世界情報通信サミット2000
トップページ会議日程ネット会議スピーカーフォーラム企画意見投稿ENGLISH
セッション2

「デジタル・デバイド時代のエレクトロニック・コマース」
「デジタル・デバイド時代のエレクトロニック・コマース」をテーマに活発な議論を交わすパネリスト
 「デジタルデバイド時代のエレクトロニック・コマース」をテーマとした第2分科会では、増え続ける電子商取引(EC)が従来型のビジネスに与える影響を議論した。参加者の多くがECの将来性を強調した。一方、ビジネスモデル特許やECに対する課税、そして情報技術(IT)を活用することで生じる格差、「デジタルデバイド」といった新たな問題について、活発に意見を交換した。司会は早稲田大学国際情報通信研究センター客員教授の前川徹氏。

ビジネスモデルに新しい流れ

変わる取引慣行、企業への効果は

特許・税金の問題、発展にどう影響

著作権保護とハッカー対策

<パネリスト>
エリオット・マックスウェル 米国商務長官特別顧問、「エマージング・デジタルエコノミー」リポートの責任者
青木 利晴 NTTデータ代表取締役社長
エリック・ブルーワー 米インクトゥミ社チーフ・サイエンティスト/共同創業者
ジョン・ライアン 米エントラスト・テクノロジーズ社社長兼CEO
ロバート・コーン 米eミュージック・ドットコム社会長

<コーディネーター>
前川 徹 早稲田大学国際情報通信研究センター客員教授

up
Copyright 2000 Nihon Keizai Shimbun, Inc., all rights reserved.