、快晴なのに一時、950ミリの雨が“観測”された鹿児島市の鹿児島県消防防災課は「雨量データが虫食いのように空白となっていた。いまのところ支障は出ていないが、ずっとこのままでは困る。気象台に問い合わせたい」と苦笑いしていた。


(2/29)郵貯ATM、午後1時10分に全面復旧

 郵政省によると、停止していた郵便局の現金自動預払機(ATM)は29日午後1時10分、全面復旧した。〔共同〕


(2/29)郵貯ATM、全国で約1200台停止・うるう日問題

 郵政省は29日、全国にある2万5000台の郵便貯金の現金自動預け払い機(ATM)のうち、1200台が一時停止する状態になったと発表した。原因は特定できていないが、コンピューターが2000年をうるう年と認識できず、誤作動を引き起こす「うるう日問題」が原因である模様。2000年問題に関して実害が発生したのは初めてで、同省は原因の特定と復旧に努めているという。

 同省によると、午前8時に基幹システムから各ATMに稼働開始の信号を送ったところ、1200台のATM端末が立ち上がらなかったという。端末の電源を入れ直すと復旧したATMもあり、午前9時40分時点では、停止中のATMは650台。停止している端末は95-96年に導入した沖電気と富士通の製品で「J」と呼ばれる機種。郵便局の現場では窓口で対応するなどしており、「混乱は発生していない」としている。


(2/29)うるう日問題とは

 うるう日問題 4で割れる年はうるう年だが、暦の調整のため百で割れる年はうるう年にしない。しかし、400で割れる年は再調整のためにうるう年に戻す法則がある。2000年は400年に一度の再調整の年に当たり、2月29日にこれを認識できないコンピューターが誤作動する懸念が指摘されていた。


(2/29)日銀、資金余剰幅を11兆4000億円に・うるう日問題

 日銀は29日の短期金融市場で、市場が必要とする額に対する資金余剰幅を前日比1兆6000億円増の11兆4000億円とした。大量の資金を市場に供給することで、「うるう日問題」に伴う短期金利の上昇をけん制するのが狙い。資金需給のひっ迫感は大きく後退し、「市場は落ち着きを取り戻した」(日銀金融市場局)という。

 短期金利の指標である無担保コール翌日物は、前日の加重平均金利より0.26%低い0.02%で推移している。金融機関の間では、資金を取り急ぐ動きは見られない。日銀は午前9時20分現在、決済システムである「日銀ネット」が正常に稼働していると発表した。


(2/29)官房長官「うるう日問題、大きな混乱なし」

 青木幹雄官房長官は29日の閣議後の記者会見で、コンピューターが誤作動する恐れがある「うるう日問題」について「気象庁が降水量などを発表するためのアメダスの一部に支障が発生し、一部の郵便局内の現金自動預け払い機(ATM)が立ち上がらないという報告があったが、そのほかは我が国の国民生活に大きな影響を及ぼすような事象が発生したという報告は現時点では受けていない。海外の状況についても特段の大きな問題は報告されていない」と述べ、国内外で大きなトラブルが発生していないことを発表した。


(2/29)アメダスもデータ異常・うるう日認識できず

 気象庁の地域気象観測システム(アメダス)のうち大阪、福岡両管区気象台と沖縄気象台管内の23府県、計43地点の観測データが29日午前1時以降、実際とかけ離れた異常な数値を示した。雨量以外にも、気温や風速、日照時間などのデータにも間違いが出ている。気象庁はコンピューターが2月29日の「うるう日」を認識できず、雨量の積算を誤ったり、2月1日現在のデータを表示したとみている。同庁は民間の気象事業者や自治体などへのデータ提供を停止、復旧作業を急いでいる。

 異常が発生したのは、全国に約1300カ所あるアメダスの観測地点のうち、気象台や測候所など観測員のいる地点のデータ。「鹿児島の午前1時までの1時間雨量が950ミリ」など実際とかけ離れた異常な数値を示した。


(2/29)「うるう日」異常発見されず・NTTグループ、0時10分現在

 日本電信電話(NTT)は29日、同日午前0時10分時点で東西地域会社、長距離国際会社、NTTドコモ各社の通話疎通状況で2000年問題に関する異常は発見されていないと発表した。NTTデータが提供しているクレジット情報データ通信システム、金融システムでも異常は確認されていない。


(2/29)「うるう日問題」、トラブルの連絡なし・政府連絡室、1時現在

 政府は28日夜、コンピューターが誤作動する恐れがある「うるう日問題」に備えて首相官邸に連絡室を設置した。29日午前1時時点ではトラブルの連絡は入っていない。


(2/28)「うるう日」で金融・通信など警戒

 コンピューターが誤作動する懸念がある29日の「うるう日」対策で、金融機関や日本電信電話(NTT)グループなどは28日から警戒態勢に入った。ただ、西暦2000年問題をおおむね無事に乗り切ったため年末年始ほど厳重な布陣は敷いていない。航空・鉄道各社も通常通りの運転を続け、念のためトラブル監視を続ける。29日午前零時半現在、通信、電力では大きな問題は発生していない。

 銀行界は28日から3月1日までを「重要日」と位置づけ、都銀では対策本部を設置し主要システムや現金自動預け払い機(ATM)などが正常に動くかどうか確認作業を実施。日銀はシステム担当部署が28日から24時間体制でシステムの運行状況を監視。29日午前8時には連絡窓口を設置、日銀ネットの稼働状況を午前9時半から断続的に公表する。

 NTTグループは東西の地域会社など4社合計で通常の2倍の約1000人が徹夜で待機。ただ警戒の度合いは「レベル2」で、「レベル1」に設定した年末年始の4400人に比べて要員減らした。今回は新年の「おめでとうコール」の殺到もなく、トラブルの可能性は低いとみている。


(2/28)「うるう日問題」で短期金利が急上昇

 2月29日にコンピューターが誤作動するという「うるう日問題」への懸念から28日の金融市場で短期金利が急上昇、日銀がゼロ%誘導の対象とする無担保コール翌日物の加重平均金利が前週末の0.02%から0.28%に跳ね上がった。市場参加者が不測の事態に備えて資金を取り急いだためで、日銀も「ここまで金利が上昇するとは予想できなかった」(幹部)と困惑気味だ。

 この日は資金確保を焦る外国銀行が調達希望金利を大幅に引き上げた。日銀は資金余剰幅を前週末比8兆5000億円多い9兆8000億円に急拡大したが、それでも金利上昇圧力は収まらず、無担保コール翌日物は一時1.0%まで上昇する場面もあった。


(2/28)「うるう日問題」、債券市場は楽観的見方が大勢

 債券市場では、今年2月が29日まであることを認識せずにコンピューターが誤作動を起こす恐れがあるとされている「うるう日問題」について、「金融機関はシステム改修などを済ませており、特に大きな問題は起きないはずだ」(日興証券)との楽観的な見方が大勢を占めている。

 市場参加者が「うるう日問題」への対応を完了していない場合、コンピューターが2月29日の存在を認識しないために、金利計算などを正しくできなくなる恐れがある。このため銀行や証券会社、機関投資家などはいずれも、昨年以来、コンピューターの2000年問題への対応と合わせてシステム改修や日付を2月29日に進めて正常稼働を確認するテストを実施してきたが、現段階では問題は発見されていない。


(2/28)気象庁の海上警報に「うるう年問題」

 28日午前、気象庁が船舶向けに発表している「地方海上警報」のうち、気象庁本庁と札幌、名古屋など東日本の5気象台が出した警報の文中で、対象時間を「29日まで」とすべきところを誤って「1日まで」と24時間長く記載して配信されたことが分かった。警報文を作成するコンピューターが誤って2000年をうるう年ではないとプログラムされていたためで、同庁はプログラムを修正した。

 同庁によると、対象期間の間違った警報は、28日午前5時半から6時の間に発表、海上保安庁、漁業無線局など75機関に配信された。気象台の職員らが配信直後に誤記に気付き、午前6時半までに訂正を通知した。


(2/28)うるう日問題で首相官邸に連絡室設置・28日夜から

 2月29日にコンピューターが誤作動する可能性がある「うるう日問題」に備え、政府は28日午後8時から首相官邸に連絡室を設置し、情報収集に当たる。大きなトラブルがない場合でも29日午後5時半ごろ、全国の状況を集約して発表する。泊まり込みとなる連絡室の人員は10人。政府は「西暦2000年問題の年明け時が比較的平穏だったように、今回も大きな混乱の発生は考えにくい」(内閣2000年問題対策室)としている。


(2/25)米、コンピューター「うるう日問題」で日欧と協力

 米政府は24日、コンピューターが2月29日を3月1日と間違えて誤作動する可能性がある「うるう日問題」で、日欧政府などと協力して混乱防止に取り組む方針を明らかにした。28日から3月1日にかけて、米大統領2000年問題対策協議会のコスキネン委員長が12カ国の政府代表と8時間おきに電話会議を開き、異常発生の報告を集めるとともに対応策で知恵を出し合う。

 米政府は昨年末から今年初めにかけて世界の情報収集拠点となった2000年問題情報コーディネーションセンターを活用し、「うるう日問題」の影響を監視する。深夜から早朝にかけての時間帯を除き、常時約75人を配置して情報収集・発信にあたる。(ワシントン=安藤淳)


(2/25)「大うるう年問題」、政府・大企業は平静ムード

 西暦2000年問題と同様にコンピューターの誤作動が起きる恐れのある「大うるう年問題」が2月29日に巡ってくる。年末年始に大きな被害なく乗り切った政府や大企業はおおむね平穏なムードだが、2000年問題でトラブルが目立った中小企業ではこの「ミニ2000年問題」を目前に控え再び警戒感が高まっている。金融市場でも誤作動を懸念する動きが出ている。

 コンピューター業界では年末年始ほど動員する企業は見当たらない。28日から29日にかけて日本アイ・ビー・エムが企画・営業の担当責任者を夜まで待機させるほか、NECが企業向けの問い合わせ窓口を設ける程度。日本電信電話(NTT)グループも通常時の2倍にあたる約1000人を配置して24時間の監視を続けるが、年末年始のような臨戦態勢はとらない予定だ。

 政府は首相官邸に28日夜から連絡室を設置して情報収集にあたる予定だが、泊まり込みは10人程度。「大半の大企業では年末までに2000年問題への対応を済ませた時点で、大うるう年の対策も織り込み済み」(内閣2000年問題対策室)と大きな混乱は発生しにくいとみている。

 ただ、不安が残るのは中小企業。コンサルティング会社のオーディーエス(東京・港)によると、関東地方の中小企業で日付や金額を誤った請求書が作成されるなど2000年問題が原因とみられるトラブルが頻発。同社の2000年問題対策ソフトが1月以降も売れ続けている。

 埼玉県内のある企業では「マイナス数万円」という請求書が1月末に作成されたという。神奈川県内の病院では昨年までの患者の診察データが消滅してしまったケースもある。いずれも2000年問題の影響でコンピューターが誤作動したのが原因だ。

 中小企業の中には新たに2000年問題対策済みのコンピューターを購入したにもかかわらず、トラブルが発生。「業務に支障が生じた企業に対してコンピューター会社が賠償金を支払った」(業界関係者)ケースも出ている。このため、大うるう年問題も大手企業ほど楽観視できない状況にある。

 このほか、短期金融市場では29日をまたぐ金利の上昇などが起きている。


(2/25)日銀、資金余剰幅1兆3000億円に拡大・うるう日対策

 日銀は25日の短期金融市場で、市場が必要とする額に対する余剰幅を前日に比べ3000億円増やし、1兆3000億円に拡大した。コンピューターが誤作動する懸念があるうるう日の29日に向けて都市銀行や外国銀行は資金確保を急いでいるため、余剰幅の拡大で金利上昇をけん制した。

 4で割れる年はうるう年だが、暦の調整のため100で割れる年はうるう年にしない。しかし、400で割れる年は再調整のためにうるう年に戻す法則があり、これを認識できないコンピューターが誤作動する懸念が指摘されている。


(2/22)28日から官邸内にY2K連絡室を再設置・官房長官

 青木幹雄官房長官は22日午後の記者会見で、コンピューターが誤作動を起こす「2000年問題」の対応の一環として閏(うるう)日に相当する29日の混乱を回避するため28日夜から官邸の危機管理センターに官邸連絡室を開設することを明らかにした。関係省庁との連絡網を整備し、29日午後5時30分をめどに不具合の状況などを公表する。

 また三重県の北川正恭知事が中部電力が立地を進めようとしている「芦浜原子力発電所計画」の白紙撤回を表明した点について「詳しく話を聞いていない」としながらも「報道が事実とすれば非常に厳しい発言だ」と述べた。ただ「原子力立地を進める政府の政策に何ら変わりはない」という。


(1/20)2月29日を警戒・2000年問題会議

 政府の「コンピューター西暦2000年問題に関する顧問会議」(議長・椎名武雄日本アイ・ビー・エム最高顧問)は20日、首相官邸で会合を開き、年末年始の2000年問題が絡むトラブルの発生状況を「社会インフラなどの分野で大きな問題は生じず、大過なく過ごせた」と総括した。ただ、400年に1回のうるう年となる2月29日に事故が発生する可能性は捨てきれないため「引き続き注意を払っていく必要がある」との認識で一致した。

 報告では1月5日午前までに発生し官邸の対策室に連絡があったのは27件。主な事例としては原発の制御棒位置表示の不具合や金融機関の現金自動預け払い機(ATM)トラブルなどがあった。対策室への問い合わせは12月29日から1月4日までに約550件あった。

詳細な情報は日経テレコンで提供しています
Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.