世界情報通信サミット2002
トップページ 会議日程 ネット会議 スピーカー フォーラム企業 意見投稿 ENGLISH
i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社
エクストリーム ネットワークス
NTTコミュニケーションズ
NTTデータ
関西電力
ケイ・オプティコム
KDDI
コダック
サン・マイクロシステムズ
株式会社損害保険ジャパン
凸版印刷
日本アイ・ビー・エム
NEC
日本BT株式会社
日本ユニシス株式会社
野村証券株式会社
野村総合研究所
日立製作所
富士ゼロックス
富士通
マイクロソフト
松下電器産業株式会社
三井物産
リコー
テーマ : ネクストステージ〜セキュアなネットワーク社会の形成
会 期 : 2002年3月5日(火)、6日(水)
会 場 : 日経ホール (東京・大手町、日本経済新聞社8階 )


キーノートスピーチで講演するクレイグ・マンディ米マイクロソフトCTO
 「世界情報通信サミット2002」は6日午後、「信頼できる電子商取引のプラットフォーム」をテーマとするパネル討議(セッション3)を行った後、総括提言を発表して閉幕した。パネル討議では電子商取引における消費者保護の問題などについて議論を交わした。最後に今回の全体テーマである「セキュアなネットワーク社会の形成」の観点から、新技術の芽を育てるための規制緩和、技術の適切な利用法やリスクに対する理解、新しい秩序を確立に向けた議論の重要性を総括提言として訴え、2日間にわたる会議を締めくくった。


スピーチ
3月5日 (火)
【オーバービュー】
鳴戸 道郎
世界情報基盤委員会フォーラム(GIIC)アジア共同議長、富士通特命顧問
【キーノートスピーチ1 & ダイアログ】
ピーター・ボンフィールド
BTグループ前社長
【キーノートスピーチ2】
大歳 卓麻
日本アイ・ビー・エム社長
3月6日 (水)
【キーノートスピーチ3】
劉積仁
東軟集団(中国)総裁
【キーノートスピーチ4】
クレイグ・マンディ
米マイクロソフトCTO

パネルディスカッション
3月5日 (火) セッション1
「情報通信のインフラ&プラットフォーム」
◇次世代のインフラとプラットフォームの展望
◇情報通信産業発展のための競争政策のあり方 など
3月6日 (水) セッション2
「コンテンツビジネス成立の条件」
◇情報がネットで利益を生むためのビジネスモデルとは
◇知的財産権の保護などコンテンツビジネス成立のための技術とルール など
3月6日 (水) セッション3
「信頼できる電子商取引のプラットフォーム」
◇電子商取引における消費者保護とプライバシー
◇企業の役割とサイバー倫理 など
総括提言
「非規制・理解・議論」

Page Up
お問い合わせ:「世界情報通信サミット」事務局 core@nikkei.co.jp
NIKKEI NET 世界情報通信サミット Digital Core
1998 1999 2000 2001
Copyright 2002 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.