ネット討論会
title bar here



主な選挙制度の変更点

  前回選挙 今回の衆院選から
定数 500
小選挙区300
比例代表200
480
小選挙区300
比例代表180
復活当選 制限なし 小選挙区で有効投票総数の10分の1未満しか得票できず供託金を没収された落選候補者の比例復活当選を禁止
補欠選挙の実施時期 欠員が出るたびに実施 毎年4、10月の第4日曜日の2回に統一
補選への立候補 制限なし 自らの辞職に伴う補選への立候補を禁止
議員の政党間移動 制限なし 選挙時に敵対していた政党への入復党を禁止。比例選出議員の政党間移動も禁止
選挙運動に携わる手話通訳者への報酬 報酬支払いは禁止 報酬支払いができる
在外投票   海外に居住する日本人も比例代表に限定して投票可能に
洋上投票   船員らを対象に洋上からファクスでの不在者投票を実現
投票時間 午後6時まで 午後8時まで延長(市町村の判断で終了時刻は自由)
 

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.