世界情報通信サミット-タイトル
会議日程メニュー
HOME
SCHEDULE
ONLINE
SPEAKER
FORUM
FEEDBACK
space
FEEDBACK

松本 孝利 松本 孝利
日本シスコシステムズ会長



1941年、北海道札幌市生まれ

 1966年、法政大学工学部電気工学科を卒業後、日本電子開発株式会社に入社し、大型コンピューターの基本ソフトウェア(オペレーティング・システム)の開発に携わる。
 1975年、日本ディジタル・イクイップメント株式会社(日本DEC)入社。横浜営業所所長、東京第一営業部長を歴任。

 1984年に独立しUNIXと人工知能の技術コンサルティングを行うインサイト・インターナショナル株式会社を設立、社長に就任。UNIXの開発者であるビル・ジョイを初めて日本に招くなど先駆的な活動を行った。

 1986年、日本サン・マイクロシステムズ株式会社を設立と同時に社長に就任。SUNのUNIXワークステーションで市場におけるリーダーの地位を確立。

 1990年、株式会社システム・ソフトウェア・アソシエイツを設立、社長に就任。

 1992年、日本シスコシステムズ株式会社を設立、社長に就任。この間、1994年には日本電気、東芝、富士通、日立を始めNTTデータ、ソフトバンク、セガ・エンタープライゼズ等日本を代表する13社からの出資により、同社をジョイント・ベンチャー企業とした。これらの活動を通じて日本に於けるインターネットの普及に積極的な活動を展開し、同社の日本市場に於けるリーダーとしての地位を確立。1995年、米国Cisco Systems, Inc.の日本担当副社長に就任。 1996年、同社アジア担当副社長就任。

 1998年10月、日本シスコシステムズ代表取締役会長に就任し、現在に至る。

日本インターネット協会、監事・理事。


TOPに戻る
copyright