ネット討論会
title bar here

死票率51.8%、民意の過半数反映せず
小選挙区の政党別死票率
 投票した候補者が落選したため議席に結び付かなかった「死票」の数は、小選挙区で約3153万票に上り、死票率は51.8%だった。1996年の前回衆院選の54.6%を下回ったとはいえ、なお過半数の民意は反映されておらず、小選挙区制度の問題点が改めて浮き彫りになった。

 政党別にみると、民主党が937万票で最も多く、死票率は55.7%だった。次いで共産党の735万票で、300の小選挙区に擁立した公認候補が全敗したことから死票率は100%に達した。

 自民党は685万票で3番目に死票が多かったが、その割合は27.5%と低水準。与党3党間の選挙協力で小選挙区の候補者を絞り込んだ成果が表れた格好。公明党(53.6%)や保守党(39.1%)の死票率も野党側に比べて低めになっている。

〔日本経済新聞 夕刊 2000年6月26日〕

前のページへ >>


[衆院選 記録と分析]
<小選挙区制>自民、得票41%で議席59%
<地域別当選率>自民、地方70%都市52%
<旧新進党議員>前職だけで99議席
<コスタリカ>自民、3選挙区で苦杯

党派別当選者数
投票率62%台・2番目の低水準
女性35人当選、現行憲法下で最多
死票率51.8%、民意の過半数反映せず
自民の救済率2.7%・大物落選
自由善戦、沈む保守・分裂の2党明暗分ける
高得票の落選者
低得票の当選者
各党の比例代表得票率

[衆院総選挙に立候補者1404人]
小選挙区は4.0倍の激戦
衆院選立候補者、労組出身が減少
女性、最多の202人・「世襲」186人
衆院選、1票の格差拡大
76選挙区で前職激突・与党内や旧新進対決も
党派別立候補者数
衆院の議席配分

Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.