NIKKEI NET
 ニュース   マネー IT 住宅 就職 転職 経営 健康 ウーマン ENGLISH
記事 企業情報 人事 株価 ・詳細検索 ・ヘルプ
新聞購読申し込み
 ベンチャーキャピタルの素顔
(11/7)日本のモバイル技術、海外へ橋渡し−−モバイル・インターネットキャピタル
<center><b>西岡郁夫社長</b>
西岡郁夫社長
 「モバイル分野の日本企業は世界から注目されている」――。携帯電話やモバイル関連ベンチャーに詳しいモバイル・インターネットキャピタルの西岡郁夫社長=写真=はこう話す。

 インターネットビジネスはほとんどの分野で米国が主導しているが、ネット対応携帯電話やモバイル分野は日本、欧州が先行する分野もある。「特に多数の利用者を抱えるNTTドコモに対する関心は高い」(西岡社長)という。

 11月上旬、欧州を中心としたVC8社で構成する協会、ワイヤレス・インターネット・ベンチャー・アソシエーション(WIVA)が初めて来日した。WIVAは西岡社長らが主導して昨年3月に立ち上げた国際組織。インターネットや携帯電話に関連したベンチャー企業などに重点的に投資するVCが集まっており、今回はこれらのVCの欧州での投資先企業も同行しての来日となった。

 WIVAにフランスや英国など欧州のVC7社のほか、日本からモバイル・インターネットキャピタルが加わったのはモバイル分野では日本を無視できないためだ。WIVAのベンチャーキャピタリストや投資先企業の経営者らは来日後、さっそくNTTドコモなど日本の大企業を訪問、自社製品の売り込みを進めていた。

 モバイル・インターネットキャピタルは1999年11月、NTTドコモやインターネット総合研究所などが共同出資して設立。投資基金(ファンド)の出資者も電機メーカーなど大手事業会社が中心だ。インテル日本法人会長を経て独立した西岡社長の豊富な人脈もあり、こうした海外企業の日本市場開拓を支援する十分なネットワークを持っている。

 株主であるNTTドコモやネット総研が抱える多くの技術者をベンチャー企業の技術力評価に活用できる強みもある。さらに先端の技術を見極めるためには大学の研究者などの意見も参考にする。

 モバイル・インターネットキャピタルは日本のベンチャー企業の国際展開も後押ししている。「世界に通用する日本発のベンチャー企業を育てたい」(西岡社長)との考えからだ。実際に有望な投資先ベンチャーの経営者を連れ、欧州のVCや大企業に紹介。「技術力の高さから引き合いは強かった」と手応えを感じている。

 また、西岡社長は日本のベンチャービジネスの弱点である経営力を補うため、事業経験が豊富な大企業出身者のベテランを起業家支援のため組織化する運動にも取り組んでいる。ベンチャーを支える人、モノ、カネがうまく循環するようになれば、しっかりとした事業基盤に基づいたベンチャー企業の輩出が期待できそうだ。

会社概要
所在地東京・港
代表者 西岡 郁夫社長
設立時期 1999年11月
ファンド規模 65億5000万円
ホームページアドレス http://www.mickk.com
[11月7日]
 当該企業の記事
 ベンチャーキャピタルの素顔
(2/19)ジャスダック上場でジャフコ追撃へ−−エヌ・アイ・エフベンチャーズ
(2/12)4本柱武器に“平等の精神”で投資−−日本商工経済研
(2/5)幅広い業種に投資、上場企業数トップに−−富士銀キャピタル
(1/29)“公開確率”でイチロー選手目指す−−UFJキャピタル
(1/22)企業価値拡大へ現経営陣を後押し−−ユニゾン・キャピタル
(1/15)3種類のファンドを柱に投資事業多様化−−あおぞらインベストメント
(1/8)伊藤忠・CTCと“三人四脚”で企業育成−−伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
(12/26)ブームに踊らず独立したVC志向−−新光インベストメント
(12/18)グループ戦略に乗り投資拡大へ−−オリックス・キャピタル
(12/11)MPU技術との相乗効果を追求・世界有数のCVC−−インテル・キャピタル
(12/4)1号案件“必勝”へ吟味重ねる−−GAP
(11/27)欧州VBの対日進出支援・携帯関連市場に照準−−レッドシャーナン
(11/20)グループ投資の先陣に・体制づくりも完了−−ニッセイ・キャピタル
(11/13)従来型サービス業に対象絞り込み・慎重姿勢が奏功−−アポロマネジメント
(11/7)日本のモバイル技術、海外へ橋渡し−−モバイル・インターネットキャピタル
(10/30)MBOでオーナー経営企業活性化−−ドイツ銀キャピタル
(10/22)日本のMBO市場拡大に期待−−スリーアイ
(10/18)2次買い取り市場拡大に期待−−英コラーキャピタル
(10/9)荒波の中、ナスダック上場へ−−フューチャーVC
(10/2)信金と連携、細かな情報フォロー−−信金キャピタル
 NIKKEI NET ▲ 上へ 
記事 企業情報 人事 株価 ・詳細検索 ・ヘルプ
 ニュース   マネー IT 住宅 就職 転職 経営 健康 ウーマン ENGLISH
(C) 2002 Nihon Keizai Shimbun, Inc. All rights reserved.