オバマ米新政権誕生

最新ニュース

(4/10)米「核なき世界」外交が始動 豪州と外務・国防相会合

 【ワシントン=丸谷浩史】オバマ米大統領がチェコ・プラハの演説で掲げた「核兵器なき世界」外交が始動した。米国とオーストラリアは9日の外務・国防閣僚会合(2プラス2)で核兵器なき世界に向けた取り組みを確認し、核拡散防止条約(NPT)体制の強化で一致した。「核兵器を使用した唯一の国として、米国には行動する道義的な責任がある」と表明した大統領は日本や豪州、欧州などと連携する方針だ。

 ヒラリー・クリントン国務長官は2プラス2後の記者会見で「核不拡散、核兵器なき世界の重要性を話し合った」と語り、スミス豪外相も「究極的な核兵器の廃絶」を支持すると語った。オバマ米政権は「核兵器なき世界」の具体化へ国際連携に動き出したが、問題は国内の反応だ。

最新ニュース一覧